子どもの保険、共済で十分って本当?

生命保険はほとんどの人が加入しているとは思いますが、お子さんの保険はどうしていますか?

子どもの生命保険と言うとまずは「学資保険」が思い浮かびますが、学資保険というのはほとんど「貯蓄」のようなもので、生命保険としての役割がほとんどないものが多いです。

それならばと学資保険に医療特約などをつけて生命保険としての機能を充実させる方法もありますが、実はその方法はおすすめしません。
学資保険はあくまでも貯蓄用として持っておき、余計な特約を付けない方が管理がしやすいものです。

では、子どもが万が一病気やケガで入院することになってしまったら?
そんなときのために医療保険に加入しておく必要はあるのでしょうか。

また、考えたくもないことではありますが、万が一子どもが死亡してしまったりしたら?
死亡保障は準備しておいた方が良いのでしょうか。

ここでは、子どもの生命保険について考えてみましょう。

子どもの生命保険は必要?不要?

まず、保険そのものの必要性について考えてみましょう。

生命保険は必ず入らなければならないものではありませんし、大人であっても必要性がなければ加入しなくても良いものです。

生命保険は、万が一のことが起こったときに、給付金や保険金を受け取れるものですよね。

もし、一家の大黒柱が死亡してしまったら残された家族はお金に困ってしまいます。
遺族年金もありますが、遺族年金で受け取れるお金は多くはないので、足りない分を生命保険の保険金で補えるように準備しておく、というのが生命保険の考え方です。

でも子どもの場合は、もし子どもが亡くなってしまっても、残された家族がお金に困ることがあるでしょうか?
そもそも子どもはお金を稼いでいるわけではないのですから、生命保険はいらないのではないでしょうか。

子どもが死亡したときに必要となるお金と言えばお葬式代ぐらいですし、子どものお葬式代と言ってもさほど高額にはなりません。
ただまったくもって貯蓄が無い場合はお葬式代程度の保険金が受け取れる生命保険に加入しておくのは良いかもしれません。

次に、医療保険について考えてみましょう。

もし子どもが入院した場合、医療費はどれくらいかかるでしょうか?
子どもの場合は各自治体によって、子ども医療の制度がありますよね。自治体によって内容は異なるのですが、入院費も無料という自治体も珍しくありません。大人であれば医療費はある程度かかりますし、さらに仕事を休んだために収入減を補わなくてはならないという事情もありますから医療保険は必要になる人が多いですよね。

子どもが入院した場合はほとんど医療費はかかりませんし、病院までの交通費や入院中の食事代などを考えても家計から捻出できる程度で収まるのが一般的です。

ただ注意したいのは、出費はそれだけではないかもしれないということです。
子どもは、当然一人で病院に行ったり入院の手続きをしたりということができませんから、必ず親が付き添うことになります。

もし共働きの場合は夫婦のどちらかが仕事を休んで子どもに付き添うことになります。そうするとそれだけ収入は減ってしまいますよね。しかも、親本人が入院した場合は健康保険から「傷病手当」が受給できますが、子どもの入院に付き添うために仕事を休んでも、当然傷病手当は受給できません。

ですから、家計にゆとりが無い場合は、少額の医療保障を準備しておかないと、家計が苦しくなってしまう可能性があるのです。

ですから、子どもでも、医療保険はあった方が良い、というのが結論になるでしょう。と言っても極端にお金がかかるわけでもないので、それなりに貯蓄がある家庭であれば子どもの生命保険は不要です。
貯蓄が少なく家計にゆとりがない場合は加入しておいた方が良いのではないでしょうか。

「共済」で十分?

子どもの生命保険を考えるときに、よく聞くのが「子どもの生命保険は共済で十分」という意見です。

これは本当なのでしょうか?

県民共済やCOOP共済は、子どもの生命保険としてはわりと定番と言えるのではないでしょうか。ベーシックなプランだと月1,000円程度で加入できます。

でも、共済でなくても、一般的な保険会社でも子どもが加入できる保険は当然あります。大人の場合はむしろ、共済では保障が足りない場合が多いものです。

子どもの生命保険の場合は保険料も安いですから、別に共済でなくても格安な保険料で必要な保障は得られます。年齢によっては共済よりも安い保険料になりますから、「子どもの生命保険は共済で十分!」という考えは必ずしも正しいとは言えないのです。

ただ、それでも共済はお勧めだと言えます。

県民共済やCOOP共済のメリットは、必要最低限の保障がすべてセットになっているということと、「通院」も保障してもらえるという点です。
一般的な医療保険の場合は、入院したあとに通院治療が続く場合は保障してもらえる商品もあります。

でも子どもの共済の場合は、入院などはなくても、ケガで通院した場合は通院共済金が受け取れるのです。(共済の場合は給付金ではなく「共済金」と言いますが、内容は同じです)
子どもはけっこうケガをしますし、ケガで通院となるとやはり親が仕事を休んだりして経済的にも保障が合った方がありがたいのは言うまでもありません。
通院保障はなくても困らない家庭も多いのですが、他の医療保険と変わらないぐらいの保険料で通院保障もつくのですから、合った方がお得だと言えるでしょう。

ただ共済の場合は、子どもが大きくなってからはどこかで見直しをしなければならないということは覚えておきましょう。

県民共済やCOOP共済の場合は保障は一生涯ではありません。
子ども共済は18歳までで、その後は大人用の共済へと移行します。もちろんそのまま共済をかけ続けても良いのですが、大人の場合は共済のメリットは減りますし、結婚したりして必要な保障が増えれば共済だけでは絶対に足りません。
そのときに保険の見直しをする必要はあります。

もし、子どもの頃から終身タイプの生命保険に加入しておけば、当然時代に合わせて見直すことは必要にはなりますが、一から入りなおすよりも割安になることも多いです。
ただ生命保険というのは何十年にもわたってかけ続けるものですし、誰でもどこかで見直しすることはありますから、子どものうちは共済で大人になってから見直すというのもさほど気にすることではないでしょう。

子どもの生命保険は、大人の生命保険に比べると必要度は低いですが、家計にゆとりがない家庭は加入しておいた方が良いのはたしかです。

そして、最低限のシンプルな保障が格安で持てる共済はおすすめです。
子どもも生命保険に加入した方が良さそうだと思う方は、ぜひ考えてみてくださいね。

保険一括見積