医療費控除について

医療費控除についてまとめたカテゴリになります。
医療費控除とは1/1~12/31の1年間支払った医療費が確定申告により所得税から控除されというものです。この確定申告は毎年年末、税務署へ申告することによって所得税から控除されます。しかし、高額医療費として支給をうけた金額については除かれます。医療費控除について最低限の豆知識が学べるサイトになっています。

給付金を受け取った際の「医療費控除」の扱いを知っておこう

医療費控除ってどういうものかご存じでしょうか?

よく聞く言葉ですが、その意味を誤解している人も多いように思います。

医療費控除とは、

1年間にかかった医療費が高額になった場合に、所得税及び住民税を軽減してもらえる制度

というものです。

わたしたちは所得に応じて所得税と住民税を支払っていますよね。
この「所得」というのは収入のことではありません。
収入に対してまるまる税金を課税するのはひどいので、家族構成などに応じて収入から必要経費を差し引き、残った金額を「課税所得」として、税金を課すわけです。

たとえば配偶者を養っていれば「配偶者控除」のように、収入から控除することによって支払う所得税などが軽減されるのですね。

その「控除」の一つが医療費控除です。

続きを読む

医療費控除の準備、できていますか?

あなたは、今年医療費控除の申告をしますか?

医療費控除とは、年間に支払った医療費の金額に応じて所得税の一部を還付してもらえるという制度です。条件を満たしている場合は申告しないと損なので、ぜひ申告の準備をしておきましょう。

医療費控除が受けられる条件は?

医療費控除が受けられる人は、年間の医療費が10万円を超えてる人です。

◎年間の医療費というのは、1月1日~12月31日までに支払った金額の合計のことを言います。

◎ここで言う医療費には、病院で支払った金額だけではなく、ドラッグストアで個人で購入した薬も対象になりますし、歯列矯正にかかった金額も対象になります。

◎生命保険の給付金が支払われた場合は、その分を差し引きます。
例:年間の医療費が15万円かかっても、生命保険の給付金で7万円受け取っていれば差引いて8万円になるので対象にならない。

高額療養費や出産育児一時金などを受け取った場合も、その分を差し引くことになります。

続きを読む

医療費控除についての最低限の知識

医療費控除という言葉を聞いたことはある、という人は多いと思います。ただ、「高額療養費制度」と混同している人も多いので、一度整理しておきましょう。

医療費控除と言うのは、医療費が安くなる制度ではありません。これは、所得税が安くなるものです。

所得税は、会社勤めの人であれば、毎月給料から天引きされて、12月になると、年末調整をして、天引きされた所得税のうちいくらかが戻ってきたりしますよね。所得税はどのように計算されるのでしょうか?

所得税は、所得に対してかけられる税金ですが、収入にたいしてまるまる税金をかけるというのはひどい話です。ですから、必要な経費に対しては、所得税はかかりません。

続きを読む