終身保険と定期保険、どちらを選ぶ?

生命保険の保障期間には、終身タイプと定期タイプがあります。

終身タイプというのは、保障が死ぬまでずっと続くもの。そして、定期タイプは10年とか20年、もしくは30歳まで、60歳まで、といった形の期間限定の保障をするもの。

それなら、一生保障してくれるものの方が良いような気がしますよね。しかし、終身保険と定期保険では、保険料は全然違うものなんですよ。

終身保険なら、解約しない限りは確実に保険金を受け取れます。人はいつか死ぬのれすから、当然ですよね。

一方、定期保険は、その期間内に死ぬことがなければ、保険金を受け取れませんし、払った保険料が返ってくることはありません。

保険金を受け取れないのに、支払い続けた保険料は、どこに行ってしまうのでしょうか?それは、他の、契約者の中で、不幸にも亡くなってしまった方のための保険金として使われます。

要は、一部の、亡くなった人のための保険金を、他の大勢の契約者がワリカンで払っている、というイメージです。

ですから、保険料は、1000万円の保険でも、保障期間によりますが月々数千円です。たとえば、35歳の女性が10年間、1000万円の定期保険に加入するなら、保険料は1200~1500円程度です。

ただし、定期保険の場合は、更新すると保険料が高くなることは理解しておきましょう。上記の例で言えば、35歳の女性が、45歳になったときに、同じ内容で更新したら、保険料は2000~2500円になります。

55歳になったときにまた更新すれば、保険料は4000円前後にまでなってしまいます。これが、2000万、3000万の保険になれば、保険料も2倍、3倍となりますので、大きな保障がいつまで必要なのかをあらかじめ考えて、無駄な更新はしないということが大切です。

続きを読む

「個人年金は元本割れするからやめた方がいい」ってそんなわけがない

みなさんは、将来に対して不安を持っているいますか?

日本はものすごく急激に高齢化が進んでいます。

現在すでに4人に1人が高齢者、という時代に突入しており、今後さらに高齢者は増えていくことが分かっています。
2035年には3人に1人が高齢者、2060年には2.5人に1人が高齢者になると予測されています。

2060年にもなると、筆者も完全に高齢者になっておりますが、そのときに年金制度はどうなっているのでしょうか?

「年金はちゃんと受け取りたい!!」という気持ちはもちろんありますが、「子どもや孫世代に多大な負担をかけたくない」という思いもありますし、難しいところですよね。

そこで、国の年金制度とは別に、個人で年金に加入している人もいます。

保険会社が販売している、民間の個人年金保険です。

続きを読む

今さらだけど、介護保険がどういうものなのかを知りたい

みなさん、介護保険ってどういうものだか知っていますか?

ぼんやりとしか分からない、という人の方が多いのではないでしょうか?

「歳を取って介護が必要になったときにお金もらえるのかな?」

そういう認識の方が多いでしょうか。

さて、介護保険はわたしたちにとってはあまり関係ないものだと思われているでしょうが、本当はまったく介護の必要のない今だからこそ、しっかり知っておきたいものです。

いざ介護が必要になってから焦って調べても遅いと思います。

そこで今回は、介護保険がどういうものなのか、ということについてお話ししていきたいと思います。

続きを読む

貯蓄型保険はダメってほんと?メリットとデメリットを比較しよう

生命保険には、貯蓄型と言われるものがあります。

これは、生命保険でありながら貯蓄もできちゃう保険のこと。

超オイシイですよね??

でも、世の中そんなに甘くない!!

貯蓄型の保険にはデメリットもあります。

ってゆーか、ファイナンシャルプランナーの中には「貯蓄型の保険には入るべきではない!」と言う人もたくさんいるんです。

続きを読む

貯蓄好きなら加入しなくても大丈夫?賢い生命保険の入り方

生命保険って、多くの人が加入していますよね。

大半の人が加入しているものですし、むしろ加入していない方が珍しいとも言えます。

でも、生命保険って本当にそこまで多くの人に必要なものなのでしょうか?

生命保険は、万が一自分が死亡してしまった場合に家族に現金を残したり、もしくは自分が入院や手術をしたときにかかる医療費の負担を軽くしたりといった目的があるものです。

でも、本当はすべての人に必要なモノというわけではありませんし、今は必要でも将来は要らなくなる、ということもあるんです。

そこで、今回は生命保険の賢い入り方について紹介したいと思います。

続きを読む

DINKsが加入すべき生命保険は?

結婚していても、子どもがいない夫婦のことをDINKsと呼びます。

DINKsとは

Double Income No Kids

の頭文字で、共働きで子なしの夫婦という意味の言葉ですね。

さて、DINKsでもいろんな方がいると思います。

まだ結婚して間もないので子どもはいないが、子どもを作ることに対しては積極的な夫婦。

結婚したらがしばらくは二人の生活を楽しみたい、もしくは十分な貯蓄をしたい、といった理由でしばらくは子どもを作らないでおこうという夫婦。

また、結婚はしていても子どもは不要、という考えの夫婦。

それから、体質や病気等の事情から子どもが作れないという夫婦。

どれもDINKsと呼ばれるものですが、この場合、生命保険はどのようなものに加入すれば良いのでしょうか?

今回は、DINKs夫婦の生命保険についてお話ししたいと思います。

続きを読む

「アカウント型保険」はどうして加入しちゃいけないの?

生命保険の商品で、「アカウント型」と呼ばれるものがあります。

一般的には評判が悪く、契約した人でも後悔することが多いというこの保険。

いったいどういう保険なのでしょうか?

また、いったい何が悪いのでしょうか?

アカウント型保険とは

まず、アカウント型の保険とはどういうものなのか、ご紹介しましょう。

アカウントとは、預金口座という意味です。

アカウント型保険というのは、保険の中に預金ができる、という保険のことです。

まだ少し分かりにくいですね。

一般的な保険の形を考えてみましょう。

アカウント型保険が誕生するまでは、国内生保の主力商品と言えば定期特約付き終身保険でした。
これは、終身保険をメインに、特約として一定期間だけの医療特約や定期保険特約をつけたセット商品のことです。

子どもが小さかったり自分自身が働き盛りのあいだだけは大きな保障をつけて、歳を取ってからは終身保険のみが残る、という形の保険です。

それに対してアカウント型保険の場合は、終身保険の部分がなく、代わりに「積立金」が契約のメインとなります。

一定期間だけの定期保険特約や医療特約と、貯蓄がセットになったような保険、ということになります。
そもそも終身保険自体も貯蓄性の高い保険ではありますが、終身保険はあくまでも終身保険。
いくら解約返戻金が貯まっていても、気軽に引き出すようなことはできないものです。

アカウント型保険の場合は終身保険ではなく、積立金を貯めることになります。
この積立金はある程度自由に使うことができ、お金が必要なときに引きだして使ったり、逆にお金があるときにはまとまったお金を入金する、というようなこともできます。
保険会社に貯蓄口座を作る、という感じですね。

さらにこの積立金は、保険の見直しをするときの資金にすることもできます。
通常、年齢が上がると、保険を見直したときの保険料は上がります。でも、積立金を使えば割安な保険料で大きな保障を得ることができるのです。

アカウント型保険は、一定期間の大きな保障が終了したあとは、積立金を使って終身保険もしくは年金保険に移行することができるのも特徴です。

従来の「定期特約付き終身保険」の場合は、あらかじめ終身保険の金額は決まっていました。
でもアカウント型保険の場合は、一番最後にいくら貯まっていたかによって加入できる終身保険(もしくは年金保険)の金額が決まり、無理なく保険を続けることができるのです。

続きを読む

医療保険に特約はいらないって言うけど……先進医療特約はつけるべき?

医療保険に加入しようとするときに特約として出てくるのが

先進医療

という言葉です。

医療保険のプラン内容を見ていると、先進医療特約という項目が書かれていますよね。

「医療保険には余計な特約をつけるべきではないって聞いたけど……」

たしかにその通りです。
医療保険にあれもこれもと特約をつけると、保障が大きくなりすぎて保険料も高くなってしまいます。

続きを読む

60歳から入れるおすすめ生命保険の選び方

年齢を重ねると、生命保険の必要性を感じる機会が増えてくることと思います。

・健康診断で引っかかった
・友達が病気で入院した
・体力の衰えをかじるようになった

などなど……。

そこで、今まで生命保険に無頓着だった人も、

「そろそろちゃんと考えた方がいいかな?」

という気持ちになるものです。

特に、60歳から入れる保険を探す人が多く、定年後の生活に不安があると余計に生命保険の必要性を感じるようになります。

続きを読む