高い保険料を払ってまで養老保険に加入するメリットはあるのか?

貯蓄もできて生命保険でもある養老保険は一見お得な保険のように思ってしまいますが、実際のところはどうなのでしょうか?
養老保険の保障内容、満期で受け取れる金額、解約返戻金などについて詳しく知っておく必要があります。お得だと思って加入したものの結局損をすることになっては意味がありません。
このカテゴリで貯蓄型保険のメリットデメリットを理解し、どのような保険に入るのが将来的に有用なのかを考えるきっかけにしていただければと思います。

Q.養老保険ってどんな保険? A.残念ながら、あまりおすすめできません。

養老保険とは、死亡保険ではなく「生死混合保険」と呼ばれるものです。終身保険や定期保険は「死亡保険」に分類されますが、これらの保険とは違う、ということですね。

養老保険の仕組みとは?

養老保険は生死混合保険の一種で、「生きていても死んでも保険金がもらえる」という一見オイシイ保険のことです

形としては、定期保険と同じように保障期間が決められている保険のことです。たとえば「30年間」というようにあらかじめ期間が決まっていて、その間に死亡することがあれば保険金が支払われます。ここまでは、定期保険と同じですね。

定期保険と違うのは、「決められた期間が終了したら、満期保険金が受け取れる」というところです。定期保険の場合は期間内に死亡しなければそれで終わり、保険金をもらえることはありません。

養老保険は、期間内に死亡すれば死亡保険金が、期間内に死亡することがなければ満期保険金が、支払われる保険なんです。

死亡保険金と満期保険金は同じ金額で、500万円の養老保険に加入していれば、死亡保険金も満期保険金も500万円、ということになります。

すると、生きていても死んでも確実に保険金が受け取れるので、お得な保険という気がしますよね。

続きを読む

貯蓄型保険はダメってほんと?メリットとデメリットを比較しよう

生命保険には、貯蓄型と言われるものがあります。

これは、生命保険でありながら貯蓄もできちゃう保険のこと。

超オイシイですよね??

でも、世の中そんなに甘くない!!

貯蓄型の保険にはデメリットもあります。

ってゆーか、ファイナンシャルプランナーの中には「貯蓄型の保険には入るべきではない!」と言う人もたくさんいるんです。

続きを読む

積立タイプの保険って掛け捨てよりもお得?今入るべき保険とは

生命保険には、お金を積みたてられるタイプのものがあります。

何それ、お得!!

そう思って飛びついてはいけません。

積立タイプの保険には、大きな落とし穴があります。

それを知らずに加入してしまうとうっかり落とし穴にはまってしまい抜け出せなくなるので、今回は積立タイプの保険について勉強しましょう☆

「保険」なのに「積立」できる理由

生命保険はそもそも、万が一のことがあったときにお金がもらえるものです。

病気で入院すれば「入院給付金」

死亡してしまえば「死亡保険金」

というようなものですね。

わたしたちが支払っている保険料は、保険会社が統計にもとづいて、適正な額を設定しています。

積立タイプの保険というのは、その保険料に、「積立分」の保険料を上乗せすることになります。

そりゃそうですよね。保険料は基本的には万が一のことが起きてしまった方のための支払いに充てられるほか、保険会社で働く人のお給料や経費にも使われているんです。

積立分まで保険会社が負担してくれるわけではありません。

要するに、積立タイプの保険の場合は、

保障のための保険料+積立のための保険料

という2階建てになっているだけ、ということです。

普通なら「保障は保険会社、積立は銀行」と使い分けるところ、「保険会社にすべて任せる」となるのが積立タイプの保険です。

続きを読む

貯蓄性のある保険には入るな!?予定利率や標準利率の仕組み

生命保険の保険料が値上げされました。2013年4月からです。

生命保険の保険料を決める基準の一つが、「予定利率」です。予定利率というのは「預かった保険料を運用したらこれぐらいは儲かるだろうから、その分保険料を割り引きしておきますよ」というものです。

本当は15,000円必要な保険でも、実際に支払うのは14,000円だけで、残りの1,000円は保険会社が運用して増やしてくれる、というイメージです。

この予定利率を決める基準となるのが、金融庁が決めている「標準利率」です。ここ12年間はずっと1.5%の標準利率だったのですが、この春に12年ぶりに改正されました。

標準利率が下がってので、保険会社の予定利率も下げなければ、保険会社が儲からなくなってしまいます。銀行の預金利率と同じような感覚で考えれば分かりやすいと思います。

100万円預けたとき、利率が0.5%なら5千円の利息がつきますが、利率が0.1%になってしまえば千円しかつきませんよね。それと同じように予定利率が下がれば、割引できる保険料も少なくなってしまいます。つまり、値上げせざるを得ない、ということです。

そこで2012年度中は「今がチャンスですよ」と言わんばかりに保険の外交員の方たちも必死に保険を売っていたようです。お客の方でも、年度が明けたら保険料が上がってしまう、ということで早めの決断をした、という人が多いでしょう。

続きを読む

元本割れしないはずの養老保険が元本割れすることもある?

「元本割れ」とは、どのようなものでしょうか?

払ったお金よりも、戻ってくるお金が少ないことを「元本割れ」と言います。

払ったお金の分だけは、きちっと戻しますよ、ということを始めに決めてあるものを「元本保証」と言います。

「払ったお金よりも戻ってくるお金が少ないなんて、そんなひどいことあるの!?」と思われるかもしれませんが、ハイリスクな商品であれば、あるんです。平たく言えば「運用実績がよければめっちゃ儲かりますけど、運用が上手くいかなければ損することもありますよ」というものです。

続きを読む

貯蓄性の高い養老保険とは

養老保険って、どんな保険かご存じでしょうか?

一般的に、あまり加入している人はいないので、どんな保険か知らない人も多いのではないでしょうか?

養老保険というのは、貯蓄性の高い保険です。定期保険と同じように、期間が決まっている保険なのですが、違うのは、保険期間が満了したときに、「満期保険金」が受け取れる、というものです。

たとえば死亡時に500万円受け取れる養老保険なら、満期になったときに死亡していなくても、500万円が受け取れます。必ず保険金が受け取れる保険ですね。

続きを読む