お葬式にかかる費用、どうすれば抑えられる?

生命保険への加入は、医療費がかかったときの出費を保障する医療保険や年金生活に入ってからの生活費を支える年金保険などさまざまな種類がありますが、死亡した際にかかる費用を保障してくれるのが、死亡保険と言われるものです。

では、死亡保険はいくらぐらいのものに加入しておけばいいのでしょうか?一般的には200~300万円の保険に加入しておくべきだと言われていますが、お葬式にかかる費用を抑えれば、高額な死亡保険に加入する必要もなくなりますよね。

続きを読む

生命保険はこうして比較する

生命保険を選ぶときには、比較することが重要です。

なんとなく有名な保険会社に資料請求をして、提案されたプランをそのまま契約する、というのは避けましょう。

生命保険というのはオーダーメイドで作るものです。家族構成や年収、望む生活水準、今後の人生設計などによって、必要な保障は十人十色だからです。

そこで、生命保険を選ぶときに必要な比較のポイントをおさえておきましょう。

まず、比較する時には同じ種類の保険である、ということが大前提です。保険会社に見積もりをお願いすると一つの保険にあれもこれもとたくさんの特約がついていますが、そうした特約の有無に差があると正確な比較ができません。終身保険、定期保険、といった種類ごとに比較しなければいけません。

続きを読む

掛け捨ての保険が一番!?

生命保険にはいろいろな商品があります。生命保険の世帯加入率は8割程度ですから、日本人のほとんどの人がなにかしらの生命保険に入っている、と考えても良いでしょう。でも最近は、若者の「保険離れ」が起きている、と言われています。

それはなぜでしょうか?

理由は、収入が少なく、保険料を支払う余裕がない、というものが大半ではないでしょうか。また、「必要性を感じない」ということも言えるでしょう。たしかに生命保険は、必ず入った方が良い、というものではありません。十分な貯蓄があったり、独身で親の資産が十分にある、という場合は生命保険に頼らなくても大丈夫です。

ただ、実際には生命保険が必要なのに加入していない、という人も多いんです。「生命保険なんて入ってもそうそう病気になることなんて無いんだからもったいない」という意見が多いんですね。

生命保険の保険料が高い、というのは、実はなんとなくのイメージで思っている人も多いので、実際にどれぐらいの保険料が必要になるのか、ということを知っておく必要があるでしょう。

続きを読む

保険を使えるようになる日の「責任開始日」

生命保険の契約をしたとき、保障はいつからはじまるのでしょうか?普通に考えれば、契約したその日から保障されるような気がしますよね。

でも、実はそうとも限らないんです。生命保険の保障が始まるには、いくつかの条件をクリアしてからになります。

生命保険の保障が始まり、保険を使えるようになる日のことを「責任開始日」と言います。

責任開始日は、

・申込
・告知、診査
・第1回保険料の払い込み

この3つが揃ったときに、保障が開始します。通常、申し込みは1番はじめにするものですから、「告知・診査」「第1回保険料の払い込み」のいずれか遅い方の日が責任開始日となります。

続きを読む

未成年で結婚した10代の若い親でも保険に入れるの?

日本では晩婚化が進んでいますが、若いうちに結婚する人も多いですよね。10代で結婚すると、まだお給料が少なくてやりくりが大変だったり、周りから偏見の目で見られたりと、苦労も多いと思います。

でも、若くても、しっかり将来を考えている人も多いですよね。10代で結婚して、子どもが生まれて、将来のことを考えたときに、「学資保険に入った方がいいんじゃないかな?」「生命保険はどうしたらいいのかな?」と思われると思います。

ただ、一般的に、未成年では「契約」というものはできないはず。親の同意があればできるのか、そもそも10代でも保険に入れるのか?

分からないことがたくさんあると思います。

続きを読む

生命保険はオーダーメイドで選ぶべき

生命保険というのは、「オーダーメイド」であるべきです。保険会社には、あらかじめ必要になりそうな保障がセットになった商品もあります。

たとえば日本生命なら「みらいのカタチ」、明治安田生命なら「ライフアカウントL.A.」などの商品名がありますよね。でも、これらはただ名前がついているだけで、組み合わせ方によっては保障内容が変わりますし、商品名にこだわる必要はありません。

生命保険を選ぶときには、どのような保障が必要で、どれぐらいの保険料で、ということを考えながら、一人ひとりに合った保障を作っていく必要があります。

自分に必要な保障を確保しようとする場合には、保険会社を一つにまとめなければいけないわけではありません。

一昔前の保険と言えば、一つの保険にすべての保障がついているものでした。

続きを読む

保険会社が倒産してしまったら保障はどうなるの?

生命保険は、万が一の保障をしてくれるもの。入院や手術をしたときの医療保障、死亡したときの死亡保障などがありますよね。

もし今自分が死んでしまったら、残された家族はどれぐらい困るでしょうか?一家の大黒柱であれば、残された家族は生活していけるものでしょうか?

遺族年金もあるので最低限の生活には困らないかもしれませんが、もらえる年金額は人によって違います。もし、遺族年金でも足りない、貯蓄もあまりない、ということであれば、その不足分を生命保険で補うことができます。

ですから、万が一の際にはきちんと役目を果たしてもらわなければいけません。もし、保険会社が経営破たんしてしまったら、今契約している保険はどうなってしまうのでしょうか。

生命保険会社も、潰れてしまうことはあります。過去に経営破たんした会社は、記憶に新しいところでは2008年の大和生命。それから、東京生命、協栄生命、千代田生命、大正生命、東邦生命など、いくつもの保険会社が破たんしています。

続きを読む

生命保険が難しい理由を分かりやすく解説

「生命保険は難しい!」と思っている人が多いと思います。
たしかに、生命保険って専門用語も多いですし、種類もたくさんあってよく分からなくなってしまいます。

でも、実は生命保険自体は非常にシンプル。難しいのは、「一人ひとりに合わせた保障を作ること」なんです。

一人ひとり必要な保障が違うのはなぜ?

男性が着るスーツは、やっぱりオーダーメイドの方がいいなぁと思います。既製品だと「肩は合ってるけど丈が長い」とか「全体的にいい感じだけど襟の形が微妙」とか、合わない部分が多いですよね。Tシャツでもスカートでも体型によって既製品では微妙に合わないことが多いですが、スーツの場合は特に顕著です。既製品でぴったいのものが無ければ、絶対オーダーメイドの方がいいです。

続きを読む

みんなは生命保険の保険料をどれぐらい払ってる?

生命保険の保険料と言うのは、相場というものがありません。保険会社の商品にはいろんなものがありますが、その内容は人それぞれ違います。

家族構成や収入、貯蓄状況や、万が一の場合への考え方によって必要な保障が変わってくるのが生命保険です。

それでも、他の人がどれぐらいの保険に入っているのか、気になりますよね。「もしかしてうち、保険入りすぎ?」「保障が足りていないかも?」

他の人がどれぐらいの保険料を支払っているのかが分かれば、なんとなく目安になりそうな気がしてきます。そこで、ここでは一般的に、どれぐらいの保険料を支払っているものなのか確認してみましょう。

続きを読む