健康保険と国民健康保険について

健康保険と国民健康保険についてについてまとめたカテゴリになります。
健康保険に加入していると市町村によっていろいろな補助がうけれたり給付金がもらえたりします。やはり、1番高額な給付金制度といえば出産育児一時金ではないでしょうか。子供を出産するのって結構お金がかるんですよね~。家計の負担を考えるととっても助かる制度です。給付金をうけるには手続きが必要になりますのでお忘れなく!
会社での健康保険を脱会した後は1週間以内に国民健康保険の手続きが必要になります。

健康保険の保障内容~出産手当~

199

出産のときには「出産育児一時金」がもらえますが、それ以外にも「出産手当金」がもらえる人がいます。

出産育児一時金は健康保険に加入していればすべての人が対象となりますが、出産手当金の場合は健康保険に加入している働くお母さんのみが給付されます。

具体的には「勤務先の健康保険に加入していて、退職せずに産後も働き続けるお母さん」が対象です。ですから、出産を機に退職する場合は対象になりませんし、働いていても、国民健康保険に加入している人も給付は受けられません。

また、この出産手当がもらえるのは、健康保険に1年以上加入していることが条件です。

「傷病手当」と同じような感じです。傷病手当も、国民健康保険の場合は給付されませんし、給付される金額の計算方法も同じなんですよ。

続きを読む

健康保険の保障内容~葬祭費・埋葬料~

198

健康保険に加入している人が亡くなったとき、葬祭費・埋葬料が受け取れます。国民健康保険に加入している場合は「葬祭費」が給付され、自治体によって金額が異なりますが、1~7万円となっています。

会社の健康保険に加入している人の場合は「埋葬料(費」)」が給付され、一律5万円です。

健康保険の被保険者が受給できるほか、被扶養者であっても給付が受けられるようになっていて、通常は遺族が手続きをします。ただ、埋葬料を受け取れる人がいない場合は、実際に埋葬をおこなった人が受け取れることになっています。

埋葬・葬祭の対象となるのは、霊きゅう車代、火葬料、僧侶への謝礼、霊前供物代などです。

続きを読む

健康保険の保障内容~出産育児一時金~

196

日本の健康保険制度では、実際にかかった医療費を支払うのではなく、たいていの人は3割負担分を支払うだけですよね。
でも、健康保険制度の機能はそれだけではありません。

出産すると受け取ることができる、「出産育児一時金」というものがあります。これは、子どもを一人出産するごとに42万円が給付されるものです。ですから、もし双子なら2人分で84万円が受け取れる、ということになります。

妊娠から出産までは、本来ならとてもお金がかかります。というのも、妊娠自体は病気ではないため、健康保険の給付対象にはならないのです。ですからかかった医療費がそのまま請求されることになります。

妊婦健診には1回数千円、検査の内容によっては2万円以上の医療費がかかります。そして、出産となると入院費もかかりますし、全額自己負担となると50万円以上かかることも珍しくはありません。

でも、出産経験のある方でも、これだけの金額を負担した覚えはないと思います。

続きを読む

健康保険の保障内容を理解する~傷病手当~

195

生命保険には、必ず入っておいた方がいい……。そうとは限りません。

気になりだすと何が何でも入りたくなってくるものですが、その前に、本当に生命保険が必要なのかを考えることは大切です。

そのためには、公的な保障制度を理解しておきましょう。公的保障の中でもお世話になることが多いのが健康保険です。

ここでは、傷病手当がどういうものなのか、あらためて見てみましょう。

続きを読む

日本の健康保険制度は素晴らしい!?

194

海外旅行に行った先で病院に行くと、治療費は何百万円もかかることがある、というのはご存じですよね。ですから、海外旅行に行く時には「海外旅行障害保険」には必ず加入するべきです。

たとえばアメリカで盲腸の手術を受けた場合は、200万円以上の治療費がかかるんです。一方、日本で同じように盲腸の手術を受けたとしても、たいていは10万円ほどで済みます。

なぜ、こんなにも治療費の差があるのか?それは、日本の健康保険制度ののおかげなんです。

日本では、会社員の人なら会社の健康保険に、自営業の方などは国民健康保険に加入することが義務付けられています。「国民皆保険」というものですね。

続きを読む