生命保険のプラン作り~子どもが生まれたばかりの山田さんの場合~

生命保険のプラン作りは、どのようにおこなわれるものでしょうか?保険会社の担当者に依頼するとプランを作ってきてくれますが、どのように作られるのかが分かれば自分でもある程度どのような商品を選べば良いかが分かりますよね。

担当者にもらった提案書を検討する際にも多少の知識があった方が、賢い選択ができるものです。そこで、ここではとある家庭の生命保険のプラン作りを見てみましょう。

続きを読む

死亡保障は終身保険と収入保障保険の2つがあれば完璧です

生命保険は入院時やがんになったときなどさまざまなシチュエーションで活躍してくれますが、もっとも重要度が高いのは死亡保障です。

医療費がかさんだ、と言ってもせいぜい数百万円ですが、死亡保障が不足すると数千万円単位でお金が足りないということが起こってきますから、何よりも先に、死亡保障をしっかり備えておく必要があります。

続きを読む

共働き家庭の奥さま、保険の見直しはお済みですか?

生命保険は定期的に見直しが必要だと言われていますが、あなたはちゃんと見直しをしていますか?放ったらかしにしているなら、もしかすると保険料を払いすぎているかもしれません。

共働き世帯の妻の保険は手厚い

妻も働いている家庭では、もし妻が仕事ができなくなったら、生活が困窮してしまう恐れがあります。そのため、妻の保険も夫並みに手厚くしている家庭は多いと思います。

特に、妻が死亡してしまった場合は大問題です。妻が死亡した場合、夫と子どもが遺されることになりますが、遺族年金がでませんでした。夫が亡くなった場合は残された家族は遺族年金を受給できますから不足分だけを生命保険で補えばよかったのですが、妻が死亡した場合は丸々生命保険で補わなければならなかったのです。

続きを読む

必要保障額シュミレーション~子どもが独立後~

生命保険は、万が一のときの保障をしてくれるものですが、一度加入すれば良いというものではなく、転職したり子どもが生まれたりと生活に変化があったときには見直すことも必要です。

生命保険に加入する時には「ライフプラン」(人生設計)を立てて、その予想のもと、いくらのお金が必要か計算しますよね。その予想と違うことが起こったときには、生命保険にも修正を加える必要があるんです。

また、今まではあまり生命保険を重視しておらず、知り合いに頼まれたりして付き合いで生命保険に加入している、という人も多いのではないでしょうか?特に昔は、付き合いでいろんな生命保険に加入している人も多かったです。

昔、成り行きで契約した生命保険が、現在の家計を圧迫していることはありませんか?また、更新の時期がきて、書類に書かれている「更新後の保険料」の額の大きさにびっくりしてしまっている人はいませんか?

続きを読む

必要保障額シュミレーション~シングルマザーの場合~

シングルマザーの場合は、生命保険はとても重要です。
特に離婚によってシングルマザーになった方や、未婚のシングルマザーなどは遺族年金もなく、自分の稼ぎだけで生活していかなければいけません。

シングルマザーの平均年収は233万円と言われています。この金額はお給料だけでなく、児童扶養手当や元夫からの養育費、親からの援助などすべての収入が合算されたものです。すべて合わせて233万円ですから、かなり少ないですよね。
しかも、子どもが2人以上いるシングルマザーも多く、日々の生活がいっぱいいっぱい、という人も多いのが現状です。

ですから、「生命保険に入る余裕なんてない!」という人も多いのではないでしょうか?
でも、お金にゆとりがない人こそ、生命保険に入るべきなのです。

続きを読む

必要保障額シュミレーション~独身の場合~

結婚したり、子どもが生まれた時に、生命保険への加入を検討する人も多いと思います。独身で生命保険に加入しちえる人って少ないですよね。

親が子供のころからかけておいてくれた生命保険がある、という人もいますが、自分の意思で生命保険に加入した、という人はあまり聞きません。

独身だから、生命保険はいらない、と思っている人や、「入ったほうがいいんだろうけどどうしたらいいのか分からない」と思いながらずるずると加入しないままの人もいると思います。

生命保険というのは、万が一のことがあった際の経済的な保障をしてくれるものです。ですから、自分が死ぬことで経済的に困る人が誰もいないのであれば、加入の必要はありません。

続きを読む

必要保障額シュミレーション~専業主婦の場合~

生命保険というのは、万が一のことがあった場合に、経済的な保障をしてくれるものです。専業主婦の場合、収入がないので生命保険は必要ないのでは?と思われるかもしれませんが、収入がなくても、生命保険が必要な場合があります。

収入がないということは、万が一のことがあっても、収入のマイナス分はないはずですよね。でも、実際には世帯収入が下がることが多いんです。さらに、支出が増えることもあるんですよ。

もし、専業主婦に万が一のことがあれば、旦那さんが子どもを育てていくことになります。今まで残業や休日出勤をしていたとしても、子どもを育てながら働こうと思うと残業ができなくなったり、転職を余儀なくされることもあり、収入は減ってしまいます。また、仕事を続けながら子どもを育てるには、子どもを保育所に預けたり、ベビーシッターを雇ったりと支出も増えます。

続きを読む

必要保障額シュミレーション~大黒柱である父親編~

生命保険がもっとも必要だとされるのは、一家の大黒柱の人です。

一般的な家庭であれば、「お父さん」の保険ですね。また、ひとり親家庭の「シングルマザー」「シングルファザー」の生命保険も重要です。

家計の担い手である人が亡くなってしまったり、病気などで仕事を休まなければならなくなれば、家計にかかる負担も大きくなります。

ここでは一般的な、「お父さん」の生命保険の考え方を見てみましょう。

続きを読む