保険料はもったいない?貯金が無い人こそ生命保険は必要です

生命保険に入っていても、ムダだと思っている人は多いです。
ムダなモノにお金を使うのはもったいないですから、「生命保険には加入しない!」という人はけっこう多いんですよね。

でも、生命保険に入らなくても本当に大丈夫でしょうか?

貯金があれば、生命保険は必要ない

生命保険というのは、病気や死亡など何かあった際に、保障内容に応じた給付金や保険金が受け取れるものです。

ですから、「病気になったときの医療費は支払えるだけの蓄えがある」「自分が死んでも家族が路頭に迷わない程度の貯金がある」という人は、生命保険に加入する必要はありません。

一方、貯金が無い人の場合は生命保険に加入しておいた方が良いでしょう。

医療費を支払えるだけの蓄えが無いなら医療保険には加入しておくべきですし、自分の死亡時に家族の生活が成り立たなくなる可能性があるなら死亡保険に加入しておかなくてはなりません。

病気になった時、かかるのは医療費だけではありません

日本では高額療養費という制度があるので、医療費だけであればそこまで支払いに困ることはないかもしれません。

でも、入院すれば仕事を休まなくてはなりませんし、長期入院になれば有休も使い切り、傷病手当についてもいつまでも受給できるわけではありませんし、お給料よりも低い額しかもらえませんから家賃などの支払いをすれば医療費を支払うだけのゆとりはないかもしれません。

だから、貯金が無い人はもったいなくても医療保険に加入しておくべきです。
もったいないと思うのであれば、節約して貯金を増やし、十分な貯金ができたら医療保険を解約すれば良いのではないでしょうか。

自分が死亡したとき、家族の生活が守れますか?

万が一自分が死亡したとしても、問題なく家族が生活していけるものでしょうか?

子供がいる場合は特に、真剣に考えなくてはなりません。
たとえ配偶者が働くとしても子供を育てながら十分なお金を稼げるとは限りません。
また、遺族年金は生活費として十分な額になるとは限りませんから、遺族年金と配偶者の収入で家族が生活していけるのかどうかを検討しましょう。

「もし自分に万が一のことがあれば、子供には大学進学をあきらめてもらうしかない」と割り切れる人であれば良いのですが、自分のせいで子供の進路が断たれるというのは受け入れがたいという人の方が多いのではないでしょうか。

たしかに、遺族年金や配偶者の収入があれば生きていくことはできます。
でも、より良く生きていくためにはもう少しお金が必要になりますし、その分だけは生命保険で備えておいた方が良いでしょう。

死亡時に保険金が受け取れる保険のことを死亡保険といいますが、死亡保険には終身保険、定期保険、収入保障保険などの種類があります。
終身保険にすると保険料も高いですが、定期保険や収入保障保険なら保険料が安いものもたくさんあるので、ぜひ加入を考えてみてくださいね。

保険料は、安くすることが可能です

生命保険は保険料が高いから加入したくない、という人は多いですが、最近は保険料の安い保険もたくさん登場しています。

以前生命保険を勧められて、そのときに見せられたプランの保険料が高かったから、という理由だけで生命保険を拒絶してしまうのはとてももったいないことです。

最近はネット生保や通販型のものも充実してきていますし、わざわざ高い保険料を支払わなくても、月々数千円で十分な保障が確保できます。必要な保障内容は人によっても変わりますが、2~3千円で済む人もいますから、ぜひどれぐらいの保険料でどれぐらいの保障が得られるのか、一度調べてみてはいかがでしょうか?

保険一括見積