生命保険選びで最高の担当者に出会いたい

生命保険を契約する時には、実は担当者がどんな人か、ということが非常に重要です。

生命保険って難しいですよね。少し調べただけでゃとうてい理解できないややこしい仕組みがいろいろあるので、ほとんどの人は結局は担当者任せになっていることが多いんです。

ですから、もし、担当者が悪い人だったら……。担当者の営業ノルマのカモにされて、数年おきに不利な保険へと転換させられて、無駄な保険料を払い続けることになります。こんな話は実は珍しい話ではなく、特に若い人はターゲットになりやすいと言えます。

たとえば新入社員の場合。保険会社のセールスレディがこう言います。「社会人になったんだから保険ぐらい入っておかないとね!」

そこで、「そうか、もう社会人なんだから、保険ぐらい入っておかなくちゃ」と思ってしまいます。それでも、新社会人に相応な保険を勧めてくれるのなら良いのですが、中には悪徳なセールスレディも存在します。

実家暮らしで、大きな保障はまったく必要なく、なんなら医療保障さえほとんど必要のない若者をつかまえて、死亡保障5000万円の保険を勧めてくることもあるのです。若い人は親切なセールスレディを疑うこともなく、すんなりと契約してしまいます。

そして、最初に契約した保険の保険料が15,000円だったとしたら、今後は15,000円程度の保険料なら普通、と価値観を持ってしまいます。ちなみに新社会人の場合、最低限の保障だけもつとしたら数千円の保険料で十分です。

さて、ここでは「外交員」「担当者」という言葉を使わずにあえて「セールスレディ」としましたが、残念ながら、たくさんのセールsレディが在籍している国内生保に多いのが、このようなパターンなんです。もちろん国内生保でも良い人はたくさんいますし、本当にお客様のことを考えて提案している、という人もたくさにます。

でも、セールスレディという仕事は、ほとんど誰にでもできる仕事です。入社するのはカンタンなのです。でもその中で生き残ろうと思うとノルマを達成していかなければならず、モラルの低い人は、前述のような悪徳な営業をおこなってしまうわけです。

こんなことにならないためには、こちらも担当者を見る目を養わなければなりません。そのためには、本当は、こちらも保険についてある程度勉強しておく方が良いのです。

生命保険の基本的な仕組みや、評判の良い保険会社、保険商品をある程度調べておくことはできますよね。さらに可能であれば、生命保険に関する本を2~3冊読んでみることをおすすめします。生命保険というのはプロのあいだでも意見が分かれるものがありますから、1冊ではなく2~3冊読むのがおすすめです。

「でも、そんな時間は無いし……」「本を読むのは苦手で……」という人には、もう少しカンタンに良い担当者を見極める方法があります。それは、

・どれぐらいのヒアリングをしてくるか・こちらの質問にどれぐらい答えられるか

ということです。

まず、その人にぴったりな保険を設計するには、ありとあらゆる情報が必要となります。生年月日さえあれば保険は設計できますが、ぴったりのものを設計しようと思えば、家族構成、年収、子どもの教育についての考え方、希望する生活水準などなど、たくさんの情報をもとに設計しなければなりません。

そういった情報を詳しく聞いてくれる担当者であれば、ある程度信頼できると思っても良いでしょう。

さらに、こちらからいろいろ質問を投げかけるのもおすすめです。とは言え保険の知識がない人にとっては何を質問したら良いのか分からない、ということもあると思いますが、本当になんでもけっこうです。

「ここの保障を○○円にしたらどうなりますか?」「終身払いってなんですか?」など目についたものをなんでも質問して、それに対して丁寧に、的確に答えてくれる担当者なら合格です。その際に「多分、○○だったと思います」というような曖昧な答え方をしたり、目が泳いでいたりすればアウトです。ちなみに、質問の内容によってはその場ですぐに答えられない場合があるのは仕方ありません。

その場合は「会社にもどってお調べしてからご連絡差し上げてもよろしいですか?」といった対応で、その後すぐに返答があれば、その担当者は信頼できると思っても良いと思います。

このように担当者を見極めたい場合は、面倒でも複数の担当者と会うことをお勧めします。それは保険会社の外交員でも良いですし、保険代理店でもかまいません。とにかく数人の担当者と話をして、誰が一番すぐれているかを見極めましょう。

ただ、どれだけ優れた担当者に出会えたとしても、その担当者がいつまでもあなたの保険の面倒をみてくれるわけではありません。

知識が豊富で信頼できる担当者というのは年配の外交員であることが多いのですが、年配の外交員の場合は、いずれ退職してしまうでしょう。あなたがまだ30歳で、担当者が50歳なら、あと10年程度は面倒を見てもらえても、その先はまた新たに良い担当者を探さなければならないことになります。

そういう意味では、担当者個人ではなく、会社そのものの評判が良いこともある程度重要です。国内生保が、保険のプロから敬遠されるのは、商品の弱さだけが原因だけでなく、良い担当者と悪い担当者の差が激しいから、ということもあります。

良い担当者に巡り合えた場合は、その人がその会社にいる限りは、とことん面倒を見てもらうことをおすすめします。ささいなことでも相談していればあなたにもある程度の保険の知識がつきますし、その人が退職したあとでもなんとかやっていけるでしょう。

良い担当者や良い会社というのは、人によっても差がありますが、ネットの評価もある程度参考にはなります。保険会社というのは他のサービス業などと違ってコンプライアンスが非常に厳しいので、基本的には他社の悪口を言うようなこともありません。

エステや飲食店の評判はサクラや競合による誹謗中傷などもありますが、保険会社の場合はそういったことはほとんどないのでネットの評判も参考にしてみましょう。

>>保険のいろは 保険無料見直しサービス<< 保険一括見積