収入保障保険ってどんな保険?

収入保障保険は定期保険の一種で、万一のときの死亡保険金を年金形式で受け取ることのできる生命保険です。保険料が安いというメリットがありますが、どのように利用するのが良いのでしょうか?またどのようなデメリットがあるのでしょうか?生命保険の死亡保障はどのように考えるのが良いのかの参考になる内容となっています。
自分が万が一のときに、残された家族が困らないように収入保障保険も選択肢の一つに入れてみてはいかがでしょうか。

定期保険に加入するなら「逓減定期保険」か「収入保障保険」を選ぶべきです!!

定期保険は生命保険のうち、死亡保険といわれる保険の一種です。では、定期保険はどういう人に向いている保険なのでしょうか?

一定期間だけ保障が必要な人におすすめの保険

生命保険は、ライフステージに応じて保障内容を変えていく必要があります。定期保険は、その中でも子育て中の人にこそ必要な保険だと言えます。

定期保険は、その名の通り保険の期間が定められていて、期間内に死亡すれば保険金が支払われ、期間内に死亡しなかった場合は何も保険金が支払われません。いわゆる「掛け捨て」の保険となります。

  • 期間内に死亡しなければ保険金が支払われない
  • 掛け捨てになる

といったことはデメリットのように思われるかもしれません。「それなら、確実に保険金が受け取れる保険に入りたい」「掛け捨てでない保険がいい」と思う人が多いんですよね。

でも、確実に保険金が受け取れて掛け捨てでない保険というのは、無駄が多い保険なんです。

続きを読む

定期保険よりも、収入保障保険の方が保険料が安い理由

生命保険にはいろんな種類がありますよね。その中でも、死亡保障をするための保険が終身保険・定期保険です。ところが最近は、それだけでなく「収入保障保険」というものも出てきました。収入保障保険は終身保険や定期保険よりも割安なのが特徴ですが、安い分損をしていることはないのでしょうか?

死亡保険それぞれの違いとは

【終身保険】
終身保険は、保障が一生続く保険のことです。保険料の支払いは60~65歳ぐらいで終わるのが一般的ですが、保険料の払い込みが終わったあとも保障は一生続くので、いつ亡くなっても保険金が受け取れます。人はいつか必ず死にますから、確実に保険金を受け取れる保険と言ってもいいでしょう。

ただ、確実に保険金を受け取れるということは、保険料も高くなる、ということです。保険料を総額100万円しか支払っていないのに、1000万円もの保険金を払っていたら保険会社は倒産してしまいますよね。終身保険の保険料は普通に貯蓄するのと同じぐらいになっていて、900万円程度払って1000万円受け取れる、というレベルのものですから、あまり高額な終身保険を契約する人は多くありません。

【定期保険】
定期保険は、終身保険とは違って一定期間のみを保障する保険です。終身保険とは対照的に、保険料が安いのも魅力です。その代り、一定期間内に死亡しなかった場合には当然保険金を受け取ることはできず、解約返戻金もほとんどない「掛け捨て」の保険です。

定期保険は、「子供が成人するまでのあいだ」など、大きな保障が一時的に必要な人にとって便利な保険なんですよ。保険料も、1000万円の保険なら2千円弱で契約できます。(保険料は年齢によって違います)

【収入保障保険】
収入保障保険は、定期保険の一種です。定期保険と同じように一定期間のみを保障するのが目的です。定期保険と違うのは、保険金の受け取り方です。

終身保険や定期保険であれば、「1000万円」「3000万円」というように保険金を決めますが、収入保障保険の場合は「月額5万円」「月額10万円」というように、月額で決めます。そして、死亡時にも保険金を一括で受け取るのではなく、お給料のように毎月決まった額を受給する形になっているんです。

そのため、「自分が死んだあとの、家族の生活費を補てんする」という目的で契約されることが多い保険なんですよ。

続きを読む

収入保障保険のデメリットとは

収入保障保険とは、死亡保障を準備する上で非常に合理的な生命保険です。しかし、そんな収入保障保険にもデメリットがあります。そこで、ここでは収入保障保険に加入する際に知っておきたい、収入保障保険のデメリットを紹介しましょう!

収入保障保険は掛け捨てです

生命保険には、掛け捨てタイプのものと積立タイプのものがあります。掛け捨てタイプの場合は、保険の支払事由に該当しない限りは保険金を受け取ることも、保険料が返ってくることもありません。つまり、収入保障保険に加入していても、死亡することが無いまま保障期間が終了すれば、支払った保険料は丸々損になる、というわけです。

ただ、同じ金額の保障を積立タイプで用意するのは現実的ではありません。積立タイプは確実に保険金や給付金が受け取れる保険のことですが、この場合は保険料が何倍にも膨れ上がるので、とても支払っていけない金額になってしまいます。

掛け捨ての保険は「安い保険料で大きな保障を得られる」のがメリットです。大きな保障を持つための収入保障保険は、掛け捨てでも決して無駄ではありません。

続きを読む

死亡保障は終身保険と収入保障保険で備える!

死亡保障としては、どのような保険に入っていますか?

あなたの保険がもし、一つの保険に死亡保障も医療保障もごちゃまぜについているのであれば、その保険は見直しをした方が良いかもしれません。

生命保険は、ひとつの保険にあれもこれもとたくさんの保障をつけてしまうと保障内容が分かりにくくなるだけでなく、その後の見直しなどがしづらい非常に使い勝手の悪い保険になってしまうので、できればそれぞれの保障は別々の保険としてもっておくのがおすすめです。

別々の保険にするってどういうこと?

別々の保険というのは、保険証券が1枚ではなく、保障内容に合わせて何枚もある、ということです。

生命保険の契約内容をみるとすでにたくさんの保障内容が書かれているので「わたしはこんなにたくさんの保険に入っています」と思われるかもしれませんが、それらの保障はすべて一つの保険証券、一つの証券番号の保険になっていませんか?
それが、一つの保険に死亡保障も医療保障もごちゃまぜについている状態です。

別々の保険で備えると言うのは、つまり「終身保険」「医療保険」といったそれぞれが独立して存在しているということです。

別々になっているということは「終身保険はA生命」「医療保険はB生命」というように保険会社が違っていても良いのです。このように保険を保障内容に応じて分けることで、よりニーズに合った商品選びが可能になり、また、その後見直しの時期がきたときにも「終身保険はそのままで医療保険は新しい保険に入りなおそう」といった自由度の高い見直しができるようになります。

もしこれが一つの保険にあれもこれも保障が入っているものであれば、見直しをするときにはそのままにしておきた終身保険にまで手を加えなければならなくなってしまいます。

続きを読む

死亡保障はどのように準備すべきか

死亡保障というのは、まずはライフプランを立て、ライフプランをもとにキャッシュフロー表を作成した上で、決定するのが理想です。

必要保障額を知るには、万が一のことが起こった場合のキャッシュフロー表を作成し、必要な金額を知ることが重要です。

このとき、トータルでいくら不足するのか、ということをもとに必要保障額を決定するのが基本ですが、それだけでは十分ではありません。

キャッシュフロー表は、年単位での収支が分かるようになっていますが、プラスになっている年もあれば、マイナスになっている年もあるはずです。

生命保険というと、死亡時に一括で3000万とか5000万とか受け取るイメージがありますが、はっきり言って、一括でそれだけのお金が必要でしょうか?

続きを読む

生命保険の死亡保障の考え方まとめ

生命保険というのは、いろいろな保障をしてくれます。

死亡したとき、入院したとき、手術をしたとき、通院したとき、がんになったとき、生活習慣病になったとき、など……。

その中で、最も基本となる保障は、死亡保障です。もともと、生命保険というのは、死亡時に、遺族にお金を支払うのが目的で作られました。

葬儀代や遺族の今後の生活資金を準備するものです。

生命保険自体は昔からありますが、現代においても、葬儀代と遺族の今後の生活資金を準備する、という基本的な意味合いは変わっていません。

生命保険というのはいろんな保障がついているために分かりにくくなっていますが、生命保険を考える時には保障の内容ごとに考えて、検討していく必要があります。

続きを読む

わたしが死んだら、家族にはいくら残せばいい?死亡保障の考え方

生命保険というのは、そもそも、死亡した時のお葬式代を保障するものでした。まだ、生命保険という言葉なんてない時代、17世紀のイギリスで、生命保険のルーツとも言われる制度がありました。
それは、イギリスの牧師さんたちが考えたものです。

「普段からみんなでお金を積み立てておいて、誰かが死んだら、みんなで積み立てておいたお金でお葬式をやろう。」こんな制度でした。

今では、お葬式代だけではなく、残された家族の生活費なども、生命保険で準備するようになりましたね。

お葬式自体は、飲食接待費などを含めて、200~250万円程度が平均だと言われています。ですが、実際に自分の保険を確認すると、3000万円とか5000万円とかになっていませんか?

続きを読む