がん保険

日本人の死因の第1位がガンですから、ガンにかかる人も多いということになります。ガンの治療にはお金がかかります。入院や手術、場合によっては先進医療を受けることになるかもしれません。
ガンに備えてがん保険に加入しておくと費用の面では安心です。がん保険も各社様々な商品を出しているので保障内容などを比較して、納得いくプランを選びましょう。
このカテゴリではガンと診断されたら必要になるお金のことや、おすすめのがん保険、がん保険に加入する際の注意点などについてまとめています。

がん保険で重視すべきは入院給付金よりも一時金!

がん保険にはさまざまな保障内容がついていますが、がん保険を選ぶ際に大切なのは、「診断一時金」です。今回は、がん保険の診断一時金についてお話ししたいと思います。

がん保険の主な保障内容

  • 入院給付金
    がんで入院した場合に、入院日数に応じて給付金が受け取れます。通常の医療保険と違って限度日数はなく、無制限で出るタイプが多いですよ。
  • 手術給付金
    がんで手術した場合に、手術給付金が受け取れます。金額は1回につき5~40万円程度で、保健会社によって異なります。また、手術給付金が無いタイプのがん保険もあります。
  • 診断一時金
    がんだと診断された場合に、一時金として一括でまとまった金額を受け取ることができます。金額は100~300万円のものが主流です。

続きを読む

がん保険に入るなら終身タイプ!更新型のデメリットに気を付けよう

がん保険と言っても保険会社によっていろんな種類があります。がん保険に入った方がいいと思っている人も、どれを得選べばいいのか分からないのではありませんか?

更新型のがん保険に要注意!

がん保険には、終身タイプと定期タイプの2種類があります。終身タイプは、解約しない限り保障が一生続く保険です。一方、定期タイプは「10年間」などと、期間が決まっています。

このような定期タイプのがん保険の多くは、期間が満了しても更新することが可能です。しかし、更新型のがん保険には落とし穴があるんです。

まず、更新型のがん保険だと、更新するたびに保険料が上がってしまいます。これは、更新時の年齢で保険料を計算し直すためで、若いうちは安い保険料で加入できても、その後更新するたびに保険料は上がり、当初の10倍にまで保険料が膨らんでしまう、ということもあるんです。はじめは2千円程度の保険料でがん保険に加入していても、60歳、70歳になるころには保険料が2万円近くになるかもしれませんよ。

さらに、更新型の場合は「更新できない」というデメリットもあります。定期タイプのがん保険の中には更新できないタイプのものもありますし、更新できるとしても「80歳まで」と年齢制限があったりして、それ以降は無保険状態になってしまうのです。

続きを読む

がんになったとき、お金はいくらあれば足りるのか?

あなたは、がん保険に加入していますか?がん保険はテレビでもさかんにCMをしていますが、まだ加入していないという人も多いのではないでしょうか。

健康保険や医療保険だけではまかなえないのか?

日本では、「国民皆保険」と言って、全員が何かしらの健康保険に加入することが義務づけられています。会社員の人は会社の健康保険に、自営業やフリーターの人は国民健康保険に加入していますね。健康保険に加入していれば、医療費のうち7割は保険から支払われるので、実際に支払うのは3割分だけです。

さらに、入院や手術で高額な医療費がかかった場合には高額療養費という制度を使うことによって、1か月あたりの負担額を10万円程度にまで抑えることができます。

そして、それでも医療費の支払に困る場合や仕事を休んだときの収入減を補う必要がある場合には医療保険を使うことによって、給付金を受け取ることができます。

これだけ、公的な保険と民間の保険が充実しているのに、さらにガン保険に加入する意味はあるのでしょうか?

続きを読む

ガンを想定しているならがん保険に加入

がん保険に加入する人は、増えてきていますね。がん保険というのは、どういう保障をしてもらえるのでしょうか。

生命保険についている医療特約や、医療保険でも、ガンになれば給付金は受け取れます。それなのに、さらにがん保険にはいる必要はあるのか、疑問に思っている人も多いと思います。

ガンというのは、昔は「不治の病」と言われ、治療費も非常に高くなるものでした。現代では、2人に1人がガンになる、と言われています。そして、不治の病ではなく、治る病気になってきました。

ガンに罹る確率自体は、非常に高いと言えますね、ただ、ガンに罹る年齢というのはほとんどが高齢になってからで、若くしてガンになる確率と言うのは低いです。また、ガンにかかると、どれぐらいの治療費がかかるものなのでしょうか?

続きを読む