保険料の節約は慎重に

節約のために、保険料の安い保険に乗り換えようとしていませんか?

でもちょっと待てください。

保険の見直しをすることは大切なことです。
無駄な保険料を払わないようにするというのも大切なことです。

でも、本当に必要な保障を見極めて、最低限の保障をもつにはどのようにすれば良いのかご存じでしょうか?

ただ保険料を減らしたいからと言って保障内容を削れば、万が一のときに何にも役立たない保険になってしまう可能性もあります。

ですから、保険料を節約したい人は、
なにを削るべきなのか
なにを残すべきなのか

ということを知っておかなくてはなりません。

保険料の節約方法は2つ!

生命保険の保険料を節約するには、2つの方法があります。

一つは、無駄な保障を省くことです。
もう一つは、同じ保障でより安い保険会社に乗り換えることです。

ここでは、具体的にどのようにして節約していくのか、それぞれの方法について解説します。

必要な保障を知ろう!

無駄な保障を省くには、まず、自分にどんな保障が必要なのかを考えます。

必要な保障を考える上では、

・種類
・金額
・期間

この3種類の項目を考えます。

まず必要な保障の「種類」。
保障内容には、

・死亡保障
・医療保障
・老後、介護保障

といったものがあります。
死亡保障は、「死んだときにお金がもらえる保険」
医療保障は、「入院や手術をしたときにお金がもらえる保険」
老後、介護保障は「老後資金を貯められる保険、要介護状態になったらお金がもらえる保険」
です。

商品としては、こういったものです。

・死亡保障→終身保険、定期保険、収入保障保険
・医療保障→医療保険、がん保険
・老後、介護保障→個人年金保険、介護保険

上記の保険の中で、自分に必要な商品を選んでみましょう。
子どもがいる人なら、収入保障保険、医療保険は必須です。また、教育費を準備したいのであれば学資保険に入ると思いますが、これはあくまでも貯蓄ですから、「保険料」とは考えずに節約の対象からは外しましょう。子どもがいない人で、自分に万が一のことがあっても経済的な面でそこまで迷惑をかけることがないなら医療保険だけで良いと思います。

ここで、「お葬式代として終身保険に加入してるけど、これは要らないの?」と思われるかもしれませんね。たしかにあった方が良いものなのですが、保険料を節約したいと思うなら、勇気を持って切り捨ててください。
「お葬式代」と言いますが、香典である程度は賄えるものですし、お金が無いならないなりに格安なお葬式にすれば良いのです。豪華なお葬式をやるために、生きているときの生活を切り詰めるなんてナンセンスだと思いませんか?
今加入している終身保険は解約して解約返戻金を受け取るか、払い済み保険にしてしまうという方法がありますが、どちらが良いかは契約時期などによって変わってくるので担当者に聞いてみてくださいね。
次に、必要な「金額」についてです。

続きを読む

解約返戻金の範囲内で保険料を立て替える自動振替貸付制度

生命保険には、契約している保険を担保にして、解約返戻金の一定範囲内でお金が借りられる契約者貸付制度というものがあります。一時的に生活が苦しくなったときなどには、とてもありがたい制度です。

契約者貸付制度を利用する際には審査などは不要で、解約返戻金の貸付枠があればいつでも借りることができます。

一方、「自動振替貸付制度」というものもあるのは、ご存じでしょうか。

自動振替貸付制度とは、保険料の引落ができず、払込の猶予期間も過ぎても払込がなかった場合に、解約返戻金の範囲内で保険料を立て替えてもらえる制度です。

生命保険というのは、保険料を支払わなければ効力がなくなってしまいます。

続きを読む

保険料を抑えたい!最低限入っておくべき保険は?

日本では生命保険への加入率が高く、大半の人がなんらかの保険に加入しているものです。

でも、生命保険ってけっこう家計の負担になっていますよね。保険会社の担当者に言われるがままに契約したものの保険料の負担が大きく、また、必要性も感じられないために解約しようか迷っている人も多いと思います。

また、結婚したり子どもが生まれたりして保険に入らなければと思いつつも、家計にゆとりがないために加入をためらっている人も多いと思います。

ただ、生命保険というのは、家計にゆとりがない人こそ加入するべきものです。十分な資産を持っている人なら、生命保険に入らなくてもそうそう困りませんよね。医療費やお葬式代ぐらい、自分の貯蓄でまかなえます。

でも家計にゆとりがない場合は貯蓄もほとんどなく(もしくはまったくなく)、万が一のことがあったらどうしようもありません。

低所得層の場合は高額療養費の限度額が低くなっていたり、医療費控除の適用額も増えるものの、それだけでは対処できないケースも多いことでしょう。

そこで、ここでは保険料をちょっとでも抑えつつ、最低限入っておくべき保険を紹介します。

続きを読む

生命保険のクーリングオフ制度

「クーリングオフ」という言葉は、聞いたことがありますよね。

訪問販売などで、契約してしまったけれど、やっぱり辞めたい、という場合に、契約をなかったことにできる制度のことです。たとえば、よくあるのが高額な布団などを買わされるような悪徳商法。

突然家に営業マンがやってきて、「この布団はこんなにすごいんですよ」「ご近所でも買われた方がいますよ」などと言われて、話がうまい営業マンだったので、買ってもいいかな、と思い契約してしまった。

でも、よく考えるとどう考えても高いし、今使ってる布団を打ち直ししてもらったらまだまだ使えるし、やっぱりいらない!と思うことがあります。

このように、自分の意志で、自ら積極的に買ったのではないような契約の場合には、契約者側が一方的に契約を解除できる、というのがクーリングオフです。もちろん悪徳商法でなくても、クーリングオフが適用される契約にはいろいろあります。

続きを読む

クレジット対応している保険会社と対応していない保険会社があるのはなぜ?

生命保険の保険料の支払いは、銀行口座からの引落が一般的です。でも、もし生命保険の保険料をクレジットカードで支払うことができればうれしくないですか?

クレジットカードならポイントが付く!

クレジットカードで支払をすると、ポイントが貯まります。筆者も普段から買い物や光熱費の支払などカード払いできるものはすべてカード払いにしていますが、クレジットカードのポイントはバカにできません。

毎月10万円をカード払いにしていれば、還元率1%のカードなら毎月1,000円分のポイントがつきます。1年で12,000円です。これが毎月20万円になれば、24,000円。預貯金の利息と比べても、かなりたくさんのポイントが還元されることが分かります。

続きを読む

保険料の支払いに困ったときの対処法まとめ

生命保険料の支払いが難しいというときには、その状況に合わせた対処法を選ばなくてはなりません。状況に合わない対処法を選んでしまうと後悔してしまうことになるので、どの対処法を選ぶべきなのか、しっかり見極めましょう。

対処法は、一時的にお金に困っている場合の対処法と、長期的にお金に困る可能性がある場合の対処法に分けることができます。

一時的にお金に困っている場合の対処法

一時的にお金に困っている場合というのは、転職したときなどです。一時的に無収入になってお金に困っているけれど、来月・再来月には次の仕事の給料が入ってくることが確定している、というようなケース。もしくは、大きな買い物をして一時的に家計にゆとりがなくなった、というような場合も該当します。

続きを読む

生命保険も乗り換えでお得に!そのとき気を付けるべきこととは

生命保険の保険料は、家計を圧迫してしまうこともあります。あなたも、必要以上にたくさんの保険に加入しているせいで保険料が高くなっていませんか?

保険料を節約するためにも、保険の見直しはとても大切です。

生命保険も乗り換えで節約になる!

生命保険を販売している保険会社は、何十社もあります。保険会社によって商品の内容は少しずつ異なりますが、今の保険を別の保険会社で契約した方が得になる場合もあります。

たとえば同じような終身保険でも、同じ金額・同じ金額で契約しても保険会社によって保険料はことなります。また、保険会社によって「最低500万円以上」など保障金額が定められているものですが、もともと300万円の保障で十分な人であれば500万円の保険を契約しているともったいないですから、最低300万円からでも契約できる保険会社に乗り換えた方が保険料の節約になりますね。

続きを読む

保険料の支払いを減らしたい!真っ先に削ってもいい保険はどれ?

生命保険の保険料って、けっこう高いですよね。月々の金額もさることながら、年間で考えればかなりの費用になってしまいます。

そこで、「保険料を抑えるために、いらない保険を解約しよう!」と考えるわけですが、安易に保険を解約すると必要な保障まで削ってしまい、万が一のことが起こった時に後悔しかねません。

真っ先にすべきなのは全体的な見直し!

「いらない保険を探す」と言うよりも、まずは全体的に、無駄な部分が無いかを点検するのが先です。保険の種類自体は必要なものばかりでも、金額が多すぎたり、付いている特約がムダなものだったりすることが多いです。

自分で点検しても要らないものは判断しにくいので、プロにチェックしてもらうことをおすすめします。プロの目で見てもらえばムダな部分がはっきりと分かりますよ。ただ、点検してもらうのであれば、契約時に担当してもらった人ではなく、別の人に依頼することです。

続きを読む

無料プレゼントに騙されないで!損な保険を避けるには

保険ショップや保険会社で、プレゼントをもらったことはありませんか?
アンケートに答えるだけでプレゼントがもらえる、といったものですが、タダで何かをもらえたとしても、損をしている可能性があります。

「アンケートに答えるだけ!」などカンタンな条件をクリアするだけで、無料でもらえるプレゼント。でも、その代償は大きいのです。「タダほど高いものはない」というのは本当なんですね。

続きを読む

月額払いだけじゃない!保険料の支払い方法のパターン

保険料は、月々銀行口座から引かれている人がほとんどですが、支払い方法はそれだけではありません。

支払回数や支払経路が選べるので、どんな支払方法があるのかみてみましょう。

まずは支払い回数についてです。

生命保険の保険料は、「月払い」がもっとも一般的です。でもそれ以外に、「半年払い」「年払い」「前納」「一時払」があります。半年払というのは、6か月分の保険料を半年に1回支払うもの。

年払いというのは、1年分の保険料を1年に1回支払うもの。前納は、あらかじめまとまった金額を保険会社に預けておいて、それを保険料に充当してもらうこと。

一時払は、一括払いのこと。となっています。

続きを読む