学資保険の返戻率ってなに?返戻金で大損しない

学資保険に加入しようと思って情報収集をしていると、「返戻率」という言葉に出会います。この返戻率というのは、どういうものなのでしょうか?

学資保険は、教育資金を確実に貯めるためにはぴったりな方法です。そして、支払った金額に対して、受け取れる金額は多くなります。預貯金でも利子がつくわけですから、学資保険でも受け取れる金額が増えるのは当然ですよね。

その、支払った金額に対して、受け取れる金額の割合を「返戻率」と言います。

たとえば30歳男性が、子どもが生まれてすぐに学資保険に加入した場合。学資保険で有名なソニー生命の場合なら月々の保険料は4,140円。総額894,240円支払って、受け取れる満期学資金は100万円になります。この場合の返戻率は111.8%になります。

続きを読む

個人年金保険のリスクは途中解約すると損する

個人年金保険は、計画的に老後資金が準備できるので、人気がある商品です。毎月保険料として自動で引落してくれるので手間もありませんし、途中で解約すると損になるので長続きしやすい方法です。

ただ、個人年金保険にもリスクがあります。

まず、個人年金保険のメリットでもありデメリットでもあるのが、「途中解約すると損になる」ということです。生命保険の保険料というのは、必要な「純保険料」と、その保険を維持するための経費である「付加保険料」から成り立っています。

ですから、途中で解約しても、この「付加保険料」にあたる部分は返ってきません。保険料を払い続けていくうちに、「純保険料」の部分が増えてくるので、支払った保険料と、解約返戻金の差は少なくなってきます。ですから、早い段階で解約するほどに、損をする金額が大きいのです。

続きを読む

保険料の支払いがいらなくなる保険の2つのパターン

生命保険のCMなどで、保障は続くのに、保険料はいらなくなる、という商品はありますよね。保険料がいらないなら、とてもお得に感じますが、どういうことなんでしょうか?CMやパンフレットを見ただけでは詳しいことは分かりませんよね。

保険料の支払いがいらなくなる保険というのは、主に2つのパターンがあります。

まずはひとつめのタイプです。これは、終身保険や、終身タイプの医療保険やがん保険のことです。生命保険は、加入しているあいだは保険料を支払うもの、と思っている人も多いかもしれませんが、実はそうではありません。

保険料を支払う期間のことを「払い込み期間」と言いますが、この払い込み期間は任意で決められるようになっているのです。

続きを読む

学資保険に医療特約や育英年金は必要?

学資保険は、元本割れしないものを選びましょう、と言われることがありますが、元本割れすると言っても、元本保証がないとか、損をするとかということではありません。

元本割れする学資保険というのは、特約がついているためです。

単純に、教育資金を貯める、という機能だけでなく、学資保険には保険としての機能もあります。その保険としての機能を極限まで削ったものは返戻率が高く、逆に保険としての機能を充実させたものは返戻率が100%を下回っている、つまり、「元本割れ」している、ということになります。

お子さんがいる人は、お父さんお母さんも、保険に入っていると思います。その保障の一部を、学資保険でまかなう、というのが、特約つきの学資保険の役割です。

いくら学資保険の返戻率が高くても、結局は別の保険にも入って保険料を支払うのですから、トータルで考えないと、得か損かは分からないものなんです。

続きを読む

学資保険はお祝い金がある方がお得?

学資保険には、満期時に学資金が受け取れるものと、満期以外にもお祝い金を受け取れるタイプがあります。
これは、どちらがお得なのでしょうか。

まず整理しておきたいのは、「合計で受け取る金額が増えれば保険料も上がる」ということです。

同じ保険料なのにお祝い金がもらえる!なんていうことはありません。学資保険に限らず、お祝い金のある保険はすべてそうですが、お祝い金相当分の保険料が上乗せされているにすぎません。このことを忘れないようにしましょう。

続きを読む

学資保険のお金を受け取る時期は18歳で大丈夫ですか?

学資保険というのは、教育資金を貯めるためにはぴったりな商品です。預貯金と比べても、自動で引き落とされて、途中で取り崩す心配もないので貯蓄が苦手な人には特におすすめです。

学資保険は、節目ごとにお祝い金が出たり、大学卒業時にもお祝い金が出るものもありますが、もっともオーソドックスなものは、18歳が満期になっているものです。

つまり、大学入学時に合わせてお金を受け取れる、というわけですね。

お祝い金が出るタイプなら、小学校入学時、中学校入学時、高校入学時などにもお祝い金を受け取ることができて、必要でなければそのまま据え置きにしておくことで利息もつきますから、自由度は高いですね。

ただ、節目ごとのお祝い金をそのまま使ってしまう場合には、それだけ返戻率は下がりますので注意しましょう。

続きを読む

日本の奨学金制度の仕組みはどのようになっている?

大学の進学にはお金がかかる、というイメージがありますよね。地方の大学に進学する場合は学費だけでなく、家賃や光熱費などの生活費もかかってきます。

私立の理系なら1000万円ほどかかることもあり「そんな大金とても用意できない!」と思われるかもしれません。

たしかに、全世帯の所得の平均は538万円です。(平成23年国民生活基礎調査)子どもがいる世帯の平均は658.1万円ですが、それでも子どもが2人、3人といれば生活は楽ではありませんよね。

いくら学資保険に入ったり定期預金をして貯蓄に励んでいても、思うようにお金が貯まらないこともあると思います。そこで、奨学金を利用する可能性もあるということを考えておきましょう。

奨学金を利用している学生は多いですよね。ただ、日本の奨学金制度はほとんどが「貸与型」です。

続きを読む

個人年金保険に関する税金申告はどうなる?

個人年金保険に入っていると、年末調整・確定申告のときに、「個人年金保険料控除」が使えます。年末調整や確定申告というのは、1年の所得を申告して、所得税の税額を決定する、というものです。

会社員の人であれば「給与所得控除」、学生であれば「勤労学生控除」、離婚した人であれば「寡婦控除」など、その人に該当するものを収入から差し引くことができます。

なるべくたくさんの控除に該当した方が、所得が少ない、ということになるので、それだけ所得税も安くなります。また、所得税だけでなく住民税も下がり、所得税や住民税が下がると、さまざまな、たとえば保育料などの、所得によって料金が決まるものも、安くなっていきます。

そこで、個人年金保険でいくら控除されるのかはご存じでしょうか。個人年金保険料控除は、1年間に支払った金額に応じて、最大5万円が控除される仕組みです。

税制が変更になったことで、控除される金額は、「平成24年1月以降の契約」と「平成23年12月までの契約」で異なります。まずは、平成24年1月以降の新しい契約では以下のようになります。

続きを読む

個人年金には入っておいた方が良いのか?必要性について考える

年末調整をするときには「生命保険料控除証明書」を添付しますが、個人年金に加入している場合には、「生命保険料控除」とは別に、「個人年金保険料控除」という枠があります。

個人年金が必要経費として認められている、ということですね。それなら、個人年金には加入しておいた方が良いのではないか?と思われると思います。

個人年金というのは、民間の保険会社で、個人で加入しておく年金のことです。会社員の人であれば厚生年金、自営業の人であれば国民年金に加入していますが、それだけでは老後の生活費としては足りないこともあるかもしれません。

特に心配なのは、国民年金の場合です。

続きを読む

ハッキリ言って生命保険の保障は一生涯続きません!

生命保険のCMやパンフレットを見ていると、「保障は一生続きます!!」と言っているものがあります。最近は終身タイプの医療保険も多いですし、「保障が一生続くのは当たり前じゃないの?」と思う人もいるでしょう。

でも、医療保険というものが登場したのは比較的最近の話で、外資系では90年代から、国内生保では2000年代から販売を始めました。

それまでの医療保障と言うのは、終身保険などに特約として「医療特約」をうつけるのが主流だったのですね。保障期間は終身ではなく、80歳まで、というのが一般的でした。

ですから、現在の40代以上の人だと、終身タイプの医療保険に入っていない人が多いのです。40代以上の人が若いときに入った生命保険だと、医療特約は更新型になっていて10年毎にどんどん保険料が上がっていったり、それでもがんばって更新していても、80歳で保障は終了してしまうのです。

続きを読む