生命保険料控除について

生命保険控除についてまとめたカテゴリになります。
生命保険や年金保険に加入している人は生命保険控除という特典があります。年末の確定申告の時に申告の手続きをすれば所得税から控除される制度です。支払った保険料が控除されるかどうかは加入している保険会社から送付される証明書で確認することができます。この証明書捨てずに大切に保管しておいてください。今まで生命保険控除を知らずに損をしてきているかも・・・。知って得する情報が満載です。

「生命保険料控除証明書」は捨てないで

book02

今年も、生命保険料控除証明書が届きましたね。

さて、毎年秋になると保険会社から送られてくる生命保険料控除証明書、いったいどういうものなのかご存じでしょうか?

もしかしたら、よく分からない明細のようなものだと思って捨ててしまっていませんか?

生命保険料控除証明書は大切な書類です!

捨てたりせずに、なくさないようにちゃんと保管しておきましょう!

今回は、生命保険料控除証明書がいったい何なのか?ということについてお話ししたいと思います。

続きを読む

生命保険料控除、共働き世帯はどうする?

生命保険料控除、あなたはちゃんと申告しましたか? 年末調整の際に保険料控除証明書を添付することで所得税が若干安くなりますが、共働き夫婦の場合は、やり方次第でもっとお得になるんです。

生命保険料控除とは?

生命保険に加入すると、毎月保険料を支払います。1年間の保険料にすると、10万~20万円程度になることも珍しくありません。この保険料の金額に応じて、所得税が少し安くなるのが生命保険料控除です毎年10月ごろになると保険会社から生命保険料控除証明書が送付され、それを年末調整の書類に添付するだけで手続きできます。

たとえば、支払った保険料が年間10万円だとしたら、その半分の5万円(平成24年以降に契約した保険の場合は4万円)を所得から控除することができます。所得が4~5万円低くなるということは、それだけ所得税も安くなります。安くなる所得税は所得によって違いますが、所得税率が10%の人であれば4,000~5,000円安くなるんですよ。

また、所得税だけでなく、翌年の住民税にも適用されるので、住民税も同様に安くなります。

続きを読む

生命保険料控除を使いたいなら加入するべき保険はこの3つ

113-620x411

生命保険に加入している人は多いと思いますが、生命保険料控除のことをしっかり理解している人はほとんどいないのではないでしょうか?

あなたは、生命保険料控除がどういうものであるか、説明できますか?

生命保険料控除とは、簡単に言えば「生命保険料を支払った金額に応じて所得税が軽減される」というものです。

「保険料の一部が返ってくる」というものではないので間違えないようにしてくださいね。

生命保険料控除が使える保険はこの3つ

生命保険料控除は、3つに分けることができます。
それが、

・生命保険料控除
・個人年金保険料控除
・介護保険料控除

です。
ですから、普通の終身保険や医療保険のような生命保険の他、「個人年金保険」「介護保険」に加入している場合は控除対象となります。

それぞれ控除できる金額が決まっているので、しっかり申告しておきましょう。

続きを読む

生命保険料控除を共働き家庭で最大限活用する方法

年末が近づくと、会社から年末調整の書類をもらいますよね。このとき、生命保険の保険料控除の書類も一緒に提出することによって、所得税を多めに取り戻すことが可能です。

保険料控除の仕組み

会社勤めの人は、自分で所得税を納めることはありません。給料明細を見れば分かると思いますが、毎月自動的に所得税が引かれています。ただ、所得税というのは毎月の収入に応じて決まるのではなく、1年間の収入に応じて決まるものです。そのため、年末になると1年分の収入と1年間に支払った所得税を調整する必要があります。

たいてい、所得税は毎月の給料から多めに引いていますので、年末調整をすることによって払い過ぎた所得税が返還されます。

所得税がいくらかを決めるのは、収入の金額だけではありません。同じ収入の人でも、独身の人と、家族を養っている人では家計の苦しさは変わります。そのため、配偶者がいれば「配偶者控除」、子供がいれば「扶養控除」というように、その人に該当する条件に応じて所得税が安くなるような仕組みになっているんです。

続きを読む

生命保険の保険料で所得税を軽減すればお得!

139

生命保険の保険料を支払っていると、所得税が軽減されます。その仕組みを具体的に離愛できている人は少ないのではないでしょうか?ここでは、その仕組みについて、みてみましょう。

所得税というのは、所得に対してかかる税金です。お金を使うときには消費税がかかりますが、お金をもらうときにかかるのが所得税ですね。

所得には種類があって、お給料をもらっている人は「給与所得」になりますが、このほかに事業所得や利子所得、不動産所得、一時所得、雑所得などいろいろあるんですね。ここでは、給与所得について詳しく見てみましょう。

続きを読む