生命保険料控除を使いたいなら加入するべき保険はこの3つ

生命保険に加入している人は多いと思いますが、生命保険料控除のことをしっかり理解している人はほとんどいないのではないでしょうか?

あなたは、生命保険料控除がどういうものであるか、説明できますか?

生命保険料控除とは、簡単に言えば「生命保険料を支払った金額に応じて所得税が軽減される」というものです。

「保険料の一部が返ってくる」というものではないので間違えないようにしてくださいね。

生命保険料控除が使える保険はこの3つ

生命保険料控除は、3つに分けることができます。
それが、

・生命保険料控除
・個人年金保険料控除
・介護保険料控除

です。
ですから、普通の終身保険や医療保険のような生命保険の他、「個人年金保険」「介護保険」に加入している場合は控除対象となります。

それぞれ控除できる金額が決まっているので、しっかり申告しておきましょう。

そもそも「控除」ってなに?

生命保険料控除というのは、支払った生命保険料に応じて所得税が軽減されるというものです。

ではそもそも「控除」とはどういうことでしょうか?

控除は、「所得から差し引くことができるもの」です。所得というのはわたしたちが仕事をすることによって得るお金のことです。そして所得があると、その金額に応じて所得税が課せられますから、所得が多いほど所得税も高くなってしまうんですね。

でも、同じように300万円の所得がある人でも、一人暮らしの人と、奥さんを養っている人が同じ所得税だというのは不公平だと思いませんか?
奥さんがいる場合は、2人で住めるぐらいの広い家に住まなければなりませんし、奥さんにかかる食費や洋服代などもありますから、独身の人よりもお金がかかります。

そこで、奥さんを養っている人は「配偶者控除」というものが使えます。
同じ300万円の所得でも、奥さんがいれば配偶者控除として一律38万円が控除できるので、この人の所得は262万円になります。所得が少なくなればそれだけ所得税も少なくなるというわけですね。

控除にはたくさんの種類があり、他にも子どもがいれば「扶養控除」、社会保険料として支払った分のお金は「社会保険料控除」、一定の所得未満のひとり親なら「寡婦(夫)控除などなど、いろいろな控除があります。

そして、生命保険料控除もその中のひとつです。

これは会社員の人であれば年末調整のときに、自分が該当する控除を申告すれば、所得税が軽減されて、その結果払い過ぎていた所得税が払い戻されるのです。

生命保険料控除の詳細

では、生命保険料控除を使えばどれぐらい所得税が安くなるのでしょうか?

残念ながら、生命保険料控除を使っても、劇的に所得税が安くなるわけではありません。

軽減される所得税の金額はもともとの所得によっても変わりますが、一般的な所得の人であればだいたい6千円~1万2千円程度が安くなります。
金額的にはあまり大きくないと思われるかもしれませんが、年末調整でこれだけのお金が余分に返ってくるとしたらうれしいですよね?
しっかり仕組みを理解して、申告漏れがないように気を付けましょう。

それぞれ最大4万円の控除

生命保険料控除には、

生命保険料控除
個人年金保険料控除
介護保険料控除

この3種類があります。
これらはそれぞれ、最大4万円の控除が受けられるので、3種類とも条件を満たせば合計で12万円の控除が受けられるということになります。
「控除」というのは所得から差し引くことができるというわけですから、所得が300万円なら12万円控除して288万円になる、ということです。

ただ、控除できる金額は、支払った保険料そのままの金額ではありません。
4万円の控除を受けるには、年間保険料の合計が8万円以上でなければなりません。

支払った年間保険料が8万円未満の場合は、保険料に応じて控除額が決まります。
ちなみに、これは平成24年以降に契約した保険が対象となります。

それ以前に契約した人の場合は、旧制度での計算になりますので注意が必要です。
旧制度と新制度の違いは

・介護保険が対象になるかどうか
・上限金額が4万円か5万円か

というところです。
旧制度の場合は介護保険料は対象ではなく「生命保険料控除」と「個人年金保険料控除」のみで、それぞれ上限5万円、合計10万円の控除となっていました。

契約した時期によって変わるので注意が必要です。

生命保険料控除の手続きはとっても簡単です!

生命保険料控除は忘れずに申告しておきたいものですが、手続き自体はとても簡単です。

毎年、秋になると保険会社から「生命保険料控除証明書」が届きます。
その証明書を、年末調整の書類に添付するだけです。

医療費控除のようにわざわざ確定申告に行く必要もありませんから、誰にでも簡単にできる手続きで、証明書の添付を忘れないようにすれば他は何も問題はないと思います。

ただ、もし忘れてしまっても会社の人が声をかけてくれるわけではないので、自分でしっかり覚えておかなくてはなりません。

また、控除証明書を紛失しないように気を付ける必要もあります。
保険会社から控除証明書が届くのは、年末調整をする時期よりも早いです。秋ごろに届く上に、普段から保険会社からの郵便はすべて「どうせ勧誘か何かだろう」なんて思ってすぐに捨ててしまっている人もいます。

控除証明書は必ず必要になる書類なので、紛失しないように気を付けてくださいね。
紛失した場合はたいてい再発行してもらえますが、当然時間もかかりますし、失くさないように気を付けるのが一番です。
ちなみに、控除証明書を紛失する人は非常に多いのでギリギリになると電話も混み合ってしまいます。そして混み合っている分、再発行書類の発送にも時間がかかりますからその点はあきらめましょう。

控除証明書が届いてから、年末調整で提出するまでのあいだは忘れないように、分かりやすいところに置いておくようにしましょう。
封筒に入れたままだと間違えて廃棄してしまう人も多いので、封筒から出しておくか、封筒に太ペンで「生命保険料控除証明書」と大きく書いておくのがおすすめですよ。

生命保険に加入しているにも関わらず「控除証明書」が何かもわからずに手続していないという人も少なからずいると思います。

せっかく、書類を添付するだけで数千円得するのですから、ぜひとも手続きしてくださいね。

控除のために保険に加入するわけではありません

ただ、所得税を軽減する、つまり節税するために生命保険に加入するというわけではありません。

数万円の保険料を支払って数千円得するだけなのですから節税効果も弱いですし、不要な保険に入ってまで所得税を軽減してもらうというのは本末転倒ではないでしょうか。

控除が目的で保険に加入するのではなく、必ず自分にとって必要な保険に加入するようにしましょう。
自分に必要な保険を検討した結果、もしかしたら個人年金が必要ないかもしれませんし、介護保険も自分には必要ない、ということになるかもしれません。
「保険料控除を受けるため」というだけで保険に入ってもムダになるだけですから、しっかり自分に必要な保険に加入するようにしてくださいね。

でも、生命保険料控除は少額とはいえ所得税は安くなりますし、案外あなどれないものです。これから生命保険に加入する人や見直しを考えている人は、保険料控除についても担当者に聞きながら、分からないことは聞いて教えてもらうと良いでしょう。

納税は国民の義務であり、税金はいくら高くても払わなくてはならないものです。
せっかく所得税が軽減される制度があるのですから、しっかりフル活用してくださいね。

保険一括見積