定期特約付き終身は良い?悪い?

生命保険は、死亡保障や医療保障などさまざまな面で万が一の場合の保障をしてくれるものです。

生命保険で保障してくれる内容にはこのようなものがあります。

・自分が死亡した際に遺族に必要なお金を準備する
・自分が死亡した際の葬式代や遺品整理に必要なお金を準備する
・入院や手術をしたときにかかるお金を準備する
・ガンなど大きな病気にかかったときに必要なお金を準備する
・介護が必要になったときに必要なお金を準備する

他にも、老後資金を準備したり、子どもの教育資金を準備できる保険もありますね。

さて、日本の生命保険でよくある契約パターンとして「定期特約付き終身」というものがあります。

正確には定期保険特約付き終身保険というものです。

保険というのは、

・終身保険
・定期保険
・医療保険

というように、必要な保障をそれぞれ契約することもできますが、一つの保険に他の保障を「特約」としてセットすることもできます。

定期特約付き終身というのは、「終身保険」にあらかじめ「定期保険」を特約としてセットにしている保険のことです。

たとえば、終身保険300万円に、定期保険2700万円の特約を付ければ、総額3000万円の保険になります。

さて、ここで終身保険と定期保険の違いについて整理しておきましょう。

終身保険は、解約しない限りは一生涯保障が続く保険で、必ず保険金を受け取れる保険だと言えます。

定期保険は、一定期間のみを保障する保険で、その期間内に死亡すれば保険金が受け取れて、期間内に生き延びれば保険金は受け取れず、保険料は掛け捨てとなります。

終身保険は、必ず保険金を受け取れますが、保険料は高額です。定期保険は、保険金を受け取れるとは限りませんが、保険料は安いです。

それぞれの基本的な使い方としては、一生必要なお金、たとえばお葬式代などは、終身保険でまかないます。

そして、一定期間だけ必要なお金、たとえば子どもが生まれてから子どもが成人するまでのあいだなどは、定期保険を使います。

3000万円の保障が必要な人がいた場合、すべてを終身保険でまかなおうとすれば保険料が高くなりすぎて、子育て世帯などの場合は特に、支払いが難しくなります。

かと言ってすべてを定期保険でまかなえば、一定期間を過ぎたあとは保障がなくなってしまい、さらに更新して継続しようとすれば保険料が高くなりすぎてしまいます。

そこで、終身保険と定期保険を組み合わせたのが「定期特約付き終身保険」です。

この保険は長らく国内生保の主力商品でしたが、一時期はアカウント型の保険などに取って代わられ、あまり積極的には売られていませんでした。ただ最近は、また売られるようになっています。

定期特約付き終身の良いところは、保険料を抑えつつ必要な保障が確保できるところです。定期特約付き終身の悪いところは、「更新型」というところにあります。

生命保険へ加入する際、ほとんどの人はよく分からないまま加入しています。

たとえば就職してすぐに、保険会社の外交員から勧められて、「社会人になったのだから保険ぐらい入っておこう」と契約しています。

その保険金額が3000万円だとしても、終身保険部分は200万円程度で、定期保険として2800万円程度になっています。

そして、この定期保険部分は期間が決まっていて、たいては「10年」となっています。ということは、10年経つとどうなるのでしょうか?

契約して10年程度が経つころに、更新のお知らせが届きます。

22歳で契約したとして、10年後は32歳。結婚して子どもが生まれたばかりだとしたら、まだまだ大きな保障が必要です。

定期保険は10年間だけだとしても、さらにもう10年更新することができます。まだまだ大きな保障が必要であれば、更新すると思います。

でも、22歳で契約したときには安い保険料でも、32歳で更新するときには、定期保険の部分の保険料は32歳の年齢で契約するので、はじめのころよりも保険料は上がります。その後も10年ごとに保険料は上がり続け、しまいには3000万円の保険に数万円もの保険料を支払わなくてはならなくなります。

そして、最終的に残るのは、終身保険200万円だけになります。よく分からないまま保険に加入していた人からしたら、「3000万円の保障のために高い保険料を払い続けてきたのに、200万円しか残らないなんておかしい!」ということになりますね。

これが、定期特約付き終身の困ったところです。でも、定期特約付き終身自体は悪い保険ではありません。実は、定期保険の期間は10年以外にも選べるのです。

「20年」「30年」といった長期間にしておけばはじめの保険料は少し高くなるものの、途中で保険料が上がることはありません。

さらに、「保障は多い方が良い」とばかりに高額な保障を、高い保険料を払い続けて継続する必要はなく、必要な期間だけ持っておけば良いのですから、必要なくなれば終身保険だけを、格安な保険料で継続すれば良いのです。

また、保険ははじめに契約したら、解約するまで保障内容が変えられないわけではありません。そのときの状況に応じて3000万円を2000万、1000万と変えていけば良いのですから、無理に高い保険料を支払う必要はないんですよ。

このように、よく分からないまま保険を契約してしまうと、定期特約付き終身保険によって大きく損をしてしまうこともあります。言われるがまま契約・更新するのではなく、ある程度自分でも調べて、よく分からない保険は契約しない、というのも大切なことですよ。

保険一括見積

保険の選び方で失敗しないための3ステップ