60歳から入れるおすすめ生命保険の選び方

年齢を重ねると、生命保険の必要性を感じる機会が増えてくることと思います。

・健康診断で引っかかった
・友達が病気で入院した
・体力の衰えをかじるようになった

などなど……。

そこで、今まで生命保険に無頓着だった人も、

「そろそろちゃんと考えた方がいいかな?」

という気持ちになるものです。

特に、60歳から入れる保険を探す人が多く、定年後の生活に不安があると余計に生命保険の必要性を感じるようになります。

入院・介護・死亡の保障が必要です

生命保険にもいろんな種類がありますから、どれを選べば良いのか分からないという人も多いでしょう。

でも、60歳から入れるような保険というのは、総じて保険料が高いです。

なぜなら、年齢が高いほど病気になったり死亡したりするリスクも高く、安い保険料では保険会社が赤字になってしまうからです。

入院時の保障は医療保険である必要はない

病気やケガをしたときに、入院給付金や手術給付金がもらえるのは医療保険です。

医療保険の中にはシニア向けの保険も増えてきており、持病があっても入りやすいものが主流です。
でも、これはおすすめしません。

なぜなら、普通の医療保険以上に保険料が高いからです。

健康に問題がある人が入れる保険の場合、被保険者が入院したり手術をしたりする可能性も高くなるわけですから、保険料を高くしておかないと保険会社はやっていけませんよね。

介護保険に今さら入りますか?

介護保険とは、要介護状態になったときに、介護年金や要介護一時金が受け取れる保険のことです。
ただし、これはあまりおすすめできません。

なぜなら、保険料が高いから……。

早々に要介護状態になれば儲けものではありますが、なにもなければただ高い保険料を払い続けるだけになってしまいますから、得策ではありませんね。

死亡保障は何千万円もいりません

こういうサイトを見ていると、何千万円という死亡保障の例が紹介されていることが多いですが、シニア世代にはこのような大きな保障は必要ありません。

死亡保障が高いということは保険料も高いということです。
何千万円という大きな保障が必要なのは、子育て世代だけだと言っても良いでしょう。

まれに、相続対策として大きな保険に入っている人はシニア世代でもいますが、相続税の心配が無いなら考える必要はありません。

現金を持つのが一番

生命保険は、保険会社が定める条件に該当しなければ保険金や給付金の支払いを受けることはできません。

特に医療保険の場合は、今後医療費がかかって給付金を受け取ることがあったとしても、支払った保険料以上のリターンを受け取れることは少ないです。

それならば、自分で貯金しておいた方がよほどマシ、ということが言えます。
蓄えが少ないという人は、保険料を支払う代わりにしっかり貯金しておくようにしましょう。

貯金が苦手だという人は、終身保険を使って貯金するのもおすすめです。

終身保険には解約返戻金が貯金のようにたまっていき、お金が必要になったときには一部解約して解約返戻金を受け取ったり、契約者貸し付けを利用して解約返戻金の範囲内でお金を借りることができます。(利息は少しかかりますが、返済できなくても死亡時に保険金と相殺することができます)

つまり、60歳から保険に入ろうとするなら、終身保険で現金を貯めるのが一番おすすめ、という結論になります。

もちろん保険を使わずに貯金しても良いのですが、確実に貯めるには保険を使うという方法も有効です。

とりあえずの「県民共済」はアリ

県民共済などの共済は、保険料が安いのが魅力ですね。ただシニア以降は、同じ保険料でも現役世代に比べると保障が少なくなるので、実は大して魅力はありません。

ただし、今現在蓄えが少ない人にとっては必要なものでしょう。これから貯金しようにも、もし近々病気にでもなってしまえば、貯金が貯まっていないので困りますよね。

終身保険を使ってお金を貯める場合は、はじめのうちは解約返戻金がありませんから、加入後すぐにお金が必要になったら困ってしまいます。
ですから、ある程度のお金が貯まるまでは、とりあえず県民共済に加入して対処するのがおすすめなんですよ。

シニア向けの保険はいろいろとありますが、よく考えずにあれこれ加入すると損することもあるので、賢い保険の入り方を身に付けてくださいね!

■当ページ内でご紹介させていただいたサイト
保険市場の公式ホームページはこちら

>>保険のいろは 保険無料見直しサービス<< 保険一括見積