本当に中立のアドバイスがもらえる?保険会社の外交員と保険ショップのスタッフの違いは?

生命保険の相談ができる場所として、最近はこちらのサイトのような保険ショップも増えてきています。

でも、実際にはまだまだ、特定の保険会社の「セールスレディ」から保険を買っている人もたくさんいます。

「大手だから、なんとなく安心だし……」なんていう理由だけで今の担当者との付き合いを続けている人は、ぜひ考え方を変えてみてください。

「保険ショップのスタッフだって、結局は保険を売りたいだけでしょ?」なんて思っている人も、ぜひ実際に体験してみてください。

いわゆる「セールスレディ」と、「保険ショップのスタッフ」では全然違うものなんですよ。

保険会社の外交員と保険ショップのスタッフとの違い

「セールスレディ」は、誰でもなれる!

大手保険会社では、CMでも見かけるように女性の外交員が各家庭をまわって保険を売っています。
でも、彼女たちの大半は、生命保険を売る「プロ」としての要件を満たしているとは思えません。

生命保険を販売するには業界共通の試験を受ける必要があるのですが、この試験はほとんど落ちる人がいません。

要は、ちょっとテキストをパラパラ見ておけば、誰でも受かるような簡単な試験なのです。

でも、この試験にさえ通れば誰でも「セールスレディ」として活動することができます。

保険ショップの採用要件は厳しい

一方、保険ショップでは、ファイナンシャルプランナーの資格を持っていることが採用の条件になっているのが一般的です。
ファイナンシャルプランナーの資格には3級~1級までありますが、2級以上を条件にしていることが多いです。

正確にはファイナンシャルプランニング技能士という資格になり、2級の場合は民間資格のAFP、1級だとCFPとしての登録をしている人も多いです。

さらに、実務経験1年以上などの条件を定めているところも多く、平均としてのレベルははるかに「セールスレディ」を凌駕しています。
(もちろん、セールスレディの中にもどんどん資格を取得してハイレベルな提案ができる人もいます。)

取り扱っている保険会社が多い

特定の保険会社の外交員は、その保険会社の商品しか売ることができません。
その保険会社の商品については詳しく知っていますが、他社との比較となるとそこまで詳しくはありません。

一方、保険ショップのスタッフの場合は複数の保険会社の商品を取り扱っているため、幅広い知識があり、保障内容や保険料を比較しつつ最適な組み合わせを提案してくれるんです。

保険ショップのスタッフは中立な立場です

保険ショップの宣伝でよく言われる中立の立場からアドバイスしますというフレーズ。
これは、本当なのでしょうか?

セールスレディの場合は特定の保険会社に属しているので、その保険会社の商品しか勧めませんよね。
保険ショップのスタッフの場合も、場合によっては多少偏ることもあります。

保険ショップの利益は、お客様に保険を売ることによる手数料で成り立っています。だから、中には手数料の高い商品を勧めたがるスタッフがいることも事実です。

まったくもって公平か、と言われると微妙なところではありますが、それでも複数の保険会社の商品から比較して選べること、知識が豊富なスタッフがアドバイスしてくれること、というメリットは捨てがたいのではないでしょうか。

それに、多少偏りが出る場合もあるものの、基本的には中立な立場で提案してくれると思っておいて間違いないです。
本当に良い生命保険に加入するには、保険ショップへ相談しにいくことをおすすめします。

相談だけなら無料ですし、契約するにしても別途お金を取られることはなく、保険料を支払うだけで済みますから、ぜひ利用してみてくださいね!7

■当ページ内でご紹介させていただいたサイト
保険マンモスの無料保険相談の公式ホームページはこちら

保険一括見積