貯蓄好きなら加入しなくても大丈夫?賢い生命保険の入り方

生命保険って、多くの人が加入していますよね。

大半の人が加入しているものですし、むしろ加入していない方が珍しいとも言えます。

でも、生命保険って本当にそこまで多くの人に必要なものなのでしょうか?

生命保険は、万が一自分が死亡してしまった場合に家族に現金を残したり、もしくは自分が入院や手術をしたときにかかる医療費の負担を軽くしたりといった目的があるものです。

でも、本当はすべての人に必要なモノというわけではありませんし、今は必要でも将来は要らなくなる、ということもあるんです。

そこで、今回は生命保険の賢い入り方について紹介したいと思います。

生命保険は最終手段だと考えるべき

生命保険は、とりあえず加入するものだと思っていませんか?

社会人になったのだから生命保険に入った方がいい

とか、

結婚したのだから生命保険に入った方がいい

とか。

そんなことを言われて、それを鵜呑みにしてしまってはいませんか?

自分の死亡時や、もしくは入院などで医療費がかかった場合には、お金がかかりますよね。

でも、みなさんは保険証を持っていますよね?
病院でかかった医療費のうち、実際に支払っているのは3割だけのはずです。
本当は100万円かかる治療でも、実際に払うのは30万円だけ、ということになります。

いえ、実はもっと少ない金額なんです。
基本的には3割負担の医療費ですが、1か月にかかった医療費が多い場合は、「高額療養費」となるために、負担額はさらに下がり、合計8万円ちょっとになります。(一般的な所得の場合。所得によって限度額は変わります)

もちろんあくまでも「1か月の医療費」が対象ですから長期入院になった場合や月をまたいで入院した場合にはもっと負担は増えますが、それでもいきなり何百万というような莫大なお金がかかるようなことはありません。

みなさんは、年金手帳もお持ちだと思います。
万が一自分が死亡してしまったとしても、残された家族には遺族年金が給付されることになります。
遺族年金の金額は人によって違いますが、国民年金の場合は年額1,002,500円です。(子どもが一人の場合)
月額にすると8万円強になりますから、これだけで生計を立てるのは難しくても、残された妻が働くことによって生計を維持していくことは可能な場合が多いのではないでしょうか?
また、会社員の方の場合は厚生年金に加入していますから、受給できる金額はさらに多くなります。

他にも病気で会社を休む際には傷病手当がもらえますし、体に障害ができたときには障害年金を受給することもできます。
このように、死亡時や医療費がかさんだときなどにはさまざまな公的な保障があるのです。

そして、これでも足りない分は、自助努力でまかなうのが基本です。
自助努力、つまり、自分で貯蓄する、ということになります。
一般的によく言われるのは、生活費の半年分程度の貯蓄があれば失業や病気の際の備えになる、ということです。

この程度の蓄えがあれば、医療費をある程度まかなうこともできますし、貯蓄がある程度あれば死亡時にもそのお金をお葬式に使ったり今後の遺族の生活費の足しにすることもできるでしょう。

そして、公的な保障と自助努力を持ってしてもお金が足りないと想定される場合。
そのときに必要となるのが生命保険なんです。

基本的には、会社員の方であれば手厚い保障があります。
社会保険に加入していてさらにある程度の貯蓄もあれば、生命保険に加入しなくても良い、ということになりますね。

ただ、そうは言っても「ある程度の貯蓄」というのはなかなか難しいものです。

小さな子どもがいる家庭を考えてみましょう。
小さい子どもがいる場合、もしも夫が死亡してしまったら、奥さんはとても困ります。
小さい子どもがいては稼げる仕事に就くことも難しいです。
しかも小さい子どもがいる夫婦というのは若い世代も多いでしょう。
そもそも十分な貯蓄もできていないことの方が多いのです。
そういう家庭の場合は、生命保険を活用すべきだと言えます。

でも、小さい子どもがいても、夫婦共働きで二人とも十分な稼ぎがあるとか、十分な貯蓄がある、祖父から譲り受けた遺産がある、なんていう場合には、必ずしも生命保険が必要だとは言えません。

また、子どもが成人したあとの夫婦や、独身で貯蓄もしっかりできている、という人の場合は生命保険は必要ない場合が多いんですよ。

では、いったいどの程度の貯蓄があれば生命保険に加入しなくても良いのでしょうか?
これについては、残念ながら「一律いくら」ということは言えません。
その人の収入や健康保険・年金の種別、家族構成、年齢などの要素によって必要となるお金も変わります。

実際に自分に生命保険が必要なのか、それとも要らないのかについては、実際に自分に万が一のことが起こった場合にかかるお金を想定し、そこから受給できるであろう年金などを計算した上で足りない金額を予測するしかありません。
自分でもある程度計算できますが、詳しく知りたい方はファイナンシャルプランナーに相談しても良いでしょう。

賢い生命保険の入り方

では今度は、「自分にはどうやら生命保険は必要なようだ」という人のために、賢い生命保険の入り方をご紹介しましょう。

生命保険というと会社にセールスレディがきて勧誘してくるようなイメージを持っている人も多いようですが、本当は受け身でいるのではなく、自ら積極的に調べて加入するかどうかを吟味する必要があります。
だって、生命保険というのは莫大なお金がかかっているものですから。
毎月2万円の保険料を支払っているとしたら、10年間で240万円、50年間では1200万円にもなるんですよ。
なんとなく支払っているだけでは大損してしまうに決まっています。

まず、賢く生命保険に加入するには、自分に必要な保障の種類、金額、期間を精査することが大切です。

必要な保障の種類を知ろう

まず必要な保障の種類です。
生命保険の保障の内容は、主に2種類です。
それは、死亡保障と医療保障です。
他にも介護保障などがありますが、ここでは置いておきましょう。

死亡保障は、自分が死亡した際に保険金を受け取りたいかどうか、ということを考えます。
つまり、遺族年金と現在の貯蓄額を足して、それでもお金が足りないかどうか、です。
ですからそもそも、遺族がいない場合は死亡保障は不要だと言えます。

独身の方の場合は、親を受取人にして生命保険に加入していると思いますが、あなたが死亡することでご両親は路頭に迷うでしょうか?
もし、あなた自身が親の生活の面倒をみているなら生命保険に加入した方が良いのかもしれませんが、実際にはそれでも生活保護などの国の制度がありますし、自分にそこまでのゆとりがないなら親のために死亡保障を備えておく必要はありません。
経済的にゆとりがあって、「親にも何か残したい」と考えるのであれば死亡保障を備えておくと良いでしょう。

医療保障は、自分が入院や手術などをして医療費がかさんだときにお金に困るかどうか、ということを考えます。
数日程度の入院なら貯蓄がなくてもなんとかなることが多いですが、数か月単位での入院となった場合にはお金が足りなくなるかもしれません。数か月単位で入院する場合は仕事も休んだりやめたりしなければいけませんから、その点も考えた上で判断すると良いでしょう。

また、医療保障の中にはオーソドックスな医療保険の他に女性特有の病気を保障する女性疾病特約や、三大疾病を保障する三大疾病特約などがありますが、基本的には考えなくても良いかと思います。
医療保障が必要な人は、オーソドックスな医療保険に加入しておく、さらに不安がある場合はがん保険にも加入しておく、というだけで十分でしょう。あれこれ特約をつけなくても大丈夫です。経済的にゆとりがあるなら検討してみてください。

必要な保障の金額を知ろう

次に、必要な保障の金額です。
死亡保障の場合であれば、遺族年金と現在の貯蓄を差し引いて、合計いくら足りないのかを計算します。
その金額が、生命保険で備えるべき保障の金額です。
さきほど介護保障については割愛しましたが、介護保険の場合は死亡時にも同額の保険金がおりますから死亡保障の一部を介護保険で備えても良いと思います。

医療保障の方は、日額を基準にして考えるようになっています。
日額とは「入院日額」のことで、入院1日あたりいくら、とい計算です。
そして、手術をした際には手術の内容によって「入院日額の10倍、20倍、40倍のいずれか」といった形で給付金が出るものが多いですね。

一般的な医療保険では日額1万円もしくは5千円が主流ですが、基本的には日額5千円のもので十分だと思われます。

必要な保障の期間を知ろう

続いて、必要な保障の期間です。

ここまで必要な保障の種類と金額についてみてきましたが、これらはあくまでも「今の時点」でのものです。
たとえば小さい子どもがいる場合、今の時点では大きな死亡保障が必要となる人も多いでしょう。

よく生命保険のモデルプランでは保障金額が3000万円とかになっていますが、この数字はある程度現実的な数字です。
でもこれだけの大きな保障が、いつまでも必要なわけではありません。

もし子どもの年齢が2歳なら、生命保険では「22歳になるまでの20年間にかかる生活費と教育費」の合計を計算します。
その合計はもっと大きな金額、たとえば8000万円とか1億以上とかになるのですが、実際には遺族年金や死亡退職金などがあるので、それらを差し引いてそれでも足りないのが3000万円ぐらい、となります。(数字はもちろんテキトーです。必要な金額は人によって異なります)

ということは、子どもが22歳になってから、つまり一般的には大学を卒業して就職してからは、大きな保障なんて必要ありませんよね。
万が一のことがあったとしてももう子どもは自分で働くことができますし、残された配偶者も自分で働くことはできるでしょう。

つまり、必要な保障というのはどれも期間限定だということです。

さらに賢く生命保険に入りたいのであれば、今後の貯蓄についても考えておきましょう。

たとえば、現時点で3000万円の保障が必要な人でも、もし今宝くじで1000万円当たったら、その分は必要な保障から引けば良いので2000万円の保障だけ準備すれば良い、ということになります。

医療保障についても同じです。
「病院にお世話になるのは高齢になってからだから、今から高齢になったときのために保険に入った方が良い」ということも言われますが、あらかじめお金がかさむことが分かっているなら、若いうちから貯蓄しておいた方がよほど良いのです。
つまり、今は貯蓄が足りなくて生命保険に入らなくてはいけない人でも、今後貯蓄を増やせば加入中の生命保険を減額したり解約することもできるというわけです。

生命保険に賢く加入するなら掛け捨て、定期タイプを

生命保険にかかる保険料がもったいない、極力抑えたい、という人は、とにかく貯蓄に励むことをお勧めします。

現時点では生命保険に頼らなくてはいけなくても、いずれ貯蓄が十分な金額に達すれば生命保険に入る必要はなくなります。

そして、少しでも生命保険料を抑えたいのであれば、「掛け捨て」タイプのものに加入してください。
貯蓄性の高い終身保険や、お祝い金が出るようなタイプのものには加入しないことです。貯蓄性の高い保険というのはその分保険料も高いのです。
もちろん、生命保険を貯蓄代わりに使うという応用方法もありますし筆者も使っていますが、よくわからないまま加入してもそれを使いこなすことはできません。
とにかく無駄なの保険料は払いたくない!と思う人は、ぜひ掛け捨てタイプの保険に加入するよにしましょう。

次に、定期タイプの保険を選ぶことをお勧めします。
たとえば死亡保障として3000万円準備したい場合。
定期保険で20年間だけにすれば、月々の保険料は4,000~5,000円で済むところを、終身保険(終身タイプ)に加入すれば15,000円ぐらいの保険料になることもあります。(保険料は年齢によっても大きく異なります)

医療保障に関しても、終身タイプの医療保険に加入すべきだと言われていますが、貯蓄に励んで歳をとるまでに十分な貯蓄が準備できれば、なにも終身タイプを選ぶ必要はありませんよね。
終身タイプなら2,000円ぐらいかかる保険料を、定期タイプなら1,000円未満で備えることもできるでしょう。(期間によっても保険料は変わります)

このように、賢く生命保険を備えるのであれば、掛け捨てタイプ、そして定期タイプを選ぶのがおすすめです。

ただし、その場合には注意点があります。
それは、「ちゃんと貯蓄すること」です。
もし予定通りに貯蓄ができなければ、保険が期間満了になったあとに困ります。
たとえば10年間の定期タイプの保険に入っていた場合、もし貯蓄ができていなければ、そのときに保険がなくなっては困りますよね。
ではどうするのかと言うと、その保険を更新するしかありません。
つまり保険を続ける、ということです。
しかもその場合、10年間の保険であれば自分自身も10歳年齢が上がっているわけですから、その分だけ保険料は高くなります。保険料の負担が増えてしまっては、ますます貯蓄できなくなってしまいますよね。

そうなってしまっては元も子もないのですから、貯蓄できる自信とその根拠が無いのであれば、無理に保険料を抑えようとしない方が良いでしょう。
はじめから終身タイプの保険を選び、もしも貯蓄が十分にできたら、その時点で保険を解約する、という方法でも構わないと思います。

貯蓄がしっかりできる人の場合は、今は生命保険が必要でも、今後貯蓄が増えれば生命保険に頼らなくても生きていけるようになります。
「保険料のムダをなくしたい」と思うなら、少しでも貯蓄を増やして生命保険に頼らなくても済むようにがんばってみてはいかがでしょうか。

>>保険のいろは 保険無料見直しサービス<< 保険一括見積