シングルマザーの生命保険について

シングルマザーの生命保険について説明したカテゴリになります。
母子家庭では生命保険に加入できるほど金銭的に余裕がないという人が多くいるのではないでしょうか?しかし自分に万が一のことがあった場合の事を考え、保険料が安くて保障がそれなりにある保険なら掛けれるかも・・・。病気がわかってからでは保険は入りにくくなります。安い掛け金の保険でもいいので遺族年金で足りない分を生命保険で補えるよう備えておくことをおすすめします。

シングルマザーが再婚したときには必ず生命保険の見直しを

シングルマザーが再婚したとき、生命保険も見直しが必要です。家族構成が変わると、必要な保障も当然変わってくるものですよね。特に再婚後は保障を減らして保険料を安くできることもあるので、忘れず見直しをしてくださいね!

必要保障額を見なおそう

生命保険には医療保障や死亡保障などいろいろな保障内容がありますが、特に重要なのが死亡保障です。シングルマザーが再婚した場合には、この死亡保障を減らすことが可能です。

シングルマザーの場合は自分に万が一のことがあったときのことを考えて子供が生活していけるだけのお金をたくさん遺す必要がありますが、再婚した場合は夫がいるので、そこまで多くのお金を残す必要がない場合も多いのです。

夫が普通に働いていればそれなりに収入はありますから、場合によっては特に死亡保障がなくても、夫の収入だけで子供を養っていくこともできるかもしれません。その場合には、今契約している死亡保障の生命保険は解約しても差し支えありません。

また、そこまで多い収入でなくても、夫の収入で不足する分だけを生命保険で準備すればいいので、必要保障額はかなり減るでしょう。たとえば、シングルマザーのときに3000万円程度の死亡保障を用意していたとしても、夫の収入である程度まかなえる場合は1000万円程度の保障で十分、というように必要な保障は変わるので、今契約している生命保険を減額したり、もしくは別の生命保険に乗り換えてもいいでしょう。

続きを読む

シングルマザーになるときには必ず生命保険の見直しを!

生命保険は、一人ひとりに合わせて設計する必要があります。年代や性別が同じなら保険の内容も同じ、ということはまったくありませんし、保険会社のホームページに掲載されているモデルプラン通りに契約したからと言って安心はできません。そこで今回は、シングルマザーになる際に必要な生命保険について、お話ししたいと思います。

離婚後には生命保険の見直しを!

シングルマザーは貧困率が高く、「生命保険なんて入る余裕はない!」という人も多いのですが、そういう人にこそ、生命保険は必要だってご存じでしょうか?

お金にゆとりが無い生活をしていると、万が一ケガや病気などで出費がかさんだときに生活が立ち行かなくなってしまいますよね。日々の生活にゆとりがなくても、少しでもいいので生命保険には加入しておくべきです。

また、結婚中から生命保険に入っていたとしても、その保険が十分な保障内容になっていないこともあります。シングルマザーになると必要な保障も変わってくるので、かならず見直しをしておきましょう。

続きを読む

シングルマザーの生命保険、いくらあったら安心できる?

book18

母子家庭では、生命保険に加入するゆとりはない!という人も多いものです。

生命保険は民間の保険会社が販売しているものですし、任意で加入すれば良いものですから、たしかに加入しなければならないわけではありません。
でも、母子家庭の場合はたいていは生命保険が必要です。

生命保険の保険料はそこまで高くないものもありますし、必要経費として家計をやりくりしてみてください。

遺族年金の受給は可能です

一般的な家庭の場合、夫が亡くなったら妻が遺族年金を受給できますよね。
母子家庭の場合は、母親が亡くなれば、子供が遺族年金を受給できます。

ただ注意したいのは、過去1年以内に未納があると受給できないということです。

シングルマザーの場合はパート、アルバイトなど非正規雇用の人が多いですよね。そして、社会保険には未加入の場合が多く、その場合は国民年金に加入しています。
国民年金の保険料が高いからと言って滞納していませんか?

国民年金には免除制度もありますから、支払いが難しい場合は放置せずにかならず免除申請をおこないましょう。
免除されていれば、国民年金保険料を支払っていなくても、未納の扱いにはなりません。

また、遺族年金の受給ができるのは、子供が18歳になるまでです。
つまり、大学に行かせてやりたいと思っていても、遺族年金の受給は18歳で終わってしまうので、その後の生活費については生命保険で備えておく必要があります。

続きを読む

経済的に実家に頼れないシングルマザーは、生命保険に入るべき

book01

シングルマザーの中には、実家に頼ることなく、元夫から養育費をもらうことなくがんばっている人もたくさんいます。

そういう人の場合、生命保険は手厚くしておくのがおすすめです。

というのも、自分に万が一のことがあったとき、子供が生活していけなくなってしまう可能性があるからです。

続きを読む

シングルマザー(母子家庭)の遺族年金!私が死んだら子供の生活はどうなる?

ID1863

シングルマザー(母子家庭)は責任重大です。

子どもの親は母親一人ですし、責任を持って子どもを育てていかなくてはなりません。

仕事はもちろん、家事もやらなくてはなりませんし、子どもとの時間も十分に確保しなければならず、とても忙しいですよね。

でも、シングルマザーの方はこんなことを考えることはありませんか?

私が死んだら子供の生活はどうなる?

そう、子どもの親はあなただけ。
あなたの両親や兄弟が子どもの養育をしてくれることはあると思いますが、お金はどうすれば良いのでしょうか?

ご実家に十分な資産がある、というのならまだしも、そこまでのゆとりがなければ子どもに十分な教育を受けさせることは難しいですし、実家にも多大な負担をかけてしまうことになります。

そこで今回は、シングルマザーに万が一のことがあり死亡してしまった場合、お金はどうなるのか、ということについてお話ししたいと思います。

続きを読む

シングルマザー(母子家庭)のおすすめ生命保険

49-620x413

生命保険に加入しようと思っていろいろ調べていても、モデルプランとして紹介されているのってパターンが決まっていますよね。
具体的には、「30歳ぐらいで小さい子どもがいる男性」というものです。そしてたいていは配偶者は専業主婦だったりして、「イマドキそんな家庭多くないでしょ」と感じている人も多いかと思います。

最近では共働きの家庭も多いのにあえて配偶者を専業主婦にしているのは、やはり夫になにかあった場合、専業主婦の配偶者がいる方が大きな保障が必要になるからではないでしょうか。
共働き世帯であれば、必要な保険の金額も小さくなりますし、また、妻の稼ぎが多ければそもそも生命保険が必要ない場合もあります。それでは保険は売れないので、モデルプランでは「専業主婦の妻と小さな子どもがいる30歳ぐらいの男性」のケースが取り上げられやすいのです。

でも、現在、日本の離婚率がどれぐらいか知っていますか?
現在は4組に1組ができちゃった婚(授かり婚)だと言われていますが、離婚するのは3組に1組だそうです。かなり多いですよね。

そして子どもがいる場合は、母親が引き取ることが多いと思います。父親が子供を引き取るケースはかなり珍しいです。

そこで、ここではシングルマザーの生命保険について考えてみたいと思います。

■今月のシングルマザー注目記事はこちら■
シングルマザーにおすすめの生命保険のプランを相談してきました

続きを読む

必要保障額シュミレーション~シングルマザーの場合~

150

シングルマザーの場合は、生命保険はとても重要です。
特に離婚によってシングルマザーになった方や、未婚のシングルマザーなどは遺族年金もなく、自分の稼ぎだけで生活していかなければいけません。

シングルマザーの平均年収は233万円と言われています。この金額はお給料だけでなく、児童扶養手当や元夫からの養育費、親からの援助などすべての収入が合算されたものです。すべて合わせて233万円ですから、かなり少ないですよね。
しかも、子どもが2人以上いるシングルマザーも多く、日々の生活がいっぱいいっぱい、という人も多いのが現状です。

ですから、「生命保険に入る余裕なんてない!」という人も多いのではないでしょうか?
でも、お金にゆとりがない人こそ、生命保険に入るべきなのです。

続きを読む