ニッセイの学資保険が新しくなった!

学資保険というと、子どもの教育資金を準備するための定番の方法ですよね。

保険会社によっていろんな特徴があります。契約者(親)に万が一のことがあった場合に育英年金を受け取れるタイプ、子どもの医療保障が充実しているタイプ、小学校入学時や中学校入学時などにもお祝い金が受け取れるタイプなどさまざまです。

学資保険は大学資金を準備する、という意味合いが強いものですが、大学卒業時にもお祝い金が受け取れる22歳満期、というものもあります。

学資保険を選ぶときに重視されるのが「返戻率」です。返戻率とは支払った保険料に対していくら戻ってくるか、という割合です。

たとえば90万円支払って100万円受け取れる学資保険の場合は111%ということになります。保険料は安く、受け取れるお金は多く、というのが理想ですよね。

でも、学資保険の中には返戻率が100%を下回る、つまり元本割れするものもあります。それは、育英年金や医療特約など、貯蓄部分以外の機能が充実しているものです。

保障が充実している分保険料は割高になり戻ってくるお金の方が少なくなるわけです。ただこれも一概に悪いとは言えず、「学資保険+親の定期保険+子どもの医療保険」と複数の保険に加入すれば結局合計の保険料は高くなるのですから、一つにまとめてしまった方が分かりやすい、というメリットはあります。

続きを読む

死亡保障はいくら必要?遺族年金と妻の収入だけでは足りないの?

生命保険に加入した方が良いのかな?と悩んでいる人の中には、家族構成などを聞いてみると「今すぐ加入した方がいいですよ!」と言いたくなるようなケースもあります。

それは、「保障がまったく足りていない」というケースです。
もし今万が一のことがあれば、残された家族は路頭に迷ってしまうのではないか、というレベルになっていることもあります。

それは、どういう場合でしょうか?

生命保険がもっとも必要だと言えるのは、子どもがいる人で、しかも大黒柱の人です。
たとえば妻が専業主婦で子どもがいて、自分一人の収入で家族を養っているという男性の場合ですね。

もし、お父さんに万が一のことがあれば、残された奥さんと子どもはどうやって生活していくのでしょうか?

「遺族年金があるから大丈夫でしょ?」

そう思われる方は多いと思います。

また、
「遺族年金で足りないなら奥さんが働けばいいんでしょ?」

と考える方もいらっしゃいます。

では、実際に遺族年金がいくらもらえるのかはご存じでしょうか。

ここでは、ごくごく平均的なサラリーマンの場合の遺族年金を紹介しましょう。

遺族年金は、老齢年金と同じように国民年金による「遺族基礎年金」と、厚生年金による「遺族厚生年金」の2階建てになっています。

続きを読む

早いほうが良い?学資保険は子供が生まれてすぐに加入すべき?

お子さんがいる方は、学資保険に加入していますか?

子どもが生まれたから学資保険に入らなきゃ!

と考える人は多いようですが、どの学資保険を選べば良いのか分からなかったり、家計にゆとりがなかったりといった理由から、ずるずると先延ばしにしてまだ加入していない、という人はいませんか?

かと言って、早く入らなければ!と焦るあまりにいい加減な選び方をしてしまうのも考え物です。

そこで、学資保険にはいつ加入すべきなのか、どのような学資保険に加入すべきなのか、ということを考えてみましょう。

続きを読む

「終身払い」はNG!あなたはいつまで保険料を払い続けますか?

「保障は一生涯!」なんて、CMでよく聞くフレーズですよね。

「一生涯」というのは、つまり「死ぬまで」ということです。

若い人でも病気になったり事故にあったりすることはありますが、数としてはそんなに多くはありません。でも、年齢を重ねると病気になるリスクが増えてきます。もちろん、死亡する確率も高くなっていきます。

でも、いよいよ病気が増えてくる年齢になってから保険の保障期間が終わってしまうのでは損をした気分になりますよね。
だから、「保障は一生涯」と言われるのです。

一生涯の保障をしてくれる保険とは?

さて、一生涯の保障をしてくれる保険というのは、いわゆる「終身タイプ」と言われるものです。

死亡保障であれば「終身保険」のことです。
医療保障であれば「医療保険」「がん保険」のことです。
介護保障であれば「介護保険」のことです。

やっぱり、こういった保障は死ぬまで続く方がうれしいですよね。

ただ、ここで一つ注意点があります。それは、

必ずしも終身タイプが良いとは限らない

ということです。

どういうことかと言うと、必要な保障期間というのは人それぞれ違います。
たとえば、死んだときに数千万円ものお金が必要でしょうか?
まだ子どもが小さい、という人なら大きい保障が必要だと思いますが、70歳、80歳になったときに死亡するなら普通はそこまでの保険は必要ありませんよね。
ですから、なんでもかんでも終身タイプにするのは間違いです。

終身タイプの保険は、1年や10年とった期間を決めずにその人の一生を保障するわけですから、それだけ保険料も高くなります。必要な分だけを終身タイプにしておきましょう。
具体的には、医療保険、がん保険、介護保険程度でしょうか。ゆとりがあれば、終身保険に加入しておいても良いと思います。
もちろんこれらも必須というわけではなく、貯蓄の状況によって、保険が不要だと思えば途中で解約してもかまいません。

続きを読む

保険料払込免除特約は必要

払込免除特約については、悩む人が多いみたいです。

つけた方がいいのか?
つけなくてもいいのか?

生命保険への加入を検討している人は、なかなか決められずにいる人がたくさんいます。

そこで、ここでは払込免除特約が必要なのかどうかを検証してみましょう。

続きを読む

医療保険に入る代わりに貯蓄をした方がいいって本当?

医療保険、入った方が良いのか迷っていませんか?

医療保険は、実はとっても損な保険です。

かと言って、入らなくても良い保険ではありません。

それはなぜでしょうか?
ここでは医療保険がどうして損なのか、そして、どうして加入すべきなのかを考えてみましょう。

続きを読む

ペット保険は必要?手術費用と保険費用を比較してみました

ペット保険とは、ペットが万が一の病気やけがで治療を受けた際に補償される保険です。ペットも人間と同様、いつ病気や事故に合うかわかりません。しかし、ペット保険は本当に必要なのでしょうか?ペットの手術費用とペット保険の費用を比較してみました。

ペットの手術費用は実際いくらかかる?

犬・猫別にかかりやすい病気・怪我と手術代の相場をまとめてみました

犬の手術代の相場

骨折       20~40万(骨折箇所によっては50万以上)
ガン摘出手術   5~13万(手術)
椎間板ヘルニア  20~30万
緑内障(義眼挿入)12~18万

猫の手術代の相場

骨折        12~20万(骨折箇所によっては50万以上)
尿毒症       6~7万
慢性腎不全     5~10万(検査・入院)月3~5万(通院)
緑内障(眼球摘出) 15~20万

※手術費用の相場はあくまでも目安として参考にしてください。実際の手術費用は病気の進行具合・体の大きさ・症状などによって異なります。手術後は入院・通院・検査費用など別途必要になる場合があります。

続きを読む

わたしは個人年金に加入すべき?

個人年金保険、気になりますよね?

個人年金保険に入った方が良いのかどうかは、人によって異なるものですから一概に「入った方が良い」とは言えません。
では、個人年金を必要とする人はどんな人でしょうか?

自営業の人は個人年金に入る!

自営業、フリーランスと言われる人の場合は、会社員と違って「厚生年金」がありません。と言うことは、将来受け取れる年金も少ないということです。

国民年金の、現在の受取金額は満額で786,500円です。
これは年額です。
月額にすると、たった65,541万円しかありません。これで生活していけるでしょうか?持ち家であったとしても修繕費などでお金が要りますし、かなり安い家賃のところに住んで細々と生活していくなら可能かもしれませんが、長年がんばって働いてきて、これだけしかお金が無いというのは寂しいですね。

そこで、まずは「国民年金基金」への加入をおすすめします。
国民年金基金というのは国民年金に保険料を上乗せして支払うことで、将来受け取る年金も上乗せされるというものです。
国民年金基金は加入年齢によって掛け金や受取金額が変わりますから、詳しくは国民年金基金のサイトで確認してくださいね。
分かりやすく言えば、会社員の厚生年金の代わりになるものだと思っておくと良いでしょう。

ただ、国民年金基金だけでなく、個人年金にも入った方が良いです。

一つは、国民年金、国民年金基金だけではリスクがあるからです。数年前の「宙に浮いた年金記録」の問題はまだ記憶に新しいですよね。年金記録の管理がずさんだったために、誰のものか分からない年金記録が大量に発見されました。また、国民年金の納付率も高く、未納も問題になっています。
国民年金の年金年額は786,500円だと紹介しましたが、これはあくまでも今の金額であって、将来はどうなるか分かりません。さすがに年金制度が崩壊するようなことはないと思いますが、というかあってはならないことですが、受け取れる金額が減ったり、受給できる年齢が引き上げられる可能性はあります。

そういったことから、民間の保険で準備しておくことも重要ではないでしょうか。民間の保険会社にしても倒産しない保証はどこにもないのですが、保険会社が破たんした場合にはセーフティーネットがあります。その際一部保険金額の削減が行われる可能性も無いわけではありませんが、国に頼りっぱなしでいるよりははるかに良いでしょう。

また、わずかではありますが、国民年金に加入することによって所得税の軽減があります。これは「生命保険料控除」というもので、自営業の人であれば確定申告の際に生命保険料控除証明書を添付すれば所得税を節約することができるのです。
生命保険料控除には「生命保険」「個人年金保険」「介護保険」と3つの枠があり、合計で最大12万円控除できます。ちなみに12万円控除した場合、税率10%に該当する所得の人であれば、所得税は1万2千円安くなります。

自営業の人は、ぜひ個人年金に加入しておきましょう。

専業主婦なら入っておきたい個人年金

最近は共働きの夫婦も多いですが、専業主婦や、夫の扶養内でのパート、という人も多いと思います。
でも、その場合は将来の年金受取額はそう多くはありません。もちろん夫の所得によって年金金額も変わってくるので一概には言えませんが、平均的な会社員の夫で妻が専業主婦だった場合は、当然共働き夫婦に比べると年金は少なくなりますし、「ゆとりある老後」を送ろうと思うと少し少ないと思います。
だから、個人年金に加入しておくのがおすすめなのです。

また、考えたくないことですが、万が一離婚してしまった場合には、いくら年金がもらえるかご存じですか?
平成19年から、離婚したとしても夫の年金を分割してもらえるという制度が始まりました。だから、仮に離婚しても老後は生活していける、なんて思っていませんか?

実は、年金分割制度にはいろいろな細かい決まりがあって、単純に半分もらえる、というようなものではありません。

まず、「半分」ではなく、最大半分です。どのように分割するかについては本人同士で話し合って決める必要があります。もし決まらない場合は、調停、裁判で話し合い、最終的に決まらなければ裁判所が判断するということになります。

それから、平成20年4月1日以降の厚生年金の分に関しては、強制的に半分もらうことができます。と言っても平成20年と言うとまだ数年しか経っていませんから、無条件に半分もらえてもさほど多い金額ではありません。

つまり、将来的に老齢年金が毎月20万円程度もらえそうであっても、離婚したら自分が10万円もらえる、というものではないのです。

だからこそ、万が一の備えとして個人年金に加入しておくのがおすすめです。もちろん離婚しないのが一番ですが、どっちみち妻を契約者にして契約しておいた方が保険料も若干安く、さらに手続きもいちいち夫にしてもらう必要が無いので、二人の老後資金として準備するにも妻が加入しておく方がスムーズかと思います。

続きを読む

定期特約付き終身は良い?悪い?

生命保険は、死亡保障や医療保障などさまざまな面で万が一の場合の保障をしてくれるものです。

生命保険で保障してくれる内容にはこのようなものがあります。

・自分が死亡した際に遺族に必要なお金を準備する
・自分が死亡した際の葬式代や遺品整理に必要なお金を準備する
・入院や手術をしたときにかかるお金を準備する
・ガンなど大きな病気にかかったときに必要なお金を準備する
・介護が必要になったときに必要なお金を準備する

他にも、老後資金を準備したり、子どもの教育資金を準備できる保険もありますね。

さて、日本の生命保険でよくある契約パターンとして「定期特約付き終身」というものがあります。

正確には定期保険特約付き終身保険というものです。

保険というのは、

・終身保険
・定期保険
・医療保険

というように、必要な保障をそれぞれ契約することもできますが、一つの保険に他の保障を「特約」としてセットすることもできます。

定期特約付き終身というのは、「終身保険」にあらかじめ「定期保険」を特約としてセットにしている保険のことです。

たとえば、終身保険300万円に、定期保険2700万円の特約を付ければ、総額3000万円の保険になります。

さて、ここで終身保険と定期保険の違いについて整理しておきましょう。

終身保険は、解約しない限りは一生涯保障が続く保険で、必ず保険金を受け取れる保険だと言えます。

定期保険は、一定期間のみを保障する保険で、その期間内に死亡すれば保険金が受け取れて、期間内に生き延びれば保険金は受け取れず、保険料は掛け捨てとなります。

終身保険は、必ず保険金を受け取れますが、保険料は高額です。定期保険は、保険金を受け取れるとは限りませんが、保険料は安いです。

それぞれの基本的な使い方としては、一生必要なお金、たとえばお葬式代などは、終身保険でまかないます。

そして、一定期間だけ必要なお金、たとえば子どもが生まれてから子どもが成人するまでのあいだなどは、定期保険を使います。

3000万円の保障が必要な人がいた場合、すべてを終身保険でまかなおうとすれば保険料が高くなりすぎて、子育て世帯などの場合は特に、支払いが難しくなります。

かと言ってすべてを定期保険でまかなえば、一定期間を過ぎたあとは保障がなくなってしまい、さらに更新して継続しようとすれば保険料が高くなりすぎてしまいます。

そこで、終身保険と定期保険を組み合わせたのが「定期特約付き終身保険」です。

この保険は長らく国内生保の主力商品でしたが、一時期はアカウント型の保険などに取って代わられ、あまり積極的には売られていませんでした。ただ最近は、また売られるようになっています。

定期特約付き終身の良いところは、保険料を抑えつつ必要な保障が確保できるところです。定期特約付き終身の悪いところは、「更新型」というところにあります。

生命保険へ加入する際、ほとんどの人はよく分からないまま加入しています。

たとえば就職してすぐに、保険会社の外交員から勧められて、「社会人になったのだから保険ぐらい入っておこう」と契約しています。

その保険金額が3000万円だとしても、終身保険部分は200万円程度で、定期保険として2800万円程度になっています。

そして、この定期保険部分は期間が決まっていて、たいては「10年」となっています。ということは、10年経つとどうなるのでしょうか?

契約して10年程度が経つころに、更新のお知らせが届きます。

22歳で契約したとして、10年後は32歳。結婚して子どもが生まれたばかりだとしたら、まだまだ大きな保障が必要です。

定期保険は10年間だけだとしても、さらにもう10年更新することができます。まだまだ大きな保障が必要であれば、更新すると思います。

でも、22歳で契約したときには安い保険料でも、32歳で更新するときには、定期保険の部分の保険料は32歳の年齢で契約するので、はじめのころよりも保険料は上がります。その後も10年ごとに保険料は上がり続け、しまいには3000万円の保険に数万円もの保険料を支払わなくてはならなくなります。

続きを読む

医療保険の入院日数、30日で大丈夫?

医療保険に加入している人は多いと思います。医療保険とは、入院や手術をしたときに給付金が支払われる保険のことです。

医療保険で受け取れる金額は、「入院日額」が基本となります。入院日額とは入院1日あたりに支払われる給付金のことで、手術をした際の給付金も、この入院日数に応じて支払われるのが一般的です。手術の内容に応じて、入院日額の10倍、20倍、40倍などと決まっています。

たとえば入院日額1万円の医療保険に加入していて、10倍の対象となる手術を受けたら10万円支払われる、ということです。
もし入院日額が5千円なら、5万円が支払われるということになりますね。

さて、医療保険に加入する際に決めなければならないのは入院日額だけではありません。同じく重要なのが「入院限度日数」です。

入院限度日数とは、1入院あたりの限度日数のことで、60日、120日など種類があります。

最近は平均入院日数が短くなってきていることはご存じでしょうか。ガンになったとしても、入院せずに通院治療をすることもありますよね。また、はじめだけ入院して、あとは通院治療に切り替える、ということも多々あります。

現在の、平均入院日数は35.6日だと言われています。いかがでしょうか?ちなみに年代別の平均入院日数は以下の通りです。

0~14歳……8.9日
15~34歳……13.0日
35~64歳……29.5日
65~69歳……47.7日
70~74歳……50.2日
70歳以上……54.2日

このように、高齢なると入院日数は長くなる傾向にあります。

では、医療保険の入院日数は何日にするのが良いのでしょうか?

現在、医療保険の入院限度日数は30日もしくは60日が一般的になっています。(昔は120日や240日もあったんですよ。)

この平均入院日数を見る限りは、若いうちは30日のものにしておいて、終身タイプの医療保険であれば老後のことも考えて60日のものを選ぶという人が多いのではないでしょうか。

ここで考えておきたいのは、保険に入る目的です。

保険というのは、万が一の場合に、経済的な部分を支えてくれるものです。自分ではどうにもできないようなとき、つまり、自分のお金だけでは足りない場合に、足りない分を補てんするのが保険です。

では、入院日額5千円の医療保険で、30日入院したら、いくら受け取れるのでしょうか。答えは簡単、15万円ですね。もし10日しか入院しなければ、受け取れる給付金は5万円です。

若いうち(15~34歳)の平均入院日数は13日ですが、13日間入院したとしても受け取れる給付金は6万5千円。これぐらいの金額なら、自分でなんとかできないでしょうか?

このように考えると、本当に備えるべきなのは短期入院ではなく、長期入院に対して、だということが分かります。

短期入院であれば、仕事を休んだとしても有休を使ったり傷病手当をもらったりして対処できますが、長期入院となるとそうもいかなくなります。

ただ長期入院になれば医療費自体は下がります。これは、高額療養費制度があるからで、医療費の自己負担分は減らすことができます。でもそれでも入院が長引くと仕事を退職しなければならなくなったり、長期間入院することで家族の負担も増えますからある程度まとまったお金が必要になると思います。

続きを読む