保険会社(保険屋)のお仕事って稼げる?

女性の方の場合、保険会社のセールスレディのお仕事に勧誘されたことがあるという人も少なくないのではないでしょうか?

ハローワークの前で勧誘していたり、保険会社で働いている知り合いから誘われたり、ということもあります。

ところで、保険会社でのお仕事というのは稼げるものなのでしょうか?
ここでは、いわゆる「セールスレディ」のお仕事について考えてみましょう。現在勧誘を受けているとか、仕事を探しているという人の参考になれば幸いです。

セールスレディの業務内容とは?

まず、セールスレディというのがどういう仕事をしているのかを確認しておきましょう。
当然保険を売る人であるということには間違いないのですが、そのためにどのようなことをしているのか気になりますよね。

基本的には、保険の契約をもらうのが仕事になりますから、そのためにお客様の家を訪問したりして勧誘するところから仕事が始まります。

そして、保険を提案して、契約をもらえば収入につながるわけですね。でもスムーズに保険の提案→契約となるわけではありませんから、たくさんの努力が必要です。

まず、話を聞いてもらうためにはノベルティグッズを配ったり、「アンケート」をお願いしてとりあえず話を聞いてもらう体勢を作ってから保険の話を始めます。
話を聞いてもらうためには、お客様の休日や帰宅後にアポを取ることもあります。

そして、セールスレディは契約を取ることだけが仕事ではありません。
お客様のフォローをすることも仕事です。

たちとば何か質問を受ければそれにこたえるのも仕事ですし、給付金請求などの手続きに関しても、自分で書類を揃えてお客様のところに出向いて手続きを進めます。
常に、新規契約の獲得と既存のお客様のフォローをしていかなくてはならないのがセールスレディだと言えるでしょう。

セールスレディは正社員では無い!

セールスレディは、正社員ではないってご存じでしたか?
大手の保険会社でビシッとスーツ姿で働いていても、正社員ではないのです。かと言ってパートタイマーや派遣社員というわけでもなく、セールスレディは

個人事業主

なんです。

つまり、特定の保険会社に属しているものの、実際には自営業だということです。
コンビニオーナーのように、フランチャイズ形式で働いているのと似た感じだと思えば良いと思います。

つまり、セールスレディは保険会社に雇用されているわけではないので、雇用保険もありません。
個人事業主ですから当然交通費など営業活動にかかる経費も自腹です。
みなさんがセールスレディからもらうノベルティグッズなんかも、自腹で購入しているんですよ。
ですからたとえ「月収○万円」と書かれていても、経費のことを考えれば手取りはもっと少なくなるので、純粋にアルバイトやパートの給料とは比較できないんです。

個人事業主の場合は、会社員のように「年末調整」もありませんから、毎年自分で「確定申告」をしなければなりません。そのためには経費にかかった領収証なども保管しておかなくてはなりませんし、普通の会社員とは全然違う、ということを知っておいた方が良いでしょう。

セールスレディの稼ぎはどれくらい?

では肝腎の、セールスレディの稼ぎというのはどれぐらいになるのでしょうか?

はじめは、14万とか15万といった給料です。
これは、採用の際にも書かれていることが多いですね。はじめのうちはこれくらいの給料が保障されているのが一般的です。

そして、3か月や6か月といった研修期間が終わったのちにはそれほどの保障給はなくなり、自分のチカラで稼いでいかなくてはならなくなります。

給料体系は保険会社によって違いますが、歩合給であることには変わりありません。

歩合給の部分も、生命保険の契約を取る以外の歩合給もあります。
具体的には、損保の成績も関係します。

生命保険と損害保険は違います。
たとえば日本生命であれば、「あいおいニッセイ同和損害保険」の販売もしています。生命保険を売るだけでなく、火災保険や自動車保険などの損害保険を売ったときにも歩合給としての上乗せがあります。

また、「育成手当」といようなものもあります。
実はセールスレディの仕事は、保険の契約をとったりお客様のフォローをすることだけではありません。

新たなセールスレディを勧誘することも、大切な仕事なのです。
今までにセールスレディにならないか、と勧誘されたことがある人はお分かりだと思いますが、けっこう必死に勧誘してきますよね。あれは「ぜひあなたに来てほしい!!」というよりも「誰でもいいからとりあえず来てほしい!」と思っていると考えても良いかもしれません。

それだけ、新人を増やすことも大切で、給料にも大きく関わってくるのです。

ただ一方で、ペナルティもあります。
自分がとった契約を早々に解約されてしまったり、自分が勧誘した新人がすぐにやめてしまったりした場合はそれだけの給料が引かれてしまいます。
だから、保険を解約しようとしたときになかなか応じてくれなかったり、セールスレディの仕事をやめようとしてもスムーズにやめさせてもらえなかったりするのです。
これには一定の期間が決まっているので、その期間が過ぎれば解約しても問題ない、ということもあります。
生命保険の場合はだいたい2年ですね。2年間は解約されると困るのであの手この手で継続してもらおうとしてきますが、2年が過ぎればあっさり解約させてもらえたり、担当者が挨拶にも来なくなる、というようなこともあります。

こうした要素でお給料が決まりますが、金額的には本当にピンキリです。
しっかりノルマをこなしてそれなりに活動できていれば、15~25万円のお給料にはなりますし、トップクラスの人になると年収1000万、2000万、という人も当然います。

セールスレディの勧誘を受けるときには当然良い面が強調されますよね。
「年収1000万円」「月収100万円」などと言われれば、「わたしももしかしたらできるかも!」なんて思ってしまう人もいると思います。

でも、実際にはそんな人はほんの一握りにすぎず、むしろ大半の人はすぐにやめてしまう業界だと思っておいた方が良いでしょう。

それだけ、セールスレディの仕事というのは向き不向きがはっきりしているのです。
ダメな人は全然契約が取れないのでお給料もどんどん下がり、査収的には辞めてしまいます。できる人は順調に契約が取れて、契約が取れるとよりやる気が出てくるのでますます契約が取れるようになってきます。

よく、「セールスレディは使い捨て」というようなことが言われます。
はじめから契約が取れるわけではないので、はじめは本人の家族や親せき、友人などに当たらせて契約を取らせる。だから本人が辞めても契約だけは残り、その後は辞めてもらっても構わない、というようなことが言われます。

しかし実際にはそうではなく、ただ単に、セールスレディというのは体力も、豊富な知識も、度胸も努力も必要な仕事でかなりハードだから続かない人が多いのではないでしょうか。保険会社が意図的に外交員を使い捨てにしているとは考えにくいです。

ウワサの真相?枕営業について

セールスレディのお仕事にまつわるウワサとして気になる人も多いのが、

セールスレディは枕営業をしているのか?

ということだと思います。男性の方が気にする人が多いようです。そういうAVが多いのでしょうかね。

枕営業とは、体の関係を持つことで契約を取る、ということです。ですから、彼女や奥さんが保険会社に就職が決まったときに必要以上に心配する男性は少なくありません。

このウワサは昔からありますし、ネット上では体験談のようなものもかなり見られます。
でも、実際には枕営業というのはほぼ存在しないと言っても良いでしょう。

たとえば援助交際の場合、1回2万とか3万、高くても5万程度だと思います。それに対して、生命保険だといくら支払うことになるか分かりますか?
保険料が1万円の保険を契約した場合は、1年で12万、2年で24万円です。
これだけの大金を支払う価値がありますか?
セールスレディからしても、莫大な歩合給が入るわけでもありませんから、冷静に考えれば枕営業をするほどの価値はないということがすぐに分かります。

ですから、もしセールスレディの仕事をしようと考えている人で「枕営業はしたくない」と悩んでいるなら、その心配はありません。
そんな暇があるなら他社商品や税法など、勉強の時間に充てるべきです。

もちろん枕営業をしている人が皆無ということはないかもしれません。でもそれは、枕営業というよりは、ただ下半身が奔放な人、ということだと思います。そしてそういう人は、セールスレディに限らずどんな仕事をしていても、多少はいるものです。
セールスレディ=枕営業、という考え方は真面目に働いているセールスレディに失礼なので、口にしないように気を付けましょうね。

保険営業の真相!子どもがいても働きやすいのは本当?

セールスレディの仕事に勧誘されるときに言われるのが、

子どもがいても大丈夫!
融通が利くから学校行事にも参加できる!
外回り中に一回自宅に帰ってもOK!

なんて、時間に融通がきいて子どもがいる人も働きやすい、ということです。
これは本当でしょうか?

残念ながら、ここまで融通が利くことはないと思った方が良いでしょう。
たしかに、働き方、スケジュールの組み方はほとんど自分の意のままにできるのですが、ただそれだけでは契約は取れません。

お客様の都合に合わせて夜間や土日に訪問しなければならないことはとても多いです。平日の9時から17時までだけで完結する仕事ではまったくありません。そういう仕事がしたいなら、営業ではなく事務職の方を探した方がよいでしょう。

むしろ平日の昼間はけっこう自由に動けますし子どもが病気になっても休みやすいのはたしかですが、その分土日や平日の夜に出て行かなければならないことが多いので、「夜や土日は夫が家にいる」というような場合でないと、この仕事は難しいと思います。

それに夫に頼れるとしても、毎週土日に仕事に出てしまっては家族を放ったらかしにしてしまうことになり何のために働いているのか分からない、ということにもなりかねません。
融通がきく仕事である分、どこまで働くのか、どこまで家族と関わりたいのか、ということを自分でしっかり考えないと難しい仕事かもしれませんね。

セールスレディの仕事は、さほど華やかな仕事でもなければ楽に稼げる仕事ではありません。
学歴がなくても社会人経験がなくても誰でも就ける仕事ですが、実際にしっかり稼げる人はごく一部。
それでもやってみたいという人は、しっかり稼ぐつもりでがむしゃらにがんばってみてはいかがでしょうか。

>>保険のいろは 保険無料見直しサービス<< 保険一括見積