学資保険のプラン、どれを選ぶべきなのか?

学資保険には、いろいろなプランがあります。たいていの保険会社には学資保険がありますが、保険会社ごとの違いも分からなければ、プランごとの違いもよく分からないと思っている人は多いのではないでしょうか?

学資保険のプランいろいろ

学資保険のプランには、主に2つのポイントがあります。

ひとつめは、学資金を受け取るタイミングの違いです。
一括で受け取るものもあれば、分割で受け取れるタイプのものもあり、どれを選べばいいのか迷ってしまいますよね。
一括で受け取る場合は18歳、つまり大学進学に合わせて受け取れるものが一般的で、分割で受け取る場合は小学校入学・中学入学・高校入学と大学進学時以外にも学資金が受け取れるようになっています。また、プランによっては22歳満期というものがあり
、大学卒業の際にも学資金が受け取れます。

もう一つは、保険料の支払期間の違いです。
一般的な学資保険では、契約してから、満期になるまで保険料を支払い続けます。18歳満期であれば、子供が18歳になるまでずっと払い続けるわけですね。でも、それ以外に、最近では10歳払込終了というタイプも登場しました。これは、10歳までで保険料の支払を終了して、10歳以降は保険料の負担がなくなる、というものです。

子供が小学校高学年になったぐらいから、教育費や食費がかさみはじめます。塾に通う人も増えてくるんですよね。そんなときに保険料の支払いがなくなるので、家計への負担を抑えられるんです。また、10歳までに払い込んだ保険料は、その後満期が来るまで保険会社で運用されることになります。より多くのお金をより長い期間運用できるので、一般的な18歳満期よりも受け取れる金額が増えるというのも魅力なんですよ。10歳払込満了の場合は月々の保険料は高くなりますが、総額は安くなるので、おすすめです。

続きを読む

初めて生命保険を契約する人のための、主契約と特約の話。

生命保険って難しい。

多くの人はそう考えていますが、基礎的な知識があれば、そこまで難しいことはありません。今回は、生命保険を賢く利用するために必要な「主契約と特約」についてのお話をしたいと思います。

生命保険は主契約と特約に分解できる

生命保険というのは、その契約のメインとなる主契約部分と、オプションとなる特約部分に分けることができます。

これは、ファミレスのメニューにたとえると分かりやすいのではないかと思います。

ファミレスには、ハンバーグやステーキといったメインメニューと、それに付けられるセットメニューがあります。

Aセット……ライス+スープ
Bセット……ライス+サラダ
Cセット……ライス+スープ+サラダ

このようなセットを付けることができるんですよね。でも、これらのセットだけを単品で注文することはできません。必ずメインとなる料理を注文しないと、セットメニューを食べることはできませんね。

続きを読む

初めての生命保険!新入社員が選ぶべき生命保険とは?

初めて生命保険に加入する際に、失敗する人はとても多いです。会社に出入りしているプランナーに勧められるがままに契約してしまって、中には良心的ではないプランナーによる損な生命保険の餌食になってしまっている人もいます。

そこで、今回は初めて生命保険に加入する人の中でも、新入社員が選ぶべき生命保険を紹介したいと思います!

続きを読む

定期保険よりも、収入保障保険の方が保険料が安い理由

生命保険にはいろんな種類がありますよね。その中でも、死亡保障をするための保険が終身保険・定期保険です。ところが最近は、それだけでなく「収入保障保険」というものも出てきました。収入保障保険は終身保険や定期保険よりも割安なのが特徴ですが、安い分損をしていることはないのでしょうか?

死亡保険それぞれの違いとは

【終身保険】
終身保険は、保障が一生続く保険のことです。保険料の支払いは60~65歳ぐらいで終わるのが一般的ですが、保険料の払い込みが終わったあとも保障は一生続くので、いつ亡くなっても保険金が受け取れます。人はいつか必ず死にますから、確実に保険金を受け取れる保険と言ってもいいでしょう。

ただ、確実に保険金を受け取れるということは、保険料も高くなる、ということです。保険料を総額100万円しか支払っていないのに、1000万円もの保険金を払っていたら保険会社は倒産してしまいますよね。終身保険の保険料は普通に貯蓄するのと同じぐらいになっていて、900万円程度払って1000万円受け取れる、というレベルのものですから、あまり高額な終身保険を契約する人は多くありません。

【定期保険】
定期保険は、終身保険とは違って一定期間のみを保障する保険です。終身保険とは対照的に、保険料が安いのも魅力です。その代り、一定期間内に死亡しなかった場合には当然保険金を受け取ることはできず、解約返戻金もほとんどない「掛け捨て」の保険です。

定期保険は、「子供が成人するまでのあいだ」など、大きな保障が一時的に必要な人にとって便利な保険なんですよ。保険料も、1000万円の保険なら2千円弱で契約できます。(保険料は年齢によって違います)

【収入保障保険】
収入保障保険は、定期保険の一種です。定期保険と同じように一定期間のみを保障するのが目的です。定期保険と違うのは、保険金の受け取り方です。

終身保険や定期保険であれば、「1000万円」「3000万円」というように保険金を決めますが、収入保障保険の場合は「月額5万円」「月額10万円」というように、月額で決めます。そして、死亡時にも保険金を一括で受け取るのではなく、お給料のように毎月決まった額を受給する形になっているんです。

そのため、「自分が死んだあとの、家族の生活費を補てんする」という目的で契約されることが多い保険なんですよ。

続きを読む

学資保険を使わずに教育資金を貯める方法

学資保険に加入しないと教育資金が貯められない、ということはありません。学資保険を使わなくても、教育資金を貯めることは可能です。

学資保険を解体してみよう

学資保険というのは、複数の機能が組み合わさった商品です。
それらの機能を満たすことができれば、別に学資保険を使う必要はない、というわけですね。

  • 教育資金を貯める貯蓄機能
  • 子供の医療保障機能
  • 親の死亡保障機能

続きを読む

「学資保険はいらない」というのは本当なのか?

生命保険の中でも、「子供が生まれたらまず加入すべき」と言われてきたのが学資保険です。学資保険は子供の教育資金を計画的に貯めることができる保険のことですが、最近は「学資保険は必要ない」と言われることも増えています。

学資保険がいらないと言われる理由

学資保険は、貯蓄機能と保障機能を兼ね備えた保険商品です。同じように2つの機能を兼ね備えている保険としては、終身保険や個人年金保険があります。

学資保険がいらないと言われる理由としては、以下のようなものがあります。

  • 学資保険だと元本割れすることがある
  • 学資保険よりも預貯金の方がお金が貯まる

続きを読む

クレジットカード付帯の海外旅行保険、家族も補償してもらえる?

海外旅行に行く際には必ず海外旅行保険に加入するものですが、クレジットカードにも付帯していることが多く、あえて他の海外旅行保険には加入しない、という人もいるかと思います。では、クレジットカード付帯の海外旅行保険は、家族の補償もしてもらえるのでしょうか?

子供は補償されない!?

クレジットカードの海外旅行保険の場合、基本的にはカードの所有者本人のみが補償の対象になります。ただ、家族カードを発行することによって、家族も補償の対象にすることができるんです。

家族カードを無料で作ればタダで家族分の海外旅行保険がついてくるということになるので、かなりお得ですよね。ちなみに、利用付帯と言って「旅行代金をクレジットカードで決済しないと海外旅行保険がつかない」というタイプのカードもありますが、この場合は一人がクレジット決済すれば、家族カードを持っている人も対象になるので安心してくださいね。

ただ、問題となるのが18歳未満の子供です。18歳未満の子供は当然クレジットカードを持つことはできません。家族カードが作れないので、海外旅行保険の対象にもならないんです。

続きを読む

海外旅行保険、クレジットカードに付帯しているものは使えるの?

海外旅行に行く際には、海外旅行保険への加入をするのが一般的です。でも、数日間の旅行のためにわざわざ保険に加入するのももったいない、と思う人もいると思います。

大人の場合、クレジットカードを持っている人も多いですよね。そして、クレジットカードには海外旅行保険が付帯していることがあるんです。

クレジットカードの保険を確認してみよう

クレジットカードに海外旅行保険が付帯しているかどうかは、カード会社の公式サイトを確認すれば分かります。「楽天カード 海外旅行保険」というように検索すれば、すぐにわかりますよ。

海外旅行保険が付帯している場合でも、「自動付帯」と「利用付帯」にの2種類があります。自動付帯であれば、自動的に海外旅行保険が付いているのですが、利用付帯の場合は注意が必要です。

利用付帯とはつまり、「海外旅行に関する料金をクレジットカードで支払うこと」という条件を満たさないと、海外旅行保険が付かない、というものです。海外旅行に関する費用というのは、ツアー代金や航空チケット代などのことで、全額ではなく一部の支払でも適用されます。

たとえば、ツアー代金の一部を申込金としてクレジット決済し、残金を銀行振込で支払ったという場合ですね。どのような費用の者来が対象になるのかは、カード会社の公式サイトで確認しましょう。

続きを読む

人気の一時払い終身保険!本当に「お得」ですか?

みなさんは、一時払い終身保険というものをご存じでしょうか?

若い人の場合は知らないことも多いのですが、実は今、一時払い終身保険というのは非常に人気があるんです。

若い人は知らない一時払い終身保険。
では誰に人気があるのか?

それは、シニア世代の方々です。

退職金や老後資金の運用方法の一つとして大変人気があるんですよ。

ただ、本当に一時払い終身保険はお得なのか?どうしてそこまで人気があるのか?
加入している人ですらよく分かっていないかもしれません。

もちろん、一時払い終身保険はシニアの方しか加入できない保険ではありませんし、若い人でも加入する機会はあるかもしれません。

そこで、今回は一時払い終身保険のことをお話ししたいと思います!

続きを読む

学資保険の「元本割れ」ってナニ?危険な学資保険の真相

先日、学資保険が元本割れした分を返還するよう求めた訴訟で、保険会社がそれに応じる、ということがありました。

つまりこういうことです。

総支払額が約273万円の学資保険で、契約時には「満期になれば、約430万円になりますよ」と言われたので加入した。
ところが2010年に満期を迎えた時に支払われたのは、たったの259万円だった。
273万円支払って259万円しか払わないのにおかしい。

支払い額よりも受取額が少なくなってしまうことを、「元本割れ」と言います。

たとえば投資信託は、元本割れのリスクがある金融商品です。

100万円を投資したのに、80万円に目減りしてしまった、というようなことはありますよね。

資産運用の場合は、元本割れのリスクはつきものです。
資産運用をする人は、そのリスクは承知しています。「元本割れするかもしれないけど、大きく儲かる可能性もある」。だから、投資するわけですね。

一方元本割れしない金融商品というのは、たとえば「銀行預金」です。
通帳の残高が勝手に減ることはありませんよね。

同じように、学資保険に関しても、元本割れするものではありません。
元本割れしないハズの学資保険が元本割れになった、というのは、銀行の通帳残高が勝手に減らされていたのと同じぐらいの衝撃だと思います。

でも、実は元本割れする学資保険なんていくらでもあります。今回は、学資保険の元本割れの真相についてお話ししたいと思います。

続きを読む