契約者貸付制度について知っておくべきこと

契約している生命保険の解約返戻金を担保にして、保険会社からお金を借りることができます。これを「契約者貸付制度」と言います。
急にお金が必要になったときにお金を借りることができて便利と思うかもしれませんが、この制度を利用するには注意すべきこともあり、安易に利用すべきではありません。
契約者貸付制度の利用の仕方、利用するときに注意すること、利息についてなどをまとめたカテゴリです。
まとまったお金が必要になったときのために読んでおくことをおすすめします!

契約者貸付を利用するなら要注意!「複利」の仕組みを知っておこう

契約者貸付とは、生命保険を契約している人が、その生命保険の解約返戻金を担保にしてお金を借りることができる、という制度です。キャッシングやカードローンを利用するよりも低い利率でお金を借りることができるので、急にお金が必要になったときに利用するのはおすすめです。

しかし、契約者貸付を利用する際には注意しなければならないことがあるんです。

「複利」に注意!

契約者貸付も、一般的な他の借金と同様に、借りたお金に対して利息がかかります。利率自体は低いので手軽に借りようとしてしまう人も多いのですが、気軽な気持ちで借りてなかなか返済しないと、利息がどんどん増えていくかもしれません。

なぜなら、契約者貸付の利息は複利計算だからです。

利息の計算方法には、「単利」と「複利」の2種類があります。キャッシングを利用した場合などの利息は「単利」計算になっていますが、契約者貸付の場合は「複利」計算なんです。

複利と言うのは、ついた利息に対しても、さらに利息がかかる、という仕組みです。例を挙げてみていきましょう。

100万円を5%の利率で借りたとします。すると、1年で5万円の利息がつく、ということですね。ここは、単利も複利も変わりません。

このまま何も返済せずにいた場合、単利の場合は2年目も5万円の利息が付くことになります。

一方複利の場合、2年目は元金100万円+1年目の利息5万円=105万円に対して利息がかかります。2年目の利息は5.25万円です。このように計算していくと、単利と複利ではこのように差がついていきます。

【10年後の利息】

  • 単利の場合……50万円
  • 複利の場合……62.8891万円

100万円を5%の利率で借りた場合、10年間で13万円近く、利息の金額が変わってきます。

複利の方が利息が多くつくので貯蓄をする際には複利計算の方が有利になりますが、借入の場合は大きく損になってしまう、という問題があります。

続きを読む

契約者貸付制度はこんな使い方も

契約者貸付制度は、生命保険に加入している人でも、あまりなじみがない人が多いと思います。

契約者貸付制度とは保険を担保にしてお金を借りるようなもので、お金に困ることがなければ縁のないものですよね。

でも、契約者貸付制度には、こんな使い方もあるってご存じでしたか?

とある終身保険(保険金額400万円)で、75歳の時に解約返戻金が250万円ほどあったとします。

自分が死亡した際には400万円も要らないし、200万円あれば十分だろう、ということで、200万円減額したとします。

続きを読む

契約者貸付制度を利用する時は計画的に

契約者貸付制度というのは、自分が契約している保険の解約返戻金の一定範囲内で貸付が受けられる制度です。

この貸付は審査なしで利用することができて、しかも低金利で借りられるので、キャッシングなどを利用することに比べたらかなり利用しやすいものとなっています。

さらに契約者貸付の場合は、返済期限というものはなく、自分のペースで返済していけるのもポイントです。

ただ、契約者貸付を利用する際にも、くれぐれも計画的に利用するようにしましょう。

続きを読む

契約者貸付を借りたら、利息はどれぐらいかかるの?

生命保険には「契約者貸付制度」というものがあります。

これは契約している生命保険の解約返戻金の一定範囲内で貸付が受けられるというもので、要は「保険を担保にしてお金を借りる」というようなものです。

定期預金でも、預金を担保にして自動で貸付が受けられますが、同じようなものです。

契約者貸付制度を利用すれば、低金利でお金が借りられるので、失業したときなど、生活が苦しいときにはとても助かります。

でも、貸付である以上は低金利とは言え利息がかかるので、借入をするときには注意が必要です。では、契約者貸付をかりた場合、利息はいくらぐらいかかるのでしょうか?

続きを読む

保険を担保にお金を借りる契約者貸付

契約者貸し付けと言う制度があるのをご存じでしょうか。生命保険を契約していると、保険を担保にお金を借りることができる、というものです。

どういう仕組みなのか、ここで紹介しましょう。

生命保険を解約する時には「解約返戻金」が戻ってきます。

解約返戻金の金額は支払った保険料と同じではなく、手数料に当たる部分が引かれているので払った金額よりは少なくなっています。ただ払込期間が満了した後の契約であれば解約返戻金が総払込保険料を上回ることもあります。

さて、どうしても保険料の支払いが厳しい、生活が厳しい、という場合に、保険の解約を考えることになります。でも、解約してしまえばいざというときの保障はなくなってしまいますし、解約返戻金が総払込保険料を下回っていれば損をします。

続きを読む