終身保険の変化球的な使い方をこっそり解説

終身保険は、一般的には「お葬式代として300万程度」といった感じで契約されている人が多いです。

でも、終身保険というのはとても便利な保険で、使い方によっては、学資保険や年金保険の代わりとしても使える、自由度の高い保険なんですよ。

生命保険には、「解約返戻金」というものがあります。解約した時に、今までに支払った保険料の一部が返ってくる、というものです。

続きを読む

定期保険が安いとは限らないので注意が必要

定期保険というのは、割安な保険料で大きな保障がもてる保険ですよね。
何千万という大きな保障でも、月々数千円の保険料で済むものです。

ただ、定期保険が必ずしも安い、というわけではないので、注意が必要です。

まず、なぜ、定期保険の保険料が安いのか考えてみましょう。

続きを読む

定期保険とは?メリット、デメリットを知る

定期保険というのは、一定期間のみを保障する保険のことです。

契約している一定期間のあいだに死亡すれば、保険金がもらえます。逆に、一定期間無事に生存していれば、保険金はもらえませんし、支払った保険料は返ってきません。つまり「掛け捨て」ということです。

ただ、定期保険のメリットというのは、保険料が終身保険とは比べ物にならないぐらいに安く、一定期間のあいだだけ、大きな保障がほしい、という人にはぴったりの保険なんです。

続きを読む

死亡保障がある保険の種類まとめ

死亡保障をしてくれる保険には、いくつもの種類があります。ライフプランに合わせて、必要な商品を組み合わせることによって、自分だけの保険をオーダーメイド感覚で作ることができますよ。

死亡保障をしてくれる保険商品には以下のようなものがあります。

終身保険
定期保険
逓減型定期保険
収入保障保険
養老保険
学資保険
年金保険

それぞれ、どのような保険なのか見てみましょう。

続きを読む

死亡保障はどのように準備すべきか

死亡保障というのは、まずはライフプランを立て、ライフプランをもとにキャッシュフロー表を作成した上で、決定するのが理想です。

必要保障額を知るには、万が一のことが起こった場合のキャッシュフロー表を作成し、必要な金額を知ることが重要です。

このとき、トータルでいくら不足するのか、ということをもとに必要保障額を決定するのが基本ですが、それだけでは十分ではありません。

キャッシュフロー表は、年単位での収支が分かるようになっていますが、プラスになっている年もあれば、マイナスになっている年もあるはずです。

生命保険というと、死亡時に一括で3000万とか5000万とか受け取るイメージがありますが、はっきり言って、一括でそれだけのお金が必要でしょうか?

続きを読む

生命保険の死亡保障の考え方まとめ

生命保険というのは、いろいろな保障をしてくれます。

死亡したとき、入院したとき、手術をしたとき、通院したとき、がんになったとき、生活習慣病になったとき、など……。

その中で、最も基本となる保障は、死亡保障です。もともと、生命保険というのは、死亡時に、遺族にお金を支払うのが目的で作られました。

葬儀代や遺族の今後の生活資金を準備するものです。

生命保険自体は昔からありますが、現代においても、葬儀代と遺族の今後の生活資金を準備する、という基本的な意味合いは変わっていません。

生命保険というのはいろんな保障がついているために分かりにくくなっていますが、生命保険を考える時には保障の内容ごとに考えて、検討していく必要があります。

続きを読む

生命保険の色々なカタチを知っておこう

生命保険というのは分かりにく、と思われている方も多いと思いますが、それは、いくつもの保障が一つの設計書に詰まっているからです。

一つひとつは決して分かりにくいものではなくシンプルなものなので、ここでは生命保険のカタチについて注目してみましょう。

生命保険には、3つの基本のカタチがあります。「終身保険」「定期保険」「養老保険」です。

続きを読む

わたしが死んだら、家族にはいくら残せばいい?死亡保障の考え方

生命保険というのは、そもそも、死亡した時のお葬式代を保障するものでした。まだ、生命保険という言葉なんてない時代、17世紀のイギリスで、生命保険のルーツとも言われる制度がありました。
それは、イギリスの牧師さんたちが考えたものです。

「普段からみんなでお金を積み立てておいて、誰かが死んだら、みんなで積み立てておいたお金でお葬式をやろう。」こんな制度でした。

今では、お葬式代だけではなく、残された家族の生活費なども、生命保険で準備するようになりましたね。

お葬式自体は、飲食接待費などを含めて、200~250万円程度が平均だと言われています。ですが、実際に自分の保険を確認すると、3000万円とか5000万円とかになっていませんか?

続きを読む

生命保険の特約の種類について知りたい

生命保険には、なにかしら特約がついているものですが、その種類は非常にたくさんあります。中には無料の特約もあるんですよ。

特約と言うと、まずは「定期保険特約」や「疾病入院特約」「災害入院特約」など、主契約の保険と同じように、一定の状態になった時に保険金や給付金が受け取れるものがありますよね。

しかし、保険会社によってはその保障内容が細かく分けられており、たくさんの特約がついている保険が多いんですよ。

たとえば医療保険の場合。医療保険というと、病気や事故などで入院したときに入院給付金が受け取れて、手術をしたら手術給付金が受け取れて、といった保障があります。

続きを読む

生命保険の主契約と特約を知っておこう

生命保険というのは、「主契約」部分と「特約」部分に分けることができます。

主契約はメイン、特約はオプション、というと分かりやすいでしょうか。主契約は「終身保険」「学資保険」「定期保険」などと呼ばれるものです。特約は、「定期保険特約」「疾病入院特約」「がん特約」など、名前に「特約」とついています。

でも、特約じゃなくても、「定期保険」「医療保険」「がん保険」などありますよね。たとえばガンの保障が欲しい場合、他の保険に特約として「がん特約」をつけるのと、単体で「がん保険」を契約するのと、なにが違うのでしょうか?

主契約と特約の最大の違いは、「特約は単体では契約できない」ということです。それはどういうことでしょうか。

続きを読む