早いほうが良い?学資保険は子供が生まれてすぐに加入すべき?

お子さんがいる方は、学資保険に加入していますか?

子どもが生まれたから学資保険に入らなきゃ!

と考える人は多いようですが、どの学資保険を選べば良いのか分からなかったり、家計にゆとりがなかったりといった理由から、ずるずると先延ばしにしてまだ加入していない、という人はいませんか?

かと言って、早く入らなければ!と焦るあまりにいい加減な選び方をしてしまうのも考え物です。

そこで、学資保険にはいつ加入すべきなのか、どのような学資保険に加入すべきなのか、ということを考えてみましょう。

続きを読む

もう学資保険で悩まない!学資保険の機能と選び方

子供が生まれると「学資保険に入らなきゃ」と考える人が多いのですが、「みんなが入っているから」、「親が入った方がいいって言ってるから」といった理由で、なんとなく加入しなければならないような気がしているだけの人も多いです。

実際、学資保険にはどのような機能があるのか、本当に学資保険が必要なものなのか、ということについてはよく分からないという場合もありますよね。

そこで、ここでは学資保険が持つ機能について解説し、本当に学資保険が必要なのかどうかを考えてみたいと思います!

学資保険の基本的な機能

学資保険は、教育資金を貯めることができる保険のことですが、ただお金を貯めるだけでなく、保険としての機能も併せ持っています。

続きを読む

郵便局の学資保険が安心?

学資保険と言えば郵便局。

そんなイメージをお持ちの方も多いようです。たしかに、一昔前までは学資保険と言えば郵便局でした。

今の親世代の人たちは、自分が進学する時に、郵便局の学資保険のお金を使った、という人が多いので、良いイメージがあるのです。今のじいじ・ばあば世代はもっと顕著です。

つまり、自分が親として子どもを育てるときに、郵便局の学資保険に入っていたおかげで子どもに十分な教育を受けさせてやれた、という経験をしている人が多いんですね。

ただ、それは、時代のおかげという部分が大きいです。今よりも銀行の利率も高く、お金を預ければ2倍、3倍になってきたような時代がありましたから、当然学資保険でも、少しの保険料で、たくさんの教育資金を準備することができたのです。

そこで、今の親世代が子供を産むと、じいじ・ばあばが「郵便局の学資保険に入りなさい」というアドバイスをくれます。
ところが現在、そんな魅力的な商品はどこにもありません。

続きを読む

学資保険の返戻率に騙されない!

学資保険に加入しようと思っていろいろ調べてみると、「返戻率」という言葉に出会います。返戻率というのは、支払う保険料の総額に対して、いくら返ってくるか、という割合のことです。

90万円支払って100万円返ってくる、というような学資保険であれば、

100万円÷90万円=111.1111……

となるので、返戻率は111%になる、ということです。

学資保険のパンフレットを見ていると、必ずと言っていいほど返戻率が書かれています。返戻率が書かれていないものは、返戻率が低いものでしょう。

返戻率が低いものというのは、育英年金や子どもの死亡保障、医療保障などがついていて、保険としての機能が充実しているものです。

続きを読む

日本生命の学資保険

日本生命の学資保険と言えば「げんき」という商品がありましたが、2013年4月に新商品「ニッセイ学資保険」が販売されました。

従来の日本生命の学資保険は育英年金がついていて、返戻率が低いものでした。返戻率が低くても保障は充実しているので悪くはないのですが、最近は特約がついていないシンプルな学資保険の方が返戻率が高いということで人気があります。そこで、「ニッセイ学資保険」では特約をなくし、返戻率を重視した商品になっています。

学資保険を選ぶときには、保障を充実させるよりも、貯蓄性を重視することが多いです。返戻率とは、支払った保険料の総額に対していくら返ってくるか、という割合のことですが、育英年金などの保険機能が充実している学資保険の場合は100%を切っており、いわゆる「元本割れ」の状態になっています。

学資保険の返戻率が高いのはアフラックやソニー生命、フコク生命あたりが有名です。今回販売されたニッセイ学資保険は、それらの返戻率を上回るほどの高い貯蓄性を持っています。

続きを読む

明治安田生命の学資保険

学資保険に加入するなら、なんとなくで選ぶのではなく、きちんと比較した上で選ぶことが大切です。学資保険と言っても保険会社によって特徴が異なります。

学資保険と言うと教育資金を貯めるためのものですが、ただお金が貯まるというだけでなく、保険としての機能を充実させているものもあります。たとえば育英年金や医療特約などです。

育英年金は、契約者(親)に万が一のことがあった際に年金が受け取れるものです。医療特約は、被保険者(子ども)が入院や手術をしたときに給付金が出るものです。また、被保険者(子ども)に万が一のことがあった場合の死亡保障を充実させているものもあります。

さて、明治安田生命の場合は、こうした特約は一切ついていません。それは、返戻率を高くするためです。

続きを読む

JA共済の学資保険

学資保険は、返戻率が重要です。返戻率とは、支払った保険料にたいして返ってくる保険料の割合のことです。

学資保険には育英年金や医療特約など保障が充実しているものもありますが、人気があるのはそうした特約がついていないシンプルなものです。

というのも、特約がついているとその分の特約保険料がかかってくるので、返戻率が下がるのです。もちろん返戻率は下がっても保障が大きくなるのですから損をするわけではないのですが、学資保険はシンプルに貯蓄機能だけでいい、という人が多いんですよ。

返戻率の高い学資保険というとアフラックやソニー生命、フコク生命あたりが人気で、2013年4月に販売された日本生命の新しい学資保険も返戻率が高く人気が出そうです。

続きを読む

フコク生命の学資保険

学資保険を選ぶときには「返戻率」が重視されることが多いです。返戻率とは支払った保険料に対していくら返ってくるか、という割合のことです。返戻率が高いほどお得、ということですね。

学資保険には育英年金や医療特約などがついているものもありますが、そういった特約がついていると保険としての機能が充実している分保険料は高くなり、返戻率が下がります。

特約がついているものが必ずしも悪いというわけではないのですが、貯蓄性を重視して、保険は別で備えたい、という場合は返戻率重視で選べば良いですよ。

さて、フコク生命の学資保険は返戻率が高くて人気があります。フコク生命の学資保険の特徴は、2つのプランから選べることです。

続きを読む

ソニー生命の学資保険

学資保険の中でも根強い人気をもつソニー生命の学資保険。商品名も「学資保険」と非常にシンプルです。

学資保険は、子どもの教育資金を準備するために加入するものです。学資保険の中には、契約者(親)に万が一のことがあった場合に育英年金が受け取れるものや、お子さんが入院や手術をしたときに給付金が受けとれるものもあります。

保障と貯蓄を兼ね備えているので安心感はありますが、「保険と貯蓄は分けるべき」ということはよく言われます。特に保険やお金の知識があまりない人にとっては、一つの保険にあれもこれもといろんな機能がついていてはややこしくて本当にお得なのか分かりません。また、何か起こったときにも給付金が出るとは知らずに請求漏れになる心配もあります。

ソニー生命の学資保険は教育資金を貯めるだけ、というシンプルな保険です。余計な特約がついていないために返戻率も高いです。

続きを読む

アフラックの学資保険はこんな保険

学資保険の中でも人気があるのが、返戻率の高いものです。学資保険は教育資金という大切なお金を準備するためのものですから、確実に貯められて、かつ利息がたくさんつく方が良いですよね。

生命保険では「利息がつく」ということはありませんが、保険料があらかじめ「予定利率」によって割り引かれています。
ですから、支払った保険料に対してどれぐらいの学資金が返ってくるか、というのは重要なポイントになります。

学資保険の中には育英年金や医療特約などの保険としての機能も充実させたものがありますが、その分の保険料が上乗せされているのでそれだけ返戻率は下がってしまいます。

人気があるのは、そうした特約などがついておらず、シンプルに貯蓄機能を充実させた返戻率の高いものです。その中でも人気の、アフラックの学資保険について紹介しましょう。

アフラックの学資保険は「アフラックの夢みるこどもの学資保険」という商品になります。

続きを読む