生命保険を職場に来る保険会社(職域営業)の人へ頼むのはダメ

生命保険に加入する方法として、「いつもうちの職場に来てくれている保険会社の人に頼む」という方法もあります。でも、これはおすすめの方法ではないんです。

筆者が結婚したとき、夫は生命保険に加入していませんでした。わたしが保険ショップへの相談を提案したところ、「保険なら、うちの会社に来てる人にお願いしようと思っている」と言うのです。わたし自身は保険会社での勤務経験があり、保険に関することは詳しい方です。今でもこうして保険関係の記事を書いていることもあって、最新の情報も常にチェックしています。そんなわたしからすれば、「え!? 未だに職域営業で契約する人っているんだ!!」と、かなりカルチャーショックを受けたのです。

でも、よく考えてみれば、保険に詳しくない人からすれば、わざわざ自分から保険ショップに行ったりして保険に加入するよりも、普段親しくしているセールスレディに頼んだ方が楽だし、その人の成績にもなるからいいだろう、と考える人がいてもおかしくありませんよね。

特に男性は面倒くさがりな人が多いですし、しかも少しキレイで若いセールスレディがいればつい親しくなってしまうのでしょうから、無理はないのかもしれません。

それでも、やはりこの方法での契約はあまりおすすめできません……。

続きを読む

「ほけんの窓口」みたいな保険ショップって、何ができるところなの?

最近、ほけんの窓口をはじめ、さまざまな保険ショップが増えてきていますよね。でも、保険ショップってどういうところなのか、何ができるところなのか、分からない人も多いのではないでしょうか。

保険の相談ができるらしい?ってことはわかるけど……

数年前から、ちょくちょく保険ショップのCMを見かける機会が増えました。最近も、よく見かけますよね。でも、CMを見ても、保険ショップが何なのか、よく分かりません。

分かるのは、「どうやら、保険についての相談ができるらしい」ということ。

ファミリーや男性や女性、さまざまな人が窓口に出向いて店員さんと楽しく話しているシーンがCMで流れています。でも、保険の相談と言っても、具体的にどういうことなのか、考えてみるとよくわからないものです。

自分があの窓口に行ったところで、CMみたいにずっと話し続けるのが想像できません。彼らはいったい何をあんなに楽しそうに話しているのでしょうか?

続きを読む

生命保険のセールスレディや販売員の勧誘が怖い?

生命保険を販売する人は、「セールスレディ」「外交員」「○○プランナー」「○○コーディネーター」などの名前で呼ばれています。

でも、こうした外交員は、敬遠されがちなんですよね。生命保険の外交員は、新しい契約をとるのが仕事です。それにはノルマがあり、ノルマ達成のためにときには強引な勧誘をおこなうこともあります。

特に国内生保と呼ばれる「明治安田生命」「日本生命」などの生命保険のセールスレディではその印象が強いのではないでしょうか。

セールスレディの仕事を始めると、はじめは先輩がサポートしてくれますし、お給料の保障があることも多いです。

でも、入社して数か月後には保障給もなくなり、一人で営業活動をしなければなりません。でも、思うように契約が取れるとも限らず、ノルマが達成できないと先輩や上司に叱られる上に給料も減るので、身内や友達を勧誘することになります。

続きを読む

経営破たんしない生命保険会社の見つけ方

生命保険は、万が一のときに、経済的な保障をしてくれるものです。ですから、万が一のときに保障してもらえなければまったく意味がありません。

もし、生命保険会社が経営破たんしてしまった場合は、他の保険会社、もしくは生命保険契約者保護機構によって契約が引き継がれますが、責任準備金が削減されたり、予定利率が引き下げられたりすることがあります。ですから、経営破たんの無い保険会社を選ぶことは重要です。

その指針となるのが、「ソルベンシーマージン比率」と「格付け」です。

ソルベンシーマージン比率とは、保険会社がもつ「支払い余力」のことです。生命保険というのは、統計にもとづいて計算されているものです。

続きを読む

どのような話をするのか?保険外交員との面談は必要?

生命保険は、大半の人にとって必要なものであるにも関わらず、「勧誘されたくない」「しつこく電話してきそう」などとあまり良いイメージがありません。

でも、実際にはそのような困った担当者はごくごく一部ですし、運悪くそういう人に当たってしまった場合はきっぱり断ってしまいましょう。

さて、保険に加入しようとするときには、保険会社のホームページから資料請求をしてみたり、相談の申込をしたりします。

すると、必ず、「面談」をすることになります。電話やメールだけのやりときではなく、大事な話はやっぱり会ってした方が良いですもんね。

続きを読む

保険会社の外交員と無料の相談窓口どちらがいい?

生命保険に新たに加入する時や、見直しをする場合は、どこに相談するのが良いのでしょうか?

主な方法としては、保険会社に直接資料請求や見積もりを頼む方法と、複数の保険会社の商品を取り扱っている無料相談窓口で相談する方法があります。

無料の相談窓口は「ほけんの窓口」などの名称で、街角で見かけることも多いですよね。「約○社を取り扱っています!」というように宣伝しているのを見たことがある方も多いのではないでしょうか?

特定の保険会社に相談した場合は、当然その保険会社の商品の中から選ぶことになります。もし、より良い商品を探すなら、自分であちこちの保険会社に見積もり依頼して、自分でそれぞれの商品を比較する必要があります。

無料相談窓口であれば何十社にも及ぶ保険会社の中から最適な保険を選んでもらえるので、手間も省けそうです。それに、特定の保険会社なら自社の商品を売るために良いことしか言わないかもしれませんが、たくさんの商品を扱っている相談窓口では「A社よりB社の方がこれだけお得ですよ」とそれぞれのメリット・デメリットも分かります。

続きを読む

生命保険の面談は家に来てもらわないとダメ?

保険に加入しようと思っているとき、保険について相談したいとき、担当者と面談することがあります。

担当者に会うと勧誘され無理やり契約させられそう……と思って面談を避ける人もいますが、自分に必要な保障を備えた良い保険を設計してもらうには、面談は欠かせない、と思っておいた方が良いでしょう。

生命保険の契約というのは、月々の保険料は数千円でも、トータルでは数十万円、数百万円にもなる高い買い物です。電話やメールよりも、会って話した方が早いですし、直接会う方が、担当者の人柄も伝わりやすいです。

特に生命保険は難しいと思っている人が多いので、面談の機会に分からないことはとことん聞いておくと良いですよ。

続きを読む

保険会社の外交員からしつこい勧誘にあったらどうすればいい?

生命保険会社の外交員から、しつこく勧誘されて困っている、という悩みを持っている人をたまに見かけます。勧誘がしつこいと、毎日のように訪ねてきたり、しょっちゅう電話をかけてきたりするので、精神的にもまいってしまいますよね。

しつこい勧誘にあった場合はどう対処すれば良いのでしょうか?

特に、専業主婦で家にいることが多いと、生命保険以外にも新聞だったり訪問販売だったり、さまざまな人が訪ねてきて勧誘にあうことも多いのではないでしょうか。

きっぱり断れる人なら良いのですが、ついドアを開けてしまって話を聞いていると、いつのまにか契約する前提で話を進められていることが多々あります。

みなさん、いろいろと言い訳を用意されていると思いますが、それでも食い下がられることがあります。

続きを読む

国内生保、外資系など保険会社の種類を知ろう!

生命保険に加入しようとするときには、どの保険会社がいいのか?ということが気になる人も多いと思います。生命保険会社には、「国内生保」「外資系」など、いくつかの種類に分類することができるので、どんな分類があるのか、そして、それぞれどんな特徴があるのか、見てみましょう。

有名な保険会社と言えば、国内生保の名前が思い浮かぶ人も多いと思います。「明治安田生命」「日本生命」など、歴史も古く、いえしゅる「セールスレディ」が多いタイプですね。商品は「定期保険特約付き終身保険」といった、セット販売が主流です。素人にも分かりやすい一方で、商品設計の融通がききにくいところがあります。生命保険の商品そのものだけでなく、サービス面でも力を入れているところが多いですね。

一方、外資系生保というのは、「メットライフアリコ」や「アメリカンファミリー」といった、海外資本の保険会社です。合理的な商品が多く、組み合わせの自由度も高いのが特長です。シニア向け商品にも力を入れています。

他には、外資系と間違えられることも多いのが「カタカナ生保」と言われるもので、「オリックス生命」や「ソニー生命」があります。また、「損保系」と言われるものもあり、「東京海上日動あんしん生命」「三井住友海上あいおい生命」などがあります。

続きを読む

生命保険のセールスレディはお金のプロなのか?

生命保険会社のCMでは、きれいな女優さんがセールスレディに扮して、丁寧にお客さまに接している姿が描かれていますよね。

でも、「うちには滅多に担当者なんて訪ねてこない!」とか「わからないことを聞いても、ちゃんと答えてくれない!」という不満を抱えている人も少なくありません。

セールスレディになるには、どのような条件があるのでしょうか?

ハローワークに通ったことがある人なら、セールスレディの勧誘にあったことがある人も多いのではないでしょうか?ハローワークの前で勧誘をしている保険会社の人はよく見かけます。

基本的にセールスレディには、「誰でもなれます」。

続きを読む