ソニー生命の学資保険

学資保険の中でも根強い人気をもつソニー生命の学資保険。商品名も「学資保険」と非常にシンプルです。

学資保険は、子どもの教育資金を準備するために加入するものです。学資保険の中には、契約者(親)に万が一のことがあった場合に育英年金が受け取れるものや、お子さんが入院や手術をしたときに給付金が受けとれるものもあります。

保障と貯蓄を兼ね備えているので安心感はありますが、「保険と貯蓄は分けるべき」ということはよく言われます。特に保険やお金の知識があまりない人にとっては、一つの保険にあれもこれもといろんな機能がついていてはややこしくて本当にお得なのか分かりません。また、何か起こったときにも給付金が出るとは知らずに請求漏れになる心配もあります。

ソニー生命の学資保険は教育資金を貯めるだけ、というシンプルな保険です。余計な特約がついていないために返戻率も高いです。

もちろん保険ですから、契約者(親)に万が一のことがあった場合は以後の保険料の払い込みは不要になり、はじえに契約していた学資金がちゃんともらえます。

ソニー生命の学資保険の満期は、4パターンから選べるようになっています。17歳・18歳・20歳・22歳です。

早生まれの場合は、18歳満期にしてしまうと契約日の関係で大学進学時に間に合わないことがあるので、17歳満期にしておけば安心ですね。また、大学院進学などをお考えなら22歳のときに満期学資金が受け取れるようにしておいた方が良いでしょう。

また、ソニー生命の学資保険にはⅠ型とⅡ型があります。

Ⅰ型……大学進学時に加えて、中学進学時、高校進学時にも学資金が受け取れます。

Ⅱ型……大学進学時に学資金が受け取れます。20歳・22歳満期の場合は大学進学時と満期時に学資金が受け取れます。

このように、ソニー生命の学資保険は希望に合わせて自由に設計できるのが魅力です。ちなみにⅠ型を選んだとしても、中学進学時や高校進学時に学資金を使うことがなければ据置しておくことが可能です。

そういった意味では、Ⅰ型を選んでおく方が安心かもしれませんね。ただ、返戻率で考えるとⅡ型の方が高いです。ここでポイントとなるのは、今後金利は上昇していくのかどうか?というところ。

保険料の計算に使われる「予定利率」は、契約した時点で固定されるものですから、いくら銀行の金利が上昇しても予定利率が変わることはありません。

一方、据え置き利率はそのときの情勢に応じて見直しされます。つまり、今後金利が上昇していくのであればⅠ型にしておいて使わない分は据置しておいた方が良いかもしれない、ということが言えるのです。こればかりは今後どうなるのか、なんとも言えませんが、Ⅱ型にするというのは長年固定金利で預けるのと同じことですから、個人で判断するようにしましょう。

では、ソニー生命の学資保険の保険料や返戻率を見てみましょう。契約者:30歳男性 被保険者:0歳 300万円の学資金を準備したい場合。

Ⅰ型 保険料   13,376円
   保険料総額 2,889,216円
   返戻率   105.2%

Ⅱ型 保険料   12,720円
   保険料総額 2,747,520円
   返戻率   109.1%

ちなみにⅠ型の場合は、満期時の基準金額を決めて、中学進学時、高校進学時には基準金額の30%が支払われます。つまり、100万円と設定すれば、中学・高校進学時にはそれぞれ30万円ずつ受け取れるので、合計160万円受け取れる、ということです。

この関係から、「300万円」ちょうどに設定することはできず、上記の例では基準金額が190万円、中学・高校進学時には57万円ずつ、合計304万円、ということになります。Ⅰ型とⅡ型では払込保険料が合計14万円程度変わってくるので大きい差になりますね。

また、年齢別の保険料と返戻率はこのようになります。(Ⅱ型の場合。契約者は男性、被保険者0歳で計算)

20歳~28歳 12,690円 109.4%

29歳~32歳 12,720円 109.1%

33歳~34歳 12,750円 108.9%

35歳~36歳 12,780円 108.6%

37歳     12,810円 108.4%

38歳~39歳 12,840円 108.1%

40歳     12,870円 107.9%

子どもの年齢別の保険料も確認してみましょう。(契約者は30歳男性)

0歳:12,720円 109.1%

1歳:13,650円 107.7%

2歳:14,730円 106.0%

3歳:15,930円 104.6%

4歳:17,310円 103.1%

5歳:18,930円 101.5%

ソニー生命の場合は10歳払込というようなプランはありませんが、18歳まで保険料の払込があっても返戻率が高いのが魅力ですね。月々1万ちょっとの保険料で300万円準備できるなら、お子さんの進学時には安心ですね。

お子さんの年齢は7歳までは契約できますが、18歳満期の場合は5歳までとなっており、5歳を超えると20歳満期もしくは22歳満期になります。

また、ソニー生命の場合は学資保険以外にも魅力的な商品が多いのが特長です。学資保険と同様にシンプルかつ合理的な商品が多いので分かりやすいと思いますよ。

また、ソニー生命の場合は外交員が男性、というのも特徴的です。保険会社の外交員と言うと「セールスレディ」などと言われるように女性の方が多いですよね。女性だからとか男性だから、というのはあまり意味がありませんが、実際、女性の外交員を採用している保険会社の場合、誰でも簡単な試験を受ければセールスレディになれてしまうのが問題です。

一方ソニー生命の場合は営業経験が豊富な外交員が多いので比較的ハズレが少ない、ということは言えるかもしれません。ただ、旦那さんがいない昼間に男性の外外交員を家に上げることに抵抗がある場合は、近所の喫茶店やファミレスで面談をするようにするのがおすすめですよ。

保険一括見積

保険の選び方で失敗しないための3ステップ