保険に入りたいときは誰に相談すれば良い?

生命保険に加入しようと思っているとき。または今入っている保険の見直しをしたいとき。

どのように保険に入れば良いのでしょうか?

生命保険と言えば「セールスレディ」と言われる人が会社や家に来て契約する、ということが多かったですが、今は他にもいろんな方法がありますよね。

生命保険の外交員は女性が多いですが、今は男性の外交員だっていますし、保険会社専属の外交員ではなく、複数の保険会社の商品を取り扱う代理店もあります。それから、通販型やネット生保と言われるものもあります。この場合は相談すると言うよりも、自分で商品を決めて自分で手続きする、というような感じになります。

では、どのように保険に加入するのがもっとも良いのでしょうか?

まず、特定の生命保険会社の専属外交員の場合。メリットは、商品知識が深く、アフターサービスも期待できる、という点です。

特定の保険会社の商品だけを扱うわけですから、自分が所属する保険会社の商品については詳しく知っています。また、なにかあればその担当者に相談できる、といったメリットも魅力です。

ただ、その保険会社の商品に詳しいだけなので、他社の商品との比較の信頼度が低い、というのがデメリットです。他社商品の知識も持ってはいますが大手の保険会社の知識しかなかったり、知識があると言っても十分でないことも多いので、比較したいなら難しいと思った方が良いでしょう。

長年勤めている人で、愛想もよく、提案の内容も良ければ、一生付き合っていけますので契約しても良いと思います。

次に、代理店の場合はどうでしょうか。保険代理店というのは、契約してもらうことで保険会社からマージンが支払われる仕組みになっています。保険代理店ではたくさんの商品を取り扱っているのがメリットです。

必要な保障によって商品を選ぶには、一社だけでなく、複数の会社から「終身保険はA生命、医療保険はB生命」というように、使い分けた方がよりニーズに合った選択ができて、しかも保険料も低く抑えることができます。

ただ、保険代理店では商品の知識が「浅く広く」になりがちです。覚えるべき商品の数が膨大なので仕方がありませんが、深い知識は期待しすぎない方が良いでしょう。ただ、さまざまな保険会社の良い商品については詳しいので比較して検討したい場合にはおすすめです。

ネット生保の場合。ネット生保はネット上で手続きができるので担当者と顔を合わせる必要はなく、時間や曜日関係なく保険の申込ができるのが魅力です。人件費がかからない分保険料が安いというのもメリットですね。

ただネット生保だと、てきとうに商品を選んでしまって本当に必要な保障が確保できていない、というリスクがあります。ネット生保のホームページには保険の選び方も詳しく解説されていますが、知識の無い人からすると分かりづらいことも多く、結局はなんとなくで選んでしまう、ということがあるので注意が必要です。

また、保険料についても、一概に安いとは言えない場合があるので他の保険会社の商品と比較するのは忘れないようにしましょう。

ネット生保で契約する場合はホームページに載っている情報をしっかり理解すること、また、コールセンターに問い合わせてしっかり相談した上で商品を選ぶことが大切です。

他にも、ファイナンシャルプランナーに相談する、という方法もあります。保険会社や保険代理店にもファイナンシャルプランナーはいますが、FP事務所を構えているような独立系のファイナンシャルプランナーは、中立な立場で家計全体のアドバイスがもらえます。

ファイナンシャルプランナーというのはお金のスペシャリストですから、保険のことだけでなく家計全体の視点からアドバイスがもらえる、というのが魅力です。たとえば子どもの教育資金を貯めたい、という場合でも、学資保険だけでなく銀行の定期預金など他の貯蓄方法についても詳しく教えてもらえるので心強いですね。

ただ、ファイナンシャルプランナーの場合は保険の商品知識はあまり高くない場合があります。ですから必要な保障を確保することはできても、他にもっと保険料が安い商品があったり、特典のある商品があったりもするので、お得になるとは限りません。

ファイナンシャルプランナーの中には無料相談をして、保険を販売することでマージンを受け取る、という代理店と同じ状態の人もいますし、相談料は有料になるものの、マージンをもらうことがないので完全に中立な立場でアドバイスをくれる、という人もいます。

このように、生命保険の相談をしたり、契約の申し込みをする手段にはさまざまな方法があります。どの方法を選べば良いのでしょうか?

それぞれメリット・デメリットがあるので、一つだけの方法よりも、組み合わせて利用する方が、よりニーズに合った商品を選べるようになります。

たとえば、特定の保険会社の外交員と、保険代理店の双方に相談する、というような方法です。そしてそれぞれの提案をよく聞いて、分からないところは質問し、よりニーズに合っていてるものを選べば失敗は少なくなるでしょう。

生命保険を考えるときには、ライフプランを考えた上で設計する必要があるので、そういった意味ではファイナンシャルプランナーへの相談もおすすめです。

ネット生保についても、利用するのであれば実際にファイナンシャルプランナーや保険代理店に相談してから自分に必要な保障の種類や金額を知った上で商品を選ぶことが重要です。ネット生保は安いから、という理由で安易に選ばずに、じっくり検討するのが良いでしょう。

生命保険というのは何十年にもわたってお金を支払い続けるもので、総額にすると数百万円、人によっては一千万円以上にもなります。良く考えて、ベストな選択ができるようにしてくださいね。

>>保険のいろは 保険無料見直しサービス<< 保険一括見積