共働きでも保険は必要?妻がフルタイムで働く家庭の生命保険

今は共働きの家庭も多いですが、

「共働きだから、生命保険に入る必要はないんじゃないの?」

と思っている人はいませんか?

生命保険というのは、万が一のときのために、必要なお金を備えるためのものです。

でも、遺族年金もありますし、妻もフルタイムで働いていればお金に困ることはなさそうですよね。
遺族年金と、それから残された配偶者の収入、さらに貯蓄など、総動員してもお金が足りないことが想定される場合のみ、生命保険が必要になります。

妻がフルタイムで働いている場合は生命保険は必要なさそうにも思えますが、落とし穴もあるので十分に注意してください。

妻は今の仕事を続けられますか?

女性の社会進出が進んだとは言え、まだまだ女性がフルタイムで働くには厳しい状況だと言えます。
女性がフルタイムで働くためには、どうしても周囲の協力が必要不可欠です。

普段から、夫と家事や育児を分担しながら働いている場合、夫が亡くなると生活が成り立たなくなる恐れはありませんか?
夫が死亡しても経済的には困らないと思っていても、協力者がいなくなれば今の仕事を続けることが難しくなり、転職すると結果的に収入がさがってしまう恐れがあります。

夫が亡くなることで自分の収入にも影響が出そうな場合は、生命保険には加入してもらっておいた方が良いでしょう。

現在、家計のどれぐらいを負担していますか?

フルタイムで働いているとパートなどよりも収入は良いと思いますが、その収入で生活していくことは可能でしょうか?

たとえば、夫の収入が30万円、妻の収入が20万円で、毎月50万円使っている、というような家庭の場合、夫が亡くなると今と同じ生活は続けられませんよね。
子供を私立の学校に行かせていれば、公立に転校させなくてはならないかもしれませんし、大学だって好きなところには行かせてあげられなくなるかもしれません。

もし、「夫の収入が10万円、妻の収入が40万円」というような状況であれば遺族年金を合わせると今と同じ生活を維持できるでしょう。
でも、多くの共働き世帯では妻の方が収入が低いことが多いので、夫の収入が亡くなった時に今の生活が維持できなくなるということは理解しておかなくてはなりません。

「夫の収入が30万円、妻の収入が20万円」でも、毎月の生活費は20万円で、あとは貯蓄している、というような生活スタイルの場合は、生命保険がなくてもやっていけるでしょう。

夫の生命保険はやっぱり必要?

こうのように考えてみると、多くの共働き世帯では、やはり夫の生命保険は必要なのではないでしょうか?

夫が専業主夫で妻がバリバリ働いて十分なお給料をもらっている、というような家庭でもない限りは、夫の収入がなくなることへの備えはしておかなければなりません。

妻がフルタイムで働いていても、生命保険が必要となるケースは多いです。
万が一のときに困らないように、今加入している生命保険に不安がある人は早めに見直してみてくださいね!

保険一括見積