死亡保障はどのように準備すべきか

死亡保障というのは、まずはライフプランを立て、ライフプランをもとにキャッシュフロー表を作成した上で、決定するのが理想です。

必要保障額を知るには、万が一のことが起こった場合のキャッシュフロー表を作成し、必要な金額を知ることが重要です。

このとき、トータルでいくら不足するのか、ということをもとに必要保障額を決定するのが基本ですが、それだけでは十分ではありません。

キャッシュフロー表は、年単位での収支が分かるようになっていますが、プラスになっている年もあれば、マイナスになっている年もあるはずです。

生命保険というと、死亡時に一括で3000万とか5000万とか受け取るイメージがありますが、はっきり言って、一括でそれだけのお金が必要でしょうか?

実際には、何十年分の生活費を補てんしたり、子どもの進学資金が必要なときだけ、あればいいわけですよね。

それなら、生活費用に毎月5万円ずつ受け取れるとか、子どもの進学のタイミングでまとまったお金が入るとか、実生活に即した形の保険があれば良いと思いませんか?

また、もし、今、夫が亡くなってしまったら、5000万円必要なのかもしれません。でも、来年はどうでしょう?5年後、10年後はどうでしょう?
ずっと5000万円必要でしょうか?

たとえば、キャッシュフロー表によれば、年間100万円分の生活費が不足しているとします。そしたら、今は5000万円の保障が必要でも、来年には4900万円、5年後には4500万円、10年後には4000万円で済む、ということですよね。

ずっと5000万円分の保障はいらない、ということになります。もし、毎年少しずつ補償金額を減らしていける保険があれば、便利だと思いませんか?

実は、死亡保障と言うのは一括だけでなく、実生活に即した形で、少しずつ保障金額も減らしていける商品もあるんです。

毎月の生活費の保障なら、家族収入保険という、毎月○万円、という形で金額を設定できるものがあります。たとえば20年間、毎月5万円の生活費が必要であれば、1年あたり60万円で、20年間では1200万円分になります。

今から20年間の保障をもつなら、来年には19年分で1140万円、5年後なら15年分で900万円、10年後なら10年分で600万円と、毎年保障金額が下がっていきます。

また、逓減型定期保険というものもあります。これも、毎年保障金額が減っていく保険です。

このような、保障金額が減っていくタイプの保険なら、普通の一括でももらえる保険よりも保障が減って行く分保険料も安くなりますよ。

また、子どもの進学資金でまとまったお金が必要、という場合には、学資保険を利用するのが良いですね。学資保険なら子どもの進学に合わせて契約できます。

学資保険は満期になれば保険金が受け取れますが、契約者に万一のことがあった場合には、それ以降の保険料の支払いはなくなり、保険料を支払わなくても保険金が受け取れるので、死亡保障としても使えるんです。

お子さんのいる方なら学資保険に加入する人も多いと思いますが、学資保険には死亡保障の役割もあるので、学資保険に入っている金額分だけ、他の保険の死亡保障を減らすことができるんですよ。

このように、死亡保障と言っても、契約できる商品の種類はいろいろあります。

子どもの教育費は学資保険で、生活費は家族収入保険で、葬儀代は終身保険で、というふうに目的に応じて商品を使い分ければ、ムダのない保険になるので、保険料の節約にもつながるんですよ。

実際に保険に加入するときには、保険会社の担当者に相談して提案してもらうことになりますが、提案された保険が自分のライフプランのニーズに合ったものなのかよく検討し、分からないことがあればとことん質問して納得した上で加入するようにしましょうね。

>>保険のいろは 保険無料見直しサービス<< 保険一括見積