医療保険or女性保険?女性疾病の対象になる病気とは

女性が医療保険に加入する場合、女性向けの商品もありますよね。

パターンとしては、

通常の医療保険に女性疾病特約と付加する

はじめから女性特有の疾病に対する保障が充実している女性保険に加入する

という2つがあります。
ただいずれも内容的には大きく変わるわけではありません。

大きな違いとしては、特約として付加した場合は、途中で外すこともできるという点です。
試しにつけてみて、使わないと思ったら外せばいいですね。

「女性特有の病気」とは?

まず、女性特有の病気ってどのようなものがあるでしょうか?
対象となる疾病は保険会社によっても若干違うのですが、おおむね以下のような疾病が対象になります。

女性がかかるがん(悪性新生物)

女性特有のがんと言うと、子宮がんや乳がんなどのイメージがありますが、女性特有のがんに限定されるわけでなく、胃がんや白血病など女性がかかることがあるがんはすべて対象になるものが多いです。

良性新生物

がんではない場合は「良性新生物」と呼びますが、こちらも対象になります。分かりやすいもので言えば「子宮筋腫」がありますが、それ以外の良性新生物も対象になっています。

妊娠・出産関係

切迫早産のために入院した場合や、帝王切開の場合など、妊娠・出産に関するものも対象になります。ただし、もちろん正常な分娩に関しては対象になりません。

その他の疾患

甲状腺腫、リウマチ、鉄欠乏性貧血などなど、他にも対象となる疾患はいろいろあります。

対象になる疾病は、「約款」に明記されていますから、すでに加入している人は確認してみてくださいね。これから加入しようと思っている人でも、見せてもらうことは可能です。

普通の医療保険との違いは?

普通の医療保険と女性保険の違いは、上記の女性疾病に関する保障です。

でも、勘違いしている人が多いのですが、
普通の医療保険でも、女性疾病は保障されます。

女性保険に入らないと帝王切開や乳がんの保障はしてもらえない、と思っていたら大間違いですよ!

女性保険では、対象となる女性疾病担った場合は、保障が上乗せされるというのが正解です。

たとえば、入院すれば日額5千円の女性保険に加入していればこうなります。

女性疾病以外の疾病になったとき⇒日額5千円

女性疾病になったとき⇒日額1万円

これが、普通の医療保険であればどんな疾病でも一律日額5千円です。

ここが、女性保険と医療保険の違いです。

女性疾病の保障を手厚くする意味

女性疾病だからと言って、他の病気より医療費が高くなる、ということは絶対にありません。
もちろん病気の種類や状態によって入院日数が長引いたり手術でお金がかかったり、ということはありますが、女性疾病だからどうこう、という話ではないんです。

だから、本当は女性保険に加入する必要はなく、普通の医療保険で十分なんです。

だって、保障を手厚くするということは、それだけ保険料が高くなるということですからね。

それなら、保障は最低限にして浮いたお金を貯金に回した方が有意義ではないでしょうか。

それでも、女性保険の意義をあえて言うとすれば、「心の余裕のため」です。

女性疾病の中には、精神的にツライものもあります。
たとえば流産であったり、乳がんなどは精神的にも落ち込みやすい病気ですよね。
こういう状態になったときには、仕事を多めに休んだり、他の人と顔を合わせないで済むように個室に入院したりしたい場合もあるでしょう。

もし、ここを重視したいという人であれば、女性保険に加入しても良いのではないかと思います。

■当ページ内でご紹介させていただいたサイト
保険市場の公式ホームページはこちら

>>保険のいろは 保険無料見直しサービス<< 保険一括見積