健康保険の保障内容~高額療養費~

健康保険は、病院に行ったときの費用が、実際の医療費の3割だけになる、というものですよね。

歯医者に行くとか、風邪で病院に行く程度なら問題ないのですが、入院したり手術になって医療費がかさんでしまうと、たとえ3割負担で良いとは言え、かなり大きな負担になってしまいます。

たとえば入院して手術をして、100万円かかったとしたら、3割負担なら30万円です。1か月分のお給料をすべて払ってもまだ足りない、という人も多いと思います。

でも、実は医療費はそんなに高額にはなりません。それは、高額療養費の制度があるからです。

高額療養費制度とは、医療費が高額になったときでも、限度額を超える金額は払い戻される、というものです。

続きを読む

健康保険の保障内容を理解する~傷病手当~

生命保険には、必ず入っておいた方がいい……。そうとは限りません。

気になりだすと何が何でも入りたくなってくるものですが、その前に、本当に生命保険が必要なのかを考えることは大切です。

そのためには、公的な保障制度を理解しておきましょう。公的保障の中でもお世話になることが多いのが健康保険です。

ここでは、傷病手当がどういうものなのか、あらためて見てみましょう。

続きを読む

ケガや病気は甘くない!高額療養費の具体的数値例

病気やケガをして治療費が高額になってしまったときに備えて、医療保険に加入している人も多いと思います。一方、「高額療養費せいどがあるから医療費はそんなにかからない」と言う人もいます。

では、高額療養費制度とは何でしょうか?医療費の話になるとよく聞く言葉ですよね。

高額療養費制度とは、医療費が高額になったときに、医療費を安くしてくれるものです。どのようなときに、どれぐらい安くなるのか、気になるところですよね。

これは、健康保険による制度なので、健康保険が適用になっている部分だけが対象です。医療費の中でも、食費や差額ベッド代などは、健康保険の適用はありません。診察代や検査代、薬代などが、健康保険の対象になっていて、3割負担の人が多いと思います。

続きを読む

日本の健康保険制度は素晴らしい!?

海外旅行に行った先で病院に行くと、治療費は何百万円もかかることがある、というのはご存じですよね。ですから、海外旅行に行く時には「海外旅行障害保険」には必ず加入するべきです。

たとえばアメリカで盲腸の手術を受けた場合は、200万円以上の治療費がかかるんです。一方、日本で同じように盲腸の手術を受けたとしても、たいていは10万円ほどで済みます。

なぜ、こんなにも治療費の差があるのか?それは、日本の健康保険制度ののおかげなんです。

日本では、会社員の人なら会社の健康保険に、自営業の方などは国民健康保険に加入することが義務付けられています。「国民皆保険」というものですね。

続きを読む