経済的に実家に頼れないシングルマザーは、生命保険に入るべき

シングルマザーの中には、実家に頼ることなく、元夫から養育費をもらうことなくがんばっている人もたくさんいます。

そういう人の場合、生命保険は手厚くしておくのがおすすめです。

というのも、自分に万が一のことがあったとき、子供が生活していけなくなってしまう可能性があるからです。

自分が死んでしまったら、子供の生活がどうなるか考えよう

実家はあるけれど、両親にもゆとりがなく経済的に頼れないシングルマザーもいます。

筆者の場合もそうなのですが、その場合は「自分が万が一死亡してしまったら」ということをしっかりと考えておかなくてはなりません。

両親に経済的ゆとりがない場合は、自分がしっかりと生命保険に加入しておかないと、子供の育てていくことができなくなってしまいます。

両親が働いていても生命保険は必要です

両親がまだ現役で働いているから、と安心はできません。
幼い子供がいる場合は、まだまだ手がかかります。まだ現役で働いている両親でも、小さい子供を養育しながら働き続けるのは無理があるでしょう。

万が一両親が子供を養育することになれば、両親は仕事をセーブしなければならないかもしれません。
もっと楽な仕事に転職したり、もしくは仕事をやめなければならなくなるかもしれませんから、両親の生活費も生命保険で備えておかなくてはなりません。

年金暮らしの両親の場合は?

両親がすでに年金暮らしの場合はどうでしょうか。
受給できる年金額は人によって違うものですから、両親の年金額はある程度把握できると良いですね。

夫婦二人が十分に生活していけるだけの年金がある場合は、子供にかかる分だけのお金を生命保険で備えておけば大丈夫です。

でも、夫婦二人でもカツカツの生活だという場合は、子供にかかる分プラスアルファ程度の金額を準備しておいた方が良いでしょう。

子供を養育するというのは高齢の方にとってはとても負担が大きいものですから、多めの保険金があった方が負担を軽減することができます。

死亡保障は定期保険+収入保障保険がおすすめ!

シングルマザーが残すべきお金は、子供の生活費と、子どもの教育費です。

まず生活費については、収入保障保険を使って準備しておくのがおすすめです。収入保障保険はお給料と同じように「毎月いくら」という形で給付されるものなので、莫大な保険金を一度に受け取るよりも家計のやりくりがしやすくなります。
もし、両親の生活費分も必要な場合は多めに契約しておくようにしましょう。

次に、子供の教育費については、定期保険を使いましょう。
すでに十分な金額の学資保険に加入していれば問題ありませんが、そうでない場合は足りない分を定期保険で備えてください。
定期保険というのはごく一般的な保険の形で、まとまった保険金が受け取れます。
子供の教育資金として備えておきたいだけの金額を契約しておけば安心です。
また、万が一の際には両親にも分かるように、保険証券に「教育資金用」と記入しておくか、もしくは遺言状を作成しておき、それぞれの保険金の使い道について書いておくと良いですね。

日々の生活だけでも精一杯、というシングルマザーは多いと思いますが、万が一のことがあった際には子供の生活を守ってやれなくなりますから、必ず生命保険には加入しておくようにしてくださいね。

保険一括見積