明治安田生命の学資保険

学資保険に加入するなら、なんとなくで選ぶのではなく、きちんと比較した上で選ぶことが大切です。学資保険と言っても保険会社によって特徴が異なります。

学資保険と言うと教育資金を貯めるためのものですが、ただお金が貯まるというだけでなく、保険としての機能を充実させているものもあります。たとえば育英年金や医療特約などです。

育英年金は、契約者(親)に万が一のことがあった際に年金が受け取れるものです。医療特約は、被保険者(子ども)が入院や手術をしたときに給付金が出るものです。また、被保険者(子ども)に万が一のことがあった場合の死亡保障を充実させているものもあります。

さて、明治安田生命の場合は、こうした特約は一切ついていません。それは、返戻率を高くするためです。

保険としての機能を充実させると、それだけ保険料は高くなります。特約がなにもついていなければ、単純に貯蓄ができる商品になるので、返戻率は上がります。

もちろん、特約がついていなくても、学資保険の特徴である「契約者に万が一のことがあった場合は以後の保険料の払い込みが不要になる」というメリットはついています。

さて、明治安田生命の学資保険は、「明治安田の学資のほけん」という名前で販売されています。この学資保険の特長は、払込期間が15歳まで、というのが選べることです。

一般的な学資保険の場合は、18歳までの払い込みが多いです。また、22歳満期の商品だと22歳まで払込が続くものもあります。

払込期間が長い方が、月々の保険料の負担は少なくなりますが、返戻率を高くするには早めに払込期間が終わる方が有利です。また、本格的に教育にお金がかかりだす頃に保険料の負担がなくなる、というメリットもあります。

アフラックの学資保険では、払込期間が10歳まで、というのが選べます。そのため非常に高い返戻率を誇っているのです。
ただ、準備したい資金が多いと、10歳までに払い終えようとすると保険料がかなり高くなってしまいます。その場合には、この15歳払込を選んでも良いでしょう。ちなみに明治安田生命でも、契約年齢によっては10歳までの選択もできます。

それから、明治安田生命の学資保険は、「21歳満期」というものです。たいてい学資保険は18歳満期か22歳満期かのどちらかになるので、21歳というのは珍しいですね。これはどういうことかというと、一般的な22歳満期の学資保険では、このようになります。

大学入学前   :学資金
大学2年になる前:学資金
大学3年になる前:学資金
大学4年になる前:学資金
大学卒業前   :学資金

ですが、21歳満期の場合は、「大学4年になる前」の学資金で終了します。

1回分損したようにも見えますが、それだけ1回あたりの金額は増えるので、損はしていません。また、大学にかかるお金をメインに貯めておこうと思う場合は、「大学卒業前」の学資金はよく考えたら不要ですよね。

大学院に進学する場合は助かりますが、そうでない場合には、就職祝いを奮発してあげるか、そのまま貯蓄しておく、といった使いみちになります。大学費用を中心に考えるなら、21歳満期でも問題ない、ということが分かります。

明治安田生命の学資保険では大学入学時から4回にわたって学資金を受け取りますが、その金額は一律で、たとえば総額300万円を受け取れるものなら1回あたり75万円ずつ受け取れる、ということになります。するともっともお金がかかると言われている大学入学時にはちょっと足りないですね。

もちろん設定を高くすれば良いのですが、すると保険料も上がりますし、大学2年目以降にそんなにたくさんのお金は要らない、ということになってしまいます。明治安田生命の学資保険に加入する場合は、大学入学時の資金はまた別で準備しておく必要があるでしょう。

ちなみに基準額を100万円として、総受取額が300万円になる場合の保険料はこのようになります。

契約者:30歳男性 被保険者:0歳

保険料   15,484円
保険料総額 2,787,120円
返戻率   107.6%

また、年齢別の保険料と返戻率はこのようになります。(契約者は男性、被保険者0歳で計算)

20~23歳:15,459円 107.8%

24歳:15,460円 107.8%

25歳:15,462円 107.7%

26歳:15,465円 107.7%

27歳:15,468円 107.7%

28歳:15,472円 107.7%

29歳:15,478円 107.6%

30歳:15,484円 107.6%

31歳:15,492円 107.5%

32歳:15,499円 107.5%

33歳:15,510円 107.4%

34歳:15,520円 107.3%

35歳:15,532円 107.3%

36歳:15,547円 107.1%

37歳:15,562円 107.0%

38歳:15,580円 106.9%

39歳:15,600円 106.8%

40歳:15,622円 106.6%

子どもの年齢別の保険料も確認してみましょう。(契約者は30歳男性)

0歳:15,484円 107.6%

1歳:16,662円 107.1%

2歳:18,022円 106.7%

3歳:19,608円 106.2%

4歳:21,484円 105.7%

5歳:23,736円 105.3%

6歳:26,497円 104.8%

明治安田生命の学資保険は15歳払込になる分、月々の保険料は高めですが、返戻率で考えると高い方ですね。

ただ、やはりこの学資保険の場合は大学入学時の資金を備える、という面では弱いので、別途他の方法で貯蓄しておかないといけません。

もちろん、他の保険会社の学資保険にも加入するのも良いでしょう。明治安田生命で大学の授業料をまかない、ソニー生命の18歳満期のもので入学時にかかるお金を準備する、という組み合わせ方もできます。

明治安田生命の学資保険は学資金が均等に毎年もらえるので、授業料や、下宿する場合の仕送り費用として貯めておきたい場合には良いかもしれませんね。

保険一括見積

保険の選び方で失敗しないための3ステップ