払込方法を変えれば学資保険はさらにお得になる!

学資保険は、教育資金を貯めるものですから貯蓄性の高さを重視したいものです。ですから、学資保険の比較をするときには、総払込保険料に対する、受取金額の割合、「返戻率」に注目します。

医療特約や育英年金など、保険としても機能が充実している学資保険の場合は、それだけ保険料がかかるので、返戻率は下がります。

さて、返戻率は、基本的には会社によって違いがあるほか、契約者(親)の年齢、被保険者(子ども)の年齢によっても変わりますし、契約時期によって変わることもあります。(予定利率の引き下げや引き上げがあった場合)

でも、それ以外にも、返戻率が変わる要因があります。それは、「払込方法」です。

続きを読む

離婚時、子供の学資保険はどうすればいい?

離婚すると、名字や住所が変わるので生命保険でも手続きが必要です。死亡保険金の受取人を配偶者にしていることも多いので、離婚したら受取人を子供に変えておくなどの変更も必要になります。

では、学資保険はどのような変更が必要なのでしょうか?

契約者・受取人の変更をする

離婚すると妻が子どもを引き取るケースが圧倒的に多いです。でも、学資保険の契約者は夫になっていることが多いんですよね。契約者が夫ということは、学資金の受取人も夫になっているはずです。

続きを読む

子どもの教育資金、奨学金を利用すると返済はどんな感じになる?

子どもを育てるには、多額の費用がかかります。生活費などは日々の中から少しずつ支払うものですから大した負担にはならないと思いますが、気を付けたいのが教育費です。教育費は一人1000万円ぐらいは軽くかかると思っておいてもいいぐらいです。

お金にゆとりが無いから奨学金を利用する?

大学進学時には特にお金がかかりますが、親が全額準備できない場合は奨学金を利用する、という方法もあります。奨学金制度を持っている団体はいろいろあり、進学先の大学でも奨学金制度を設けていることがあるでしょう。ただ、もっとも多くの人が利用しているのは日本学生支援機構の奨学金です。

日本にある奨学金制度は、ほとんどが貸与型です。つまり、貸付、借金です。一部、給付型で返還の必要がない奨学金もありますが、受給要件は厳しく、ほとんどの学生は利用できません。

続きを読む

「大学には自力で行かせるから学資保険は必要ない」のリスク

現在、日本では子どもの大学進学率は約50%となっています。専門学校や短大への進学も含めると、約7割の子どもはなんらかの学校へ進学します。

でも、「大学や専門学校は義務教育ではないから親が学費を出すのはおかしい」と考える人もいるようです。

大学進学は本当に無意味?

ご自身が大学を卒業された方でも、「大学に行っても対して意味のある教育は受けなかった。大学なんて行かなくてもなんとかなる」と考えている人がいます。

たしかに、大学の4年間ほとんど遊びやバイトばかりしていて、適当なところに就職するという人もたくさんいます。ただし、だからと言って大学進学が無意味なわけではありません。

続きを読む

児童手当を教育資金の貯蓄に充てると?

子どもがいれば、児童手当がもらえます。この児童手当を、いかに貯蓄に回せるか、というのはけっこう重要なポイントです。

児童手当というのは、現在は以下のような制度になっています。

・0~3歳   一律15,000円
・3~小学校修了まで
  第一子、第二子 10,000円
  第三子以降   15,000円
・中学生    一律15,000円

続きを読む

学資保険をお得に契約する条件とは

学資保険は子どもの教育費を準備するための保険ですから、少しでもお金が貯まりやすいものを探したい、というのは当然です。ただ、お得な学資保険というのは人によって変わってきますから、どこの保険会社がお得、ということは一概には言えません。

契約条件によって返戻率は変わる

学資保険を契約するときに重視したいのが返戻率です。支払った保険料に対していくらの学資金が受け取れるか?つまり、貯金に対してどれぐらい利息がつくか?というのを見るのが返戻率です。返戻率が高いほど、お得な学資保険だと言えます。

返戻率100%の保険だと、支払った保険料と受け取れる学資金が同じということ。100%未満の場合はいわゆる「元本割れ」の状態で、受け取れる学資金の方が少なくなる、ということです。学資保険のパンフレットなどを見ていると、110%を超えるような学資保険も少なくありません。返戻率が110%の学資保険なら、100万円の保険料に対して110万円受け取れる、ということになりますね。

続きを読む

月々5千円ぐらいで学資保険に入りたい

近年は、晩婚化が進んでいると言われています。

生物学的な出産適齢期は22歳ぐらいと言われているのに対して、女性の平均初婚年齢は28.6歳、第一子出産年齢は29.7歳となっています。(平成22年度「出生に関する統計」より)

また、雇用状況は少し改善してきたものの、完全失業率は4.2%(平成25年3月現在)となっています。

一般的には、若い夫婦の場合は貯蓄が少ないので、「学資保険でコツコツ積み立てましょう」というようなことが言われるわけですが、20代前半もしくは10代の若い夫婦に限らず、30代の夫婦でも、貯蓄が少ない家庭は多いのではないでしょうか。

今の30歳前後の人たちの場合は、親が学資保険に入ってくれていれば、高い予定利率によって、少ない保険料でたくさんの学資金を受け取ることができた世代です。

でも、一方で、その後のバブル崩壊、失われた10年、サブプライムローンをきっかけとする世界同時不況、東日本大震災などの影響で、思うように稼げない、就職が無い、給料がカットされた、というような不遇を味わっている世代でもあります。

続きを読む

学資保険がもし途中で支払えなくなってしまったら?

教育資金を準備するために、学資保険に加入している方も多いと思います。

学資保険も含め、生命保険は毎月保険料が自動で引き落とされるわけですから、手間もかからないメリットがあります。

ちなみに保険料の払い込みは、月払いだけでなく、半年払や年払いも利用できます。年払いの方がさらに保険料が安くなり返戻率が上がるので、ボーナス時期に合わせて年払いにしているご家庭もあるでしょう。ただ、ほとんどの方が月払いにしていると思います。

では、毎月支払う保険料、もし、引落出来なければどうなるのでしょうか?

続きを読む

学資保険の金額は結局いくらで契約すれば良い?

学資保険は、教育資金を貯めるにはとても便利な商品です。残念ながら今は予定利率も昔に比べると低いですし、利息で増やすことは難しいのですが、それでも長期間継続して貯めることができて、途中で取り崩すこともしづらいので確実にお金を貯めたい人にはおすすめです。

ただ、教育資金を貯める時には、学資保険だけに頼らずに他の金融商品も併用するのが理想ではあります。そこで、「じゃあ結局いくら貯めて、そのうちくらを学資保険にすれば良いの?」と思われる方も多いのではないでしょうか。

まず、貯めるべき金額ですが、子どもの進学先によっても異なりますから、なんとも言えませんよね。地元の国立に行ってくれれば200万円もあれば十分でしょうし、私立の医学部へ、しかも自宅外通学で行くなら3000万円ほどは必要になります。

続きを読む

低金利の学資保険にメリットはない!?運用は計画的に

銀行の預金利率というのは、日々変動します。一方、生命保険は銀行と同じように金融機関でありながら、利率は一定になっています。

生命保険の保険料は、契約時に「予定利率」というものが決まります。この予定利率というのは、「運用によってこれぐらいは増やせるだろうから、その分必要な保険料を安くしておきますよ」というものです。

契約途中にいくら銀行の利率が軒並み上がっていたとしても、生命保険の保険料を変更することはありません。利率が変動して毎月保険料が変わったのでは契約者としても不便ですもんね。

現在の生命保険の予定利率というのは1.5%程度です。昔に契約された保険では5%を超えるものもザラにあったんですよ。

続きを読む