貯蓄型保険はダメってほんと?メリットとデメリットを比較しよう

生命保険には、貯蓄型と言われるものがあります。

これは、生命保険でありながら貯蓄もできちゃう保険のこと。

超オイシイですよね??

でも、世の中そんなに甘くない!!

貯蓄型の保険にはデメリットもあります。

ってゆーか、ファイナンシャルプランナーの中には「貯蓄型の保険には入るべきではない!」と言う人もたくさんいるんです。

貯蓄型の保険がダメというわけではありません

わたしは、「貯蓄型の保険に入るな!」と言いたいわけではありません。

デメリットを知らないまま加入するのは危険だと言いたいのです。

もしかしたら、保険会社の担当者からはメリットばかり聞いているかもしれませんが、当然デメリットもあるわけです。

それを知らないまま加入してしまうと、後になって「損した!!」と思ってしまうこともあるので、十分に気を付けましょう。

貯蓄型の保険を相談するならテレビCMで有名なこちらの会社が個人的にはおすすめだと思います。

貯蓄型保険のメリット

まずは、すでにご存じの方も多いかもしれませんが、改めて貯蓄型保険のメリットを整理しておきましょう。

支払った金額以上の保険金が受け取れる

貯蓄型の保険だと、たとえば「保険料の総額は450万円ですが、受け取れる保険金は500万円になります!」というようなことがあります。

銀行にお金を預けるとわずかながらに利子がつきますが、貯蓄型の保険でも実質的には利子がついたのと同じように、お金が増えます。

さらに保険の場合は「契約者配当金」というものがあります。
これは、保険会社の運用がうまくいって儲けが大きくなった際に、契約者に還元されるお金のことです。金額的には期待できませんが、今後景気が回復すれば配当金もついてくるのではないでしょうか。

死亡保障も兼ねられる

貯蓄型保険というのは当然「保険」です。貯蓄型保険の一つである終身保険を例に説明しましょう。

終身保険に加入すると、解約返戻金が貯まっていきます。保険料を支払い終わったあとにも保障は続き、解約返戻金は支払った保険料よりも多くなります。解約返戻金が十分に増えたころに解約すれば、儲けが出るというわけですね。

終身保険なら、当然「死亡したら500万円」というように、死亡時の保障がついていますね。「生命保険に入りつつ銀行で貯金をする」という場合と比べれば、保険と貯蓄が一つの契約で済んでしまうのでシンプルです。

貯蓄が苦手な人でも成功しやすい

銀行でお金を貯めていると、なかなか残高が増えない、という人は多いです。

つい入金を忘れてしまったり、うっかり取り崩したりしてしまうことも。

貯蓄型保険であれば、毎月決まった日に保険料が引き落とされるので「入金忘れ」なんてありません。

それに、貯めたお金を途中で使うこともできないので取り崩してしまう心配もありません。

貯蓄型保険のデメリット

一方、貯蓄型保険のデメリットにはどのようなものがあるでしょうか?

途中解約すると損をする

一番怖いのはこれです。

銀行で貯金している場合は、うっかり取り崩してしまうのが問題ですが、本当に困ったときにはそのお金を使うことができます。

でも保険の場合は、本当にお金に困ったときには解約して解約返戻金を受け取ることになります。

途中解約の場合、その時点では解約返戻金には利子はついていません。それどころか、経費として一定額が差し引かれているために、支払ってきた保険料よりも少ない額しか返ってこないのです。

このことを知らないまま契約して、「損した!」ってなる人が非常に多いんですよ。

契約者貸付には利息がかかる

どうしてもお金に困った場合、解約しなくても、保険を担保にお金を借りることができます。契約者貸付という制度です。

銀行の定期預金でも、一時的に資金が必要なときには定期預金を担保にお金を借りることができますよね。

ただ貸付である以上は利息を付けて返済しなければなりません。しかも返済しないまま放置すると利息がどんどん膨らんでいきます。利率自体は低いですが、極力利用したくないものですね。

利率が上がらない

銀行にお金を預ける場合、利率はつねに変動していますよね。一方保険の場合は、契約時の利率がそのまま固定されます。生命保険の契約というのは20年30年など長期にわたるものが多いです。

そんなに長いあいだ固定金利というのは、ちょっと……。

今後、景気が回復してどんどん利率が上がっていけば、「クソ!こんな保険に入るんじゃなかった!」となる日もくるかもしれません。

貯蓄型保険の賢い選び方

貯蓄型保険に加入する際には、以下の点に注意しましょう。

無理のない金額で!

お金に困って途中解約することがないように、ゆとりを持って加入するようにしましょう。保険料が高すぎるとそれだけで家計を圧迫してしまいます。

何のための貯蓄なのか考えておこう!

ただ「お金を貯めたいから」という理由では、契約期間中に急にお金が必要になって、解約しなければならないかもしれません。

あらかじめ、「○年後には自宅のリフォームも必要になりそうだから、この時期に合わせて貯蓄しよう」などと、計画を立てた上で加入するのがおすすめです。

学資保険の場合は子どもの進学時期が決まっているので分かりやすいですが、自身の老後資金などの場合は、自分でしっかり計算しておいてくださいね。

利率は変動型がおすすめ

一般的な貯蓄型保険というのは、固定金利。
でも、固定金利ではない保険もあるんです!

一つは積立利率変動型といいます。
積立利率が変動していくので、いつまでも低い利率のまま貯蓄を続けなくても済みます。

もう一つは変額保険といいます。

変額保険というのは、保険金額自体が変動するもの。今後金利が上昇していった場合には、変額保険の方がより儲けが大きくなりますのでおすすめです。ただし運用が悪かった場合には変額保険の方がリスクが高くなるのでその点は理解しておきましょう。

貯蓄型の保険は、担当者に言われるままに加入してはいけません!

興味があるなら、プロの意見も聞きつつしっかり比較した上で自分に合った商品を選ぶようにしてくださいね!

■当ページ内でご紹介させていただいたサイト
ほけんの窓口の公式ホームページはこちら

スポンサーリンク
スポンサーリンク