海外旅行に行くなら海外旅行保険も忘れずに!

海外旅行は楽しいものですが、トラブルが起こることも十分考えられます。事故や盗難、怪我や病気などもしもに備えて海外旅行保険に加入しておきましょう。
最近では利用のクレジットカードに海外旅行保険が付帯していて、それで十分だと思っている人もいるかもしれませんが、補償内容は確認していないのではないでしょうか?
クレジットカード付帯の海外旅行保険は本当に使えるのか、実際に海外で病院にかかったときにはどうすればよいのか、など海外旅行に行く予定のある人にはぜひ読んでいただきたい内容です。

海外旅行に行く前に!海外旅行保険の落とし穴に注意しよう

海外旅行保険というのは、どれでも同じ、ということはありません。モノによっては万が一のときに全然役に立たないこともあるんです。「どうせ保険を使うことなんて無いんだから」と考えずに、きちんと保険を選びましょう。

クレジット付帯だと使えないことがある!

「クレジットカードには海外旅行保険が付いているんだから、わざわざ新しい保険に入る必要はない」と考えている人も多いようですが、クレジットカード付帯の海外旅行保険が使えないこともあるんです。

それは、利用条件がある場合です。

クレジットカードにはたいてい海外旅行保険が付帯してはいますが、利用条件をクリアしないとつかないこともあるんです。それは、「海外旅行の費用をクレジット決済すること」。つまり、ツアー代金などの支払をそのクレジットカードで決済しないと、海外旅行保険が使えない、ということなんです。

クレジットカードの海外旅行保険を使いたい場合は、利用条件がある「利用付帯」なのか、なにもしなくても付いてくる「自動付帯」なのかを確認しておいてくださいね。

続きを読む

海外旅行で医療費がかかった!海外療養費支給制度を利用する方法

海外旅行に行く際には海外旅行保険に加入しますが、それ以外にも用意しておきたいものがあります。それは、海外療養費支給制度の申請書類です。

海外で病気やケガの治療を受けて医療費がかかった場合、帰国後に手続きすることによってある程度の金額が支給される海外療養費支給制度ですが、スムーズに手続きするには旅行前の準備が必要なんです。

海外旅行保険でも医療費は補償されますが、合わせて海外療養費支給制度の申請をすることもできるんですよ。

海外療養費支給制度の手続きの流れ

万が一海外で体調を崩したりして医療費がかかってしまった場合は、以下の流れで手続きすることにより、ある程度の金額を支給してもらうことができます。
(海外でかかった医療費と、日本で同じ治療を受けた場合の医療費を比較して、安い方の金額から7割が支給されます)

  1. 治療を受けた病院で書類を記入してもらう
    日本でも、医療保険の給付金を請求するために診断書を書いてもらいますよね。それと同様に、海外で治療を受けた際にも診断書にあたる「診療内容明細書」と「領収明細書」を記入してもらいます。この書類には日本語訳が必要となりますが、自力でできることもありますし、申請時に翻訳を3,000円程度で依頼することもできます。
  2. 治療費はいったん自分で支払う
    治療費は、いったんすべて清算しなければなりません。ただ、海外旅行保険のキャッシュレス提携病院であればお金を払う必要はありません。もし、提携病院以外に緊急搬送されてしまったような場合は、海外旅行保険のサポートデスクに電話して後払いの交渉ができないか相談してみましょう。
  3. 帰国後、申請書類を揃えて加入している健康保険に提出する
    帰国後には、記入してもらった書類と、申請書を揃えて加入している健康保険の窓口に申請します。(会社の健康保険であれば会社へ)その際、保険証と振込先の口座番号がわかるもの、印鑑も必要になるので持参しましょう。
  4. 審査後に払い戻しされる
    審査にはだいたい2か月程度かかり、審査が終われば指定した振込先へ入金されます。なお、申請期限は治療費を支払った日から2年以内とされていますが、なるべく早めに手続きしてくださいね。

続きを読む

海外旅行のときに知っておきたい!海外療養費支給制度とは?

海外旅行に行くときには海外旅行保険に加入するものですが、そのときに「本当に海外旅行保険って必要なの?」と疑問に感じる方も多いのではないでしょうか?

日本では「海外療養費支給制度」というものがあり、海外で医療費がかかった場合でもある程度の返金を受けることができます。そのため、「わざわざ海外旅行保険に入らなくてもいいのでは?」と考えてしまうわけですね。

海外療養費支給制度について詳しく解説!

海外療養費支給制度とは、海外で医療費がかかった場合に、日本で手続きすることによってある程度のお金が戻ってくるという制度のことです。

では、いったいいくら戻ってきて、自己負担はいくらぐらいになるのでしょうか?

日本で暮らしていれば、医療費は実際にかかった金額の3割負担で済みますよね。10万円の治療費でも、窓口で支払うのは3万円だけです。海外療養費支給制度でも、日本での健康保険と同じように、海外でかかった医療費のうち7割が払い戻されて、3割負担で済む、というのが基本的な考え方です。

ただし、かならずしも7割が返金されるということではありません。
海外でかかった医療費と、日本で同じ治療を受けた場合の医療費を比較して、安い方から7割が返金されるので、高額な医療費がかかった場合は返金されても自己負担が莫大に残ってしまうこともあるんです。

続きを読む

クレジットカード付帯の海外旅行保険、家族も補償してもらえる?

海外旅行に行く際には必ず海外旅行保険に加入するものですが、クレジットカードにも付帯していることが多く、あえて他の海外旅行保険には加入しない、という人もいるかと思います。では、クレジットカード付帯の海外旅行保険は、家族の補償もしてもらえるのでしょうか?

子供は補償されない!?

クレジットカードの海外旅行保険の場合、基本的にはカードの所有者本人のみが補償の対象になります。ただ、家族カードを発行することによって、家族も補償の対象にすることができるんです。

家族カードを無料で作ればタダで家族分の海外旅行保険がついてくるということになるので、かなりお得ですよね。ちなみに、利用付帯と言って「旅行代金をクレジットカードで決済しないと海外旅行保険がつかない」というタイプのカードもありますが、この場合は一人がクレジット決済すれば、家族カードを持っている人も対象になるので安心してくださいね。

ただ、問題となるのが18歳未満の子供です。18歳未満の子供は当然クレジットカードを持つことはできません。家族カードが作れないので、海外旅行保険の対象にもならないんです。

続きを読む

海外旅行保険、クレジットカードに付帯しているものは使えるの?

海外旅行に行く際には、海外旅行保険への加入をするのが一般的です。でも、数日間の旅行のためにわざわざ保険に加入するのももったいない、と思う人もいると思います。

大人の場合、クレジットカードを持っている人も多いですよね。そして、クレジットカードには海外旅行保険が付帯していることがあるんです。

クレジットカードの保険を確認してみよう

クレジットカードに海外旅行保険が付帯しているかどうかは、カード会社の公式サイトを確認すれば分かります。「楽天カード 海外旅行保険」というように検索すれば、すぐにわかりますよ。

海外旅行保険が付帯している場合でも、「自動付帯」と「利用付帯」にの2種類があります。自動付帯であれば、自動的に海外旅行保険が付いているのですが、利用付帯の場合は注意が必要です。

利用付帯とはつまり、「海外旅行に関する料金をクレジットカードで支払うこと」という条件を満たさないと、海外旅行保険が付かない、というものです。海外旅行に関する費用というのは、ツアー代金や航空チケット代などのことで、全額ではなく一部の支払でも適用されます。

たとえば、ツアー代金の一部を申込金としてクレジット決済し、残金を銀行振込で支払ったという場合ですね。どのような費用の者来が対象になるのかは、カード会社の公式サイトで確認しましょう。

続きを読む