解約のタイミング(時期)が大事!生命保険を他社に乗り換えた場合

生命保険の見直しはとても大切です。

生命保険は目に見えない商品ですからよく分からない人も多いと思いますが、目に見えない商品というだけで、とても大切なものです。

生命保険は、
高額な買い物

であると同時に、

メンテナンスが必要

だと言えます。

生命保険の保険料は、月々の金額は数千円~1万円程度でしょうか。中には2万、3万といった高額な保険料を支払っている人もいると思います。

これを一生支払っていくとすると、保険料1万円で40年間支払うと考えれば総額480万円です。
保険料が2万の人なら960万円、保険料が3万円の人なら1440万円です。
そう、人によっては1000万円以上の保険料を支払うことになるのです。

そして、生命保険は一度入ればそれで大丈夫ということはありません。
メンテナンスが必要です。

たとえば車なら、2年に1回車検がありますね。そこで不具合があれば直してもらえます。
電化製品でも、調子が悪いなと思えばクリーニングをしたり修理をしたりしますよね。

生命保険も同じなんです。
目に見えるものではないので、自分の保険に不具合があるかどうかは分かりにくいと思います。だから、車検のように、プロに点検してもらうようにしましょう。

「年に1~2回、担当者から連絡がきてウザい」と思う人もいるかもしれませんが、そのときは保険を点検してもらうチャンスでもあるので、話を聞いてみるのも良いと思いますよ。さすがに年に1~2回は多いと思いますが、2~3年に1回は点検してみるのがおすすめです。

さて、生命保険もメンテナンスが必要で、手直しを加える必要が出てくることもありますし、場合によっては1からすべてやり直す場合もあります。

生命保険のメンテナンスって具体的にどういうこと?

生命保険のメンテナンスと言われても、何をどうするのか良く分からない、という人も多いと思います。

生命保険のメンテナンスと言うのは、つまりこういうことです。

「子どもがもう一人生まれたことで必要な保障が増えたので、定期保険を1000万円分プラスした」

「マイホームを買って団体信用保険に入ったので、収入保障保険を解約した」

「医療保険がかなり古いものだったので、通院保障もしてくれる最新のものに変えた」

こういったいわゆる「見直し」をすることが、生命保険のメンテナンスだと言えます。
もちろん、点検をした上で異常がなければ何も手を加える必要はありませんし、その場合はただ自分がどのような保険に入っていたのかということを確認するだけで十分です。

一度契約した生命保険、放っておくといつのまにか保障内容が自分に合わなくなってしまっているかもしれません。
毎月保険料を払い続けるものなのですから、お金をムダにしないようにしっかりメンテナンスすることが大切ですよ。

メンテナンスは他社に相談したっていい!

生命保険は、最近は

終身保険はA社
医療保険はB社
学資保険はC社

といように、いくつもの生命保険に分けて契約している人も増えてきました。
でも、実際にはまだまだ特定の保険会社ですべて契約しているという人が多いんですよね。
信頼できる担当者がいる場合はそれでも良いのですが、大半の方はそうではないと思います。

「知り合いに進められたから」
「どうしてもってお願いされて加入したけど」

なんていう人はいませんか?
そういう人こそ、メンテナンスが必要かもしれません。

そして、生命保険を点検してもらう場合は、なにも今の担当者に聞かなくても良いのです。
むしろ、他の人に聞いた方が良い保険を教えてもらえるかもしれません。

「この担当者は信頼できる!」と自信を持って言えない限りは、他の保険会社や保険ショップに相談してみましょう。

すると、今加入している生命保険を少し手直しするのではなく、まるごと変えてしまう方が良いという場合もあります。
今まで加入していた生命保険がどれもいまいちだった場合や、より良い保険がある場合はまるごと契約しなおすことを勧められることが多いです。

ただここで一つ注意しておきたいのは、他社に相談した場合、当然その会社の保険を勧めたいわけですから、今の保険が良い保険であっても難癖をつけて乗り換えさせようとするケースもあるということです。

本当は少し手を加えれば良かったものを丸々乗り換えさせられて損をすることもありますから、相談相手は一社に絞るべきではありません。

「生命保険は数百万円単位の買い物だ」ということをしっかり頭に入れて、慎重に相談するようにしましょう。

生命保険を乗り換える(切り替える)際の注意点!

生命保険を他社に乗り換える場合は、注意が必要です。

それは、

先に古い方の保険を解約しない

ということです。

携帯電話の乗り換えを考えてみてください。
他社に乗り換える場合、先に今使っているケータイを解約するなんていうことはありませんよね?

auからソフトバンクに乗り換えるにしても、先にソフトバンクに行って、機種やプランを確認して、その上でNKPの手続きをするはずです。

もし先にauの解約をしてしまえば、今の番号は使えなくなって、ソフトバンクで新しい番号をもらわなくてはなります。

同様に、生命保険でも、先に新しい保険の契約手続きをしてから古い方の解約手続きをします。
もし、先に古い方の保険を解約すればどうなるでしょうか?

一時的に「無保険」の期間ができてしまいます。
無保険ということは、その間に万が一事故にあったりすれば、なにも保障がないということです。そのような事態を避けるためには、必ず先に新しい保険の契約を済ませなければなりません。

しかも生命保険の場合は、申し込みをしただけでは契約成立とはならないので注意が必要です。
生命保険の場合は、申し込みをした上で、保険会社が審査をして、保険会社の承諾が出た時点で契約成立となります。

ですから、もし、保険会社からの承諾がもらえなければ契約は成立しないのです。
もし、申し込みをしてすぐに古い方の保険を解約してしまえば、承諾がなかった場合にはやはり「無保険」になってしまいます。

生命保険の審査基準というのは保険会社によっても違うものですが、もし過去に入院があったり健康診断の結果に問題があったりすれば、加入を断られることもあります。
今までに入院もなく、持病も無いから大丈夫だと思っていても、健康診断の結果でアウトになることもあります。
必ず、保険会社からの承諾があるまでは古い保険は残しておきましょうね。

生命保険を他社に乗り換えるというのは、単純に「他社の方が良い保障内容で保険料が安いから」という場合もありますが、「担当者もしくは保険会社の対応の悪さに嫌気がさしたので、この保険会社との付き合いをやめたい!」という場合もあります。

そのような場合は勢いで解約してしまいがちなのですが、必ず解約する際には次の保険が契約成立してから解約するようにしましょう。

乗り換える場合はスピーディに次の保険を契約しよう

生命保険を他社に乗り換えようとする場合は、なるべくスピーディに行動することをおすすめします。

生命保険の点検をした結果、今の生命保険が自分に合っていないということは、無駄な保険料を払っているとか、もしくは保障が足りていない、ということです。

新しい保険に加入するのが遅くなると、無駄な保険料を支払う期間が長くなるということですから早めに乗り換えた方が良いですよね。また、保障が足りない場合でも、ずるずるとそのまま見直さずにいると、その間に万が一のことが起こってしまえば十分な保障が得られないということになります。

それでは何のための生命保険か分からなくなってしまいますから、必ず早めに見直しをしましょう。

また、新しい方の保険が成立すれば、古い方の保険はさっさと解約してしまいましょう。
もたもたしていると次の保険料が引き落とされてしまいますし、もったいないですよね。
もし、担当者が解約に応じてくれないなどといった困ったことがある場合は、その担当者に固執せずに、すぐに本社コールセンターに連絡して、クレームを入れた上で素早く解約手続きを進めてもらうように伝えるようにしてくださいね。

生命保険はメンテナンスが必要です。
メンテナンスを怠っているといざというときに役立たない保険になってしまっていることもありますから、必ず定期的に点検するようにしましょう。

生命保険は高い買い物ですから、しかkりメンテナンスして無駄な保険料を払わないで済むようにしましょうね。

保険一括見積