必要な保障の考え方基本とは?

必要な保障の考え方基本について説明したカテゴリになります。
必要な保障とは?生命保険を見直していくのに基本的な考え方の情報を集めました。万が一の時に必要な保障額を一度シュミレーションして見ることをオススメします。医療保険は必要以上に備えすぎないということがポイントです。必要保障額を計算して保険加入の目安にしましょう。

「万が一」への備え、していますか?生命保険以外の備えも考えてみよう

みなさんは、「万が一」への備えがきちんとできていますか?

生命保険に加入している人は多いと思いますが、万が一のことが起こったときに、生命保険だけで十分な備えになっているのでしょうか?

今回は、ありとあらゆる「万が一」への経済的な備えについてお話ししたいと思います!

自分に関する「万が一」

自分が死亡した際の備え

自分が死亡したとき、残された家族は経済的に困ることはないでしょうか?
死亡時の備えは生命保険で準備している人が多いと思いますが、改めて、今契約している保険が本当に充分な金額なのか、確認してみると良いでしょう。

続きを読む

死亡保障は終身保険と収入保障保険の2つがあれば完璧です

生命保険は入院時やがんになったときなどさまざまなシチュエーションで活躍してくれますが、もっとも重要度が高いのは死亡保障です。

医療費がかさんだ、と言ってもせいぜい数百万円ですが、死亡保障が不足すると数千万円単位でお金が足りないということが起こってきますから、何よりも先に、死亡保障をしっかり備えておく必要があります。

続きを読む

必要保障額シュミレーション~子どもが独立後~

生命保険は、万が一のときの保障をしてくれるものですが、一度加入すれば良いというものではなく、転職したり子どもが生まれたりと生活に変化があったときには見直すことも必要です。

生命保険に加入する時には「ライフプラン」(人生設計)を立てて、その予想のもと、いくらのお金が必要か計算しますよね。その予想と違うことが起こったときには、生命保険にも修正を加える必要があるんです。

また、今まではあまり生命保険を重視しておらず、知り合いに頼まれたりして付き合いで生命保険に加入している、という人も多いのではないでしょうか?特に昔は、付き合いでいろんな生命保険に加入している人も多かったです。

昔、成り行きで契約した生命保険が、現在の家計を圧迫していることはありませんか?また、更新の時期がきて、書類に書かれている「更新後の保険料」の額の大きさにびっくりしてしまっている人はいませんか?

続きを読む

必要保障額シュミレーション~専業主婦の場合~

生命保険というのは、万が一のことがあった場合に、経済的な保障をしてくれるものです。専業主婦の場合、収入がないので生命保険は必要ないのでは?と思われるかもしれませんが、収入がなくても、生命保険が必要な場合があります。

収入がないということは、万が一のことがあっても、収入のマイナス分はないはずですよね。でも、実際には世帯収入が下がることが多いんです。さらに、支出が増えることもあるんですよ。

もし、専業主婦に万が一のことがあれば、旦那さんが子どもを育てていくことになります。今まで残業や休日出勤をしていたとしても、子どもを育てながら働こうと思うと残業ができなくなったり、転職を余儀なくされることもあり、収入は減ってしまいます。また、仕事を続けながら子どもを育てるには、子どもを保育所に預けたり、ベビーシッターを雇ったりと支出も増えます。

続きを読む

必要保障額シュミレーション~大黒柱である父親編~

生命保険がもっとも必要だとされるのは、一家の大黒柱の人です。

一般的な家庭であれば、「お父さん」の保険ですね。また、ひとり親家庭の「シングルマザー」「シングルファザー」の生命保険も重要です。

家計の担い手である人が亡くなってしまったり、病気などで仕事を休まなければならなくなれば、家計にかかる負担も大きくなります。

ここでは一般的な、「お父さん」の生命保険の考え方を見てみましょう。

続きを読む

生命保険のシュミレーションはけっこう複雑!

生命保険に入るときには、自分にはどのような保障が必要なのか、ということを考えなければいけません。ネットで自分で商品を設計するときに、アバウトに「モデルプランと一緒ぐらいでいいかな」なんていう設計をしてしまうと、いざというときに役に立たないものになってしまうかもしれません。

そこで、生命保険に加入する前には、必要保障額のシュミレーションをしてみましょう。もし、自分が死んでしまったり、病気やケガをしてしまったら?

たとえば、死亡保障がどれぐらい必要か、ということを調べるは、以下のように考えます。自分が家計を支えている場合は、残された家族が、自分が死んだ後にどれぐらいのお金が必要になるのか?家賃、生活費、子どもの教育費など、今後家計にかかってくる支出がいくらになるのか計算します。

続きを読む

万一の際の死亡保障はいくら必要?

生命保険というのは、入院したときや手術をしたときの保障、がんになったときの保障、要介護状態になったときの保障などいろんな保障がありますが、もともとは「死んだ時」の保障でした。

一家の大黒柱が亡くなってしまった場合は、家族の生活はどうなってしまうのか、あまり考えたくないものですよね。

でも、考えたくないからと言ってきちんと準備していなければ、本当に万が一のことが起こってしまった場合に残された家族が生活に困ってしまうこともあるんです。

生命保険を契約しようとするときには、いくらぐらいの保障があればいいのか、生命保険会社のモデルプランなどを見て、相場を知ろうとする人が多いです。

続きを読む