生命保険会社の担当者との付き合い方

生命保険会社の担当者とは何でも相談できる関係ですか?担当者からの電話連絡や訪問を苦手に思っている人もいるのではないでしょうか。しかし、良い担当者と出会えれば心強い味方となってくれるはずです。保証内容に関しての相談やプランの変更を考えたときにも的確なアドバイスをくれるでしょう。
このカテゴリでは生命保険会社の担当者との付き合い方や、保険ショップの活用方法、保険のセールスレディのことについての情報が満載です。生命保険に加入するときや、乗り換え、プラン変更を考えているときに役立つことと思います。

「どうせ勧誘でしょ?」保険会社からの連絡を無視していてはいけません!

book24

生命保険に加入していると、担当者からときおり電話が来たりします。

「どうせ勧誘でしょ?」なんて思って担当者からの連絡を無視したりしている人も多いのではないでしょうか。

でも、保険会社からの連絡は勧誘とは限りません。
重要な連絡の場合もありますから、完全に無視してはいけないものなんです。

勧誘以外の用件とは

保険会社からの連絡は、たしかに勧誘の場合もあります。
でも、勧誘ではないケースもあります。

わたしは、数年前に保険会社で働いていました。
当時は、勧誘以外の用件でお客様に連絡することがたくさんありました。

最近の保険にははじめから付いている制度ですが、「リビング・ニーズ特約」や「指定代理人特則」の手続きを進めているところでした。
リビング・ニーズ特約とは、余命半年以内と診断されたときに、死亡時に受け取れる保険金を前倒しで請求して生きているうちに使うことができるという特約です。
特約保険料は無料で、今の保険にははじめから付加されています。
指定代理人特則というのは、被保険者が意思表示できない状態になったときに、被保険者の代わりに給付金請求の手続きができる「代理人」をあらかじめ指定できる制度です。
しかし、昔の保険にはついていない制度だったので、勝手につけるわけにいかず、所定の手続きをした上で付加する必要がありました。

手続きをしてもらうためには、お客様に連絡をした上で、制度の内容を説明し、手続きしてもらわなくてはなりません。
でも、中には一切電話に出てくれない人もいますし、電話に出てもらっても、説明をするために電話を切られることも多々ありました。

わたしが所属していたのは一般の営業ではなく、担当者がフォローできていないお客様を代わりにフォローする仕事だったので、特にそういう連絡のつきにくいお客様が多かったです。

たしかに、手続きのために訪問したりすればついでに新しい保険のセールスはせずにはいられないのですが、とは言え必要な手続きをしてもらえないことの方が問題だったので、けっこう苦労した記憶があります。

このように、勧誘以外の用件で連絡が来ることもあります。
無視していることで必要な手続きができないままになってしまうこともあるので、注意してくださいね。

続きを読む

ライフネット生命でホントに大丈夫?わたしが気になったこと

130112

ライフネット生命の契約保有数が、19万件を突破したそうです。

無題
(ライフネット生命公式サイトより)

すごいww右肩上がりwww

と言っても、ライフネット生命に加入している人はまだまだ少数派。
生命保険業界全体の契約保有件数自体は、2011年の時点で1億4694万件です。
ライフネット生命が19万件突破!と言っても、実際には全体の0.1%程度ということが分かります。

ちなみに、圧倒的に保有件数が多いのはアフラックで、2257万件(2013年3月)となっています。
その他日本生命、第一生命などが1千万件超の契約を保有しています。

ただ、ライフネット生命は上の図のように成長が著しいので、このままいけばあっというまに百万件は超えるのではないでしょうか。

さて、テレビCMでもさかんに宣伝しているライフネット生命ですが、実際のところどうなのでしょうか?

今、ライフネット生命が気になっている方も多いと思いますので、ちょっと調べてみました。

続きを読む

生命保険に加入するなら外資系保険会社が良い?

133-620x413

生命保険に加入しようと考えたとき、どこの保険会社がいいのかが気になりますよね?

保険会社なんて どこも同じじゃないの?

と思ったら大間違いですよ!

生命保険に加入する際には、保険会社選びも大切なので、どこの保険会社と契約するかはちゃんと考えましょう。

保険会社によって商品や保障内容が変わる!

生命保険は万が一何か起こったときに経済的な保障をしてくれるものですから、いい加減な保険会社に頼むわけにはいきませんよね。

保険会社は法律上の制約なども多く、「いい加減な」保険会社というのは基本的にはありませんが、それでも自分にあった保険会社でなければ保険の内容もちぐはぐなものになってしまいますし、健全に運営されている保険会社でなければ経営破たんする可能性だってあるわけです。

まず、保険会社によって、取り扱っている商品とその内容は変わります。
どこの保険会社でも取り扱っている保険の種類は同じだと言っても差し支えありません。種類自体は同じでも、その内容が違うために、人によって合う、合わないというのがあります。
ちなみに、同じ種類の保険であっても保険会社によって商品名は違いますから、保険のことがよく分からないという人にとっては同じ種類の保険だとは分からないかもしれませんね。

保障内容は、たとえばA社では入院日数120日まで保障してくれるのに対して、B社なら入院日数30日まで、というように違いがありますし、同じ「医療保険」であってもその内容は保険会社によって違うわけです。

続きを読む

保険ショップに行くのが面倒……自宅に来てもらうことは可能?

ビジネスウーマン 考える

生命保険の見直しを検討している方は、どのような方法で見直しの相談をされるつもりでしょうか?

生命保険の見直しをする際には、保険ショップなどへ出向く方法と、自宅などに来てもらう方法の2パターンがあります。

それぞれ、どのようなメリット・デメリットがあるのかを確認しておきましょう。

保険ショップなどへ来店するメリット・デメリット

保険ショップは、ショッピングモールや街角など、最近いろんなところに増えてきていますよね。
保険ショップでなくても、保険会社によっては来店用の窓口を設けているところもあります。(日本生命ならライフプラザなど)

続きを読む

生命保険会社の担当者がイマイチ……営業担当を変更できる?

120-617x413

生命保険は、「担当者」がつきますよね。

あなたは、自分の生命保険の担当者が誰なのかを把握していますか?

実は、「担当者が誰なのか分からない」と言う人は少なくありません。

一つは、保険会社の責任です。
いえ、保険会社としては、定期的に契約者を訪問するように言っていたりするものですが、担当者がちゃんとあいさつ回りをしていない場合は多いんですね。
また、担当者がコロコロ変わってしまうという問題もあります。

担当者が何の挨拶もないまま退職してしまい、新しい担当者も挨拶に来ない、というケースもありますし、ちょこちょこ「担当が変わりました」と言って挨拶に来るものの、しょっちゅう来るものだから名刺ばかり溜まっていって、今の担当が誰だか分からない、というケースもあると思います。

これでは、困ったときに誰に相談すれば良いのか分かりませんよね。

また、もう一つの理由は契約者自身の責任ということもあります。
これは仕方のないことかもしれませんが、「生命保険のことはあまり考えたくない」という人は多いです。

続きを読む

本当に中立のアドバイスがもらえる?保険会社の外交員と保険ショップのスタッフの違いは?

900

生命保険の相談ができる場所として、最近はこちらのサイトのような保険ショップも増えてきています。

でも、実際にはまだまだ、特定の保険会社の「セールスレディ」から保険を買っている人もたくさんいます。

「大手だから、なんとなく安心だし……」なんていう理由だけで今の担当者との付き合いを続けている人は、ぜひ考え方を変えてみてください。

「保険ショップのスタッフだって、結局は保険を売りたいだけでしょ?」なんて思っている人も、ぜひ実際に体験してみてください。

いわゆる「セールスレディ」と、「保険ショップのスタッフ」では全然違うものなんですよ。

保険会社の外交員と保険ショップのスタッフとの違い

「セールスレディ」は、誰でもなれる!

大手保険会社では、CMでも見かけるように女性の外交員が各家庭をまわって保険を売っています。
でも、彼女たちの大半は、生命保険を売る「プロ」としての要件を満たしているとは思えません。

生命保険を販売するには業界共通の試験を受ける必要があるのですが、この試験はほとんど落ちる人がいません。

要は、ちょっとテキストをパラパラ見ておけば、誰でも受かるような簡単な試験なのです。

でも、この試験にさえ通れば誰でも「セールスレディ」として活動することができます。

続きを読む

保険ショップの徹底活用方法!相談予約をするべき理由は?

116-620x411

最近は、街中で保険ショップを見かけるようになりましたね。

保険ショップとはショップの窓口で保険の相談ができるところです。
従来は保険会社の外交員が自宅や職場に来て保険の提案を受けて契約していたものですが、最近は少しずつこうした保険ショップを利用する人が増えてきています。

保険ショップは、従来の契約スタイルとは大きく異なる部分が一つあります。
それは、複数の保険会社の商品を扱っている、という点です。

普通、A社の専属の外交員が来て契約します。その担当者はA社の外交員ですから、当然他社の保険は売れません。

一方保険ショップの担当者はどこの保険会社にも属していません。
数十社の保険会社の商品を扱っていて、その中から良い商品を選んでくれるので、より自分のニーズに合った商品選びが可能となっています。

また、「中立的な立場」での提案をしてくれるというところも魅力です。
保険ショップの担当者は特定の保険会社に属していないのですから、公平な目線で保険商品を選んでくれます。
ただ、保険ショップの利益は、契約を取ることによって保険会社から得られるマージンです。ですのでよりマージンの高い商品を勧められる可能性もある、という点には注意した方が良いでしょう。

生命保険に加入するときには、一社だけの見積もりをもらうのではなく複数の保険会社から見積もりを取るのが鉄則です。
複数の見積もりがあれば比較ができますし、自分に必要な商品が何なのかが分かるようになりますよね。
保険ショップを利用すれば、はじめから複数の保険会社の商品を比較することができるので、何社にも見積もりを依頼して一社ずつ話を聞く、という必要がなくなるのも良い点だと思いますよ。

では、そんな保険ショップを徹底活用するにはどうすれば良いのか、そのポイントを紹介しましょう。

続きを読む

保険会社(保険屋)のお仕事って稼げる?

112-620x411

女性の方の場合、保険会社のセールスレディのお仕事に勧誘されたことがあるという人も少なくないのではないでしょうか?

ハローワークの前で勧誘していたり、保険会社で働いている知り合いから誘われたり、ということもあります。

ところで、保険会社でのお仕事というのは稼げるものなのでしょうか?
ここでは、いわゆる「セールスレディ」のお仕事について考えてみましょう。現在勧誘を受けているとか、仕事を探しているという人の参考になれば幸いです。

セールスレディの業務内容とは?

まず、セールスレディというのがどういう仕事をしているのかを確認しておきましょう。
当然保険を売る人であるということには間違いないのですが、そのためにどのようなことをしているのか気になりますよね。

基本的には、保険の契約をもらうのが仕事になりますから、そのためにお客様の家を訪問したりして勧誘するところから仕事が始まります。

そして、保険を提案して、契約をもらえば収入につながるわけですね。でもスムーズに保険の提案→契約となるわけではありませんから、たくさんの努力が必要です。

まず、話を聞いてもらうためにはノベルティグッズを配ったり、「アンケート」をお願いしてとりあえず話を聞いてもらう体勢を作ってから保険の話を始めます。
話を聞いてもらうためには、お客様の休日や帰宅後にアポを取ることもあります。

そして、セールスレディは契約を取ることだけが仕事ではありません。
お客様のフォローをすることも仕事です。

たちとば何か質問を受ければそれにこたえるのも仕事ですし、給付金請求などの手続きに関しても、自分で書類を揃えてお客様のところに出向いて手続きを進めます。
常に、新規契約の獲得と既存のお客様のフォローをしていかなくてはならないのがセールスレディだと言えるでしょう。

続きを読む

実は……国内生保はおすすめできません。

2-620x413

生命保険は、現在日本では数十社が存在しています。その中で、みなさんは保険会社をいくつ知っているでしょうか。

保険会社は、その特徴からある程度分類することができます。

それは、国内生保、カタカナ生保、外資系生保、ネット系生保などです。※「生保」とは生命保険の略です。

たとえば、国内生保は、日本生命、明治安田生命などです。カタカナ生保というのはオリックス生命やソニー生命です。ネット系生保はライフネット生命やアクサダイレクト生命などです。

さて、この中で、日本で大半の人が加入していると言われているのが「国内生保」です。

ちなみに「カタカナ生保」と呼ばれるオリックス生命やソニー生命も国内の生命保険会社なのですが、一般的には国内生保とは区別され、日本生命などの生命保険会社はカタカナ生保と区別するために「漢字生保」と呼ばれることもあります。

こうした国内生保で契約している人はかなり多いです。というのも、大手国内生保は明治時代の初期からある老舗で、信頼感があります。さらにセールスレディが大勢いて誰もが気軽に契約しやすい、という部分があります。

自宅や勤務先で、国内生保のセールスレディが営業にきたことがあるのを見たことがある人は多いでしょう。保険業界では、セールスレディの営業方法をGNPと表現しています。これは、G(義理)・N(人情)・P(プレゼント)の略です。

顧客のところへ頻繁に訪問し、プレゼント(粗品など)を渡し、親しくなって契約してもらう、という手法で長年続けられてきたものです。

では、肝心の商品はどうなのでしょうか?国内生保のセールスレディの営業手法、GNP自体は否定はしません。ただ、商品自体に問題があるので、国内生保で契約することはおすすめできません。

国内生保の商品を契約している人や、見積もりをもらったことがある人は、こうした国内生保の商品をどう思いますか?

たとえば「ニッセイ生きるチカラ」「ライフアカウントL.A」など、商品名だけでは意味の分からない商品が多いですよね。(※ニッセイ生きるチカラは、現在は販売されていません。)

それでも設計書を見れば分かるだろうと思いますが、実際には大量の特約がついていて、それぞれどういう保障がされるものなのか、いつまで保障されるのか、ということがよく分かりません。

保険を選ぶときに内容がよく分からなければどうするでしょうか?

自分が理解できるまで熱心に調べたり質問する人もいますが、たいていの人は「よく分からないけど、保険に入っておいた方が良いのは間違いないし、担当者も感じが良いし、契約しておこう」と契約してしまいます。

その結果、どういうことが起こるのでしょうか?

まず、保障の内容が合っていなければ、保険料の無駄があったり、必要な保障が十分に準備されていない、というミスマッチが起こります。

そして、国内生保に多い契約形態である「更新型」によって、保険の継続が難しくなります。

特に2番目の問題は深刻で、国内生保は10年更新であることが多いんです。生命保険の保険料というのは、年齢によって変わります。ということは、はじめに契約したときには保険料が安くても、10年後には保険料が跳ね上がる、ということになります。

でも必要な保障を削るわけにはいかないので泣く泣く更新したり、保険料が支払えないために保障を削ったりするケースが少なくありません。

一方、外資系やカタカナ生保などの商品は、非常に分かりやすくなっています。

まず、商品名が「終身保険」「定期保険」など、一目でその内容が分かるようになっています。そして、はじめから特約がてんこもりのセットになっているのではなく、自分で必要な保障を組み合わせることができます。

もちろん、外資系やカタカナ生保の商品の方がバツグンに優れているというわけではありませんが、組み合わせの自由度の高さや商品の保障内容の分かりやすさでは国内生保よりも優れています。国内生保の商品の中でも使えるものもありますが、個人では判断に困ると思いますので、いくつかの保険代理店に相談するなどして、最適な商品を選ぶようにしましょう。

また、保険料で比べても、外資系やカタカナ生保の方が安くなっていることが多いんですよ。

国内生保の場合はいわゆるGNPにかかるお金などが経費として上乗せされているので、どうしても保険料が高くなってしまいます。

このように、国内生保で契約するメリットというのはあまりなく、なんとなく契約している人は、保険代理店などで相談して保険の見直しをすると、保険料がぐっと安くなったり、保障を充実させることができる可能性が高いんですよ。

続きを読む

生命保険選びで最高の担当者に出会いたい

9-620x413

生命保険を契約する時には、実は担当者がどんな人か、ということが非常に重要です。

生命保険って難しいですよね。少し調べただけでゃとうてい理解できないややこしい仕組みがいろいろあるので、ほとんどの人は結局は担当者任せになっていることが多いんです。

ですから、もし、担当者が悪い人だったら……。担当者の営業ノルマのカモにされて、数年おきに不利な保険へと転換させられて、無駄な保険料を払い続けることになります。こんな話は実は珍しい話ではなく、特に若い人はターゲットになりやすいと言えます。

たとえば新入社員の場合。保険会社のセールスレディがこう言います。「社会人になったんだから保険ぐらい入っておかないとね!」

そこで、「そうか、もう社会人なんだから、保険ぐらい入っておかなくちゃ」と思ってしまいます。それでも、新社会人に相応な保険を勧めてくれるのなら良いのですが、中には悪徳なセールスレディも存在します。

実家暮らしで、大きな保障はまったく必要なく、なんなら医療保障さえほとんど必要のない若者をつかまえて、死亡保障5000万円の保険を勧めてくることもあるのです。若い人は親切なセールスレディを疑うこともなく、すんなりと契約してしまいます。

続きを読む