クレジット対応している保険会社と対応していない保険会社があるのはなぜ?

生命保険の保険料の支払いは、銀行口座からの引落が一般的です。でも、もし生命保険の保険料をクレジットカードで支払うことができればうれしくないですか?

クレジットカードならポイントが付く!

クレジットカードで支払をすると、ポイントが貯まります。筆者も普段から買い物や光熱費の支払などカード払いできるものはすべてカード払いにしていますが、クレジットカードのポイントはバカにできません。

毎月10万円をカード払いにしていれば、還元率1%のカードなら毎月1,000円分のポイントがつきます。1年で12,000円です。これが毎月20万円になれば、24,000円。預貯金の利息と比べても、かなりたくさんのポイントが還元されることが分かります。

続きを読む

保険料の支払いに困ったときの対処法まとめ

生命保険料の支払いが難しいというときには、その状況に合わせた対処法を選ばなくてはなりません。状況に合わない対処法を選んでしまうと後悔してしまうことになるので、どの対処法を選ぶべきなのか、しっかり見極めましょう。

対処法は、一時的にお金に困っている場合の対処法と、長期的にお金に困る可能性がある場合の対処法に分けることができます。

一時的にお金に困っている場合の対処法

一時的にお金に困っている場合というのは、転職したときなどです。一時的に無収入になってお金に困っているけれど、来月・再来月には次の仕事の給料が入ってくることが確定している、というようなケース。もしくは、大きな買い物をして一時的に家計にゆとりがなくなった、というような場合も該当します。

続きを読む

生命保険も乗り換えでお得に!そのとき気を付けるべきこととは

生命保険の保険料は、家計を圧迫してしまうこともあります。あなたも、必要以上にたくさんの保険に加入しているせいで保険料が高くなっていませんか?

保険料を節約するためにも、保険の見直しはとても大切です。

生命保険も乗り換えで節約になる!

生命保険を販売している保険会社は、何十社もあります。保険会社によって商品の内容は少しずつ異なりますが、今の保険を別の保険会社で契約した方が得になる場合もあります。

たとえば同じような終身保険でも、同じ金額・同じ金額で契約しても保険会社によって保険料はことなります。また、保険会社によって「最低500万円以上」など保障金額が定められているものですが、もともと300万円の保障で十分な人であれば500万円の保険を契約しているともったいないですから、最低300万円からでも契約できる保険会社に乗り換えた方が保険料の節約になりますね。

続きを読む

保険料の支払いを減らしたい!真っ先に削ってもいい保険はどれ?

生命保険の保険料って、けっこう高いですよね。月々の金額もさることながら、年間で考えればかなりの費用になってしまいます。

そこで、「保険料を抑えるために、いらない保険を解約しよう!」と考えるわけですが、安易に保険を解約すると必要な保障まで削ってしまい、万が一のことが起こった時に後悔しかねません。

真っ先にすべきなのは全体的な見直し!

「いらない保険を探す」と言うよりも、まずは全体的に、無駄な部分が無いかを点検するのが先です。保険の種類自体は必要なものばかりでも、金額が多すぎたり、付いている特約がムダなものだったりすることが多いです。

自分で点検しても要らないものは判断しにくいので、プロにチェックしてもらうことをおすすめします。プロの目で見てもらえばムダな部分がはっきりと分かりますよ。ただ、点検してもらうのであれば、契約時に担当してもらった人ではなく、別の人に依頼することです。

続きを読む

無料プレゼントに騙されないで!損な保険を避けるには

保険ショップや保険会社で、プレゼントをもらったことはありませんか?
アンケートに答えるだけでプレゼントがもらえる、といったものですが、タダで何かをもらえたとしても、損をしている可能性があります。

「アンケートに答えるだけ!」などカンタンな条件をクリアするだけで、無料でもらえるプレゼント。でも、その代償は大きいのです。「タダほど高いものはない」というのは本当なんですね。

続きを読む

月額払いだけじゃない!保険料の支払い方法のパターン

保険料は、月々銀行口座から引かれている人がほとんどですが、支払い方法はそれだけではありません。

支払回数や支払経路が選べるので、どんな支払方法があるのかみてみましょう。

まずは支払い回数についてです。

生命保険の保険料は、「月払い」がもっとも一般的です。でもそれ以外に、「半年払い」「年払い」「前納」「一時払」があります。半年払というのは、6か月分の保険料を半年に1回支払うもの。

年払いというのは、1年分の保険料を1年に1回支払うもの。前納は、あらかじめまとまった金額を保険会社に預けておいて、それを保険料に充当してもらうこと。

一時払は、一括払いのこと。となっています。

続きを読む

定期保険に解約返戻金がないワケ

定期保険と言うのは、安い保険料で大きな保障が得られるのが魅力です。ただ、定期保険は、途中で解約したとしてもほとんど解約返戻金がありません。

それもそのはず、定期保険で支払う保険料のほとんどは、誰かの保険金として支払われる仕組みになっているからです。(厳密に言うと、保険金支払いに充てられる純保険料のほかに、保険会社が使う経費としての付加保険料も含まれています)

終身保険であれば、いつか必ず保険金を支払わなければならないものですから、いつかくる支払のために保険料を貯めておく必要があります。

続きを読む