シングルマザー(母子家庭)の遺族年金!私が死んだら子供の生活はどうなる?

シングルマザー(母子家庭)は責任重大です。

子どもの親は母親一人ですし、責任を持って子どもを育てていかなくてはなりません。

仕事はもちろん、家事もやらなくてはなりませんし、子どもとの時間も十分に確保しなければならず、とても忙しいですよね。

でも、シングルマザーの方はこんなことを考えることはありませんか?

私が死んだら子供の生活はどうなる?

そう、子どもの親はあなただけ。
あなたの両親や兄弟が子どもの養育をしてくれることはあると思いますが、お金はどうすれば良いのでしょうか?

ご実家に十分な資産がある、というのならまだしも、そこまでのゆとりがなければ子どもに十分な教育を受けさせることは難しいですし、実家にも多大な負担をかけてしまうことになります。

そこで今回は、シングルマザーに万が一のことがあり死亡してしまった場合、お金はどうなるのか、ということについてお話ししたいと思います。

続きを読む

「万が一」への備え、していますか?生命保険以外の備えも考えてみよう

みなさんは、「万が一」への備えがきちんとできていますか?

生命保険に加入している人は多いと思いますが、万が一のことが起こったときに、生命保険だけで十分な備えになっているのでしょうか?

今回は、ありとあらゆる「万が一」への経済的な備えについてお話ししたいと思います!

自分に関する「万が一」

自分が死亡した際の備え

自分が死亡したとき、残された家族は経済的に困ることはないでしょうか?
死亡時の備えは生命保険で準備している人が多いと思いますが、改めて、今契約している保険が本当に充分な金額なのか、確認してみると良いでしょう。

続きを読む

30代の女性の保険を考える!ワーキングマザーの場合

働くお母さん、お疲れ様です!

そんなわたしも働くお母さんです!

毎日忙しいです!!

生命保険の見直しなんかしてる暇ありません!

って、それは言いすぎました、すみません。

でも、実際そういう人が多い気がしてなりません。

「保険は大事だってわかってるけど、忙しくてそんな暇ないわよ!!」って。

そこで、手っ取り早くワーキングマザーに必要な保険を解説したいと思いますので、サクッとお付き合いくださいませ♪

続きを読む

30代の女性の保険を考える!専業主婦の場合

「今入ってる保険、このままで大丈夫かな?」

生命保険に関しては、誰もがこのような不安を持っているのではないでしょうか。

まず、生命保険というのは一人ひとりに合わせた設計が必要です。

「おすすめの保険は?」

「口コミで人気の保険は?」

そういったことはすべて重要ではありません。

今回は、30代の女性の保険を考えるシリーズ(と勝手に題して)ということで、専業主婦の保険について考えてみたいと思います!

続きを読む

「ダンナはちゃんと管理できる?」 ワーキングマザーにおすすめの死亡保険

もし、自分が死んでしまったら……。そんなことは考えたくありませんが、万が一のことが起こったとき、遺族が困るのはもっと嫌ですよね。ワーキングマザーに万が一のことがあった場合は夫が子どもを育てていくことになりますが、「自分の小遣いもすぐに使っちゃうようなダンナが、ちゃんとお金のやりくりをできるんだろうか?」と心配になってしまいませんか?

そこで、ここではワーキングマザーにおすすめの死亡保険の入り方を紹介します。

夫に対する不安……

共働き夫婦でも、「妻が家計を管理して、小遣い制にしている」というところは多いです。しかし、普段妻が家計を管理している場合、夫のお金の使い方に対して不安を持っている女性が多いのも事実です。

一生懸命家計をやりくりしているのに、夫はそのことを知ってか知らずかすぐに小遣いを使ってしまい、小遣いの追加や値上げを要求してくる……。後輩に見栄を張っておごる。よく分からない、無駄なものを買ってくる。
などなど、いろんな不安があるかと思います。

万が一自分が死んでしまったら、夫はちゃんと家計の管理をしてくれるのでしょうか?

夫の収入だけで十分生活していける状態でも、それはあなたが管理しているからであって、あなたがいなくなれば夫だけで管理はできなくなるかもしれません。

また妻がいなくなることによって夫は家事や育児も両立させなければならなくなりますが、現実には不可能であることが多いので、シッターさんを雇ったり、外食が増えたりして出費は確実に増えるということも理解しておかなくてはなりません。

続きを読む

妊娠前?出産後?女性が生命保険に加入するタイミング

結婚すると、「生命保険に加入した方がいいのかな」と真剣に生命保険のことを考える人が多いと思います。また、すでに生命保険に加入していた人も、結婚を機に保険の見直しを考えるのが普通ですよね。

ただ、女性の場合は結婚後に妊娠することもあります。では、生命保険への加入や見直しは、妊娠前か出産後、どのタイミングが適切なのでしょうか?

ベストは妊娠前!

生命保険は、なるべく早く加入するのがおすすめです。

◎若い方が保険料が安い
生命保険は、年齢によって保険料が変わります。若い人の方が保険料が安く、高齢になると若いころの2~3倍の保険料になることも珍しくありません。1歳でも若いうちに加入しておくことで、保険料を安く抑えることができます。

◎早い方が健康である可能性が高い
生きていると、病気をすることだってあります。しかし、病気によっては生命保険に入れなくなってしまったり、保障の範囲が狭くなってしまうこともあります。筆者も、今の保険に加入する前に急性腸炎で入院したことがあり、胃腸に関する病気は2年間保障されないという条件がつきました。急性腸炎のような軽い病気でも、生命保険の加入時には問題になってしまいます。今後何があるか分からないのですから、早く加入しておいた方が確実です。

続きを読む

妻がフルタイムで働いていても、夫の生命保険は必要?

最近は共働き夫婦が多くなっていますが、働き方が変わると、必要な保険も変わってきます。では、妻もフルタイムで働く共働き世帯の場合、夫の生命保険は必要なのでしょうか?

従来の「専業主婦家庭モデル」との違い

保険会社のパンフレットなどに載っているモデルプランは、たいてい「会社員の夫と専業主婦の妻」の組み合わせです。妻が専業主婦の場合、夫に万が一のことがあった場合には大きな保障が必要になります。子どもがいれば、妻と子どもがお金に困らないようにしなければなりませんよね。子どもがまだ2歳だとしたら、大学を卒業する22歳までの20年間分は、少なくとも生活していけるようにしておく必要があります。遺族年金だけでは到底足りませんから、3000万円とか4000万といった高額の生命保険が必要になります。

一方、妻がフルタイムで働いている場合には、そんな保障は必要ありません。妻の収入が十分にあれば、遺族年金と合わせればちゃんと生活していけて、子どもの進学費用も準備できるでしょう。

この場合、夫の死亡保障は不要、といことになります。医療保障は必要になるケースが多いですが、死亡保障についてはまったく不要になるか、もしくは必要だとしてもほんの少しでいい、ということになるのです。

続きを読む

シングルマザー(母子家庭)のおすすめ生命保険

生命保険に加入しようと思っていろいろ調べていても、モデルプランとして紹介されているのってパターンが決まっていますよね。
具体的には、「30歳ぐらいで小さい子どもがいる男性」というものです。そしてたいていは配偶者は専業主婦だったりして、「イマドキそんな家庭多くないでしょ」と感じている人も多いかと思います。

最近では共働きの家庭も多いのにあえて配偶者を専業主婦にしているのは、やはり夫になにかあった場合、専業主婦の配偶者がいる方が大きな保障が必要になるからではないでしょうか。
共働き世帯であれば、必要な保険の金額も小さくなりますし、また、妻の稼ぎが多ければそもそも生命保険が必要ない場合もあります。それでは保険は売れないので、モデルプランでは「専業主婦の妻と小さな子どもがいる30歳ぐらいの男性」のケースが取り上げられやすいのです。

でも、現在、日本の離婚率がどれぐらいか知っていますか?
現在は4組に1組ができちゃった婚(授かり婚)だと言われていますが、離婚するのは3組に1組だそうです。かなり多いですよね。

そして子どもがいる場合は、母親が引き取ることが多いと思います。父親が子供を引き取るケースはかなり珍しいです。

そこで、ここではシングルマザーの生命保険について考えてみたいと思います。

続きを読む

ワーキングマザーは生命保険に入るべき?

最近、働くママも増えてきました。生命保険のパンフレットを見ていると、妻が専業主婦のケースが定番で、実際に勧められる生命保険も、夫のものに比べると保障が少なく保険料もリーズナブルなものであることが多いようです。

では、妻が働いている場合、妻の生命保険はどういったものに加入するのがいいのでしょうか? また、そもそも生命保険に加入する必要はあるのでしょうか?

ワーキングマザーに必要な保障とは?

生命保険への加入を考える時には、保険の種類を選ぶのではなく、先に自分にとって、どのようなときにどんな保障が必要になるのかを整理することが大切です。

保障は死亡保障・医療保障・介護保障・老後保障といった種類がありますが、特に生命保険で重要となる死亡保障と医療保障について考えてみます。

ワーキングマザーの死亡保障

まず、死亡保障について考えてみましょう。死亡保障とは、死亡した場合に保険金が支払われる保険のことです。生命保険のメインとなる機能でもあります。

ワーキングマザーが死亡した場合に、遺族が経済的に困るかどうかを考える必要があります。たとえば、夫の収入だけで生活できていて、妻は自分の小遣いと携帯代程度を稼いでいる、という場合は、妻に死亡保障がなくても、遺族が困ることはないかもしれません。ある程度の貯蓄があれば、お葬式代も貯蓄から出すことができますね。

一方、妻の収入で生活を支えている場合は、妻の分の収入が途絶えることで、遺族の生活が困窮してしまいます。妻以外の家族が生活していくために30万円程度必要な家庭で夫の収入が25万円だとしたら、毎月5万は足りなくなるわけですから、その5万円を生命保険によって補てんしていく必要がありますよね。また、お葬式代に関しても、貯蓄がぜんぜんないという家庭の場合はお葬式代になるぐらいの死亡保障があった方がいいでしょう。

続きを読む