掛け捨ての保険が一番!?

生命保険にはいろいろな商品があります。生命保険の世帯加入率は8割程度ですから、日本人のほとんどの人がなにかしらの生命保険に入っている、と考えても良いでしょう。でも最近は、若者の「保険離れ」が起きている、と言われています。

それはなぜでしょうか?

理由は、収入が少なく、保険料を支払う余裕がない、というものが大半ではないでしょうか。また、「必要性を感じない」ということも言えるでしょう。たしかに生命保険は、必ず入った方が良い、というものではありません。十分な貯蓄があったり、独身で親の資産が十分にある、という場合は生命保険に頼らなくても大丈夫です。

ただ、実際には生命保険が必要なのに加入していない、という人も多いんです。「生命保険なんて入ってもそうそう病気になることなんて無いんだからもったいない」という意見が多いんですね。

生命保険の保険料が高い、というのは、実はなんとなくのイメージで思っている人も多いので、実際にどれぐらいの保険料が必要になるのか、ということを知っておく必要があるでしょう。

生命保険で高い、と言われるのは「終身保険」「養老保険」「学資保険」「年金保険」といった商品です。これらはいずれも貯蓄性が高く、お祝い金や満期保険金が受け取れる分、保険料が高くなります。言ってしまえば、貯蓄と保険をセットにしたようなものなんですね。

一方、「定期保険」「収入保障保険」「医療保険」「がん保険」といった商品は、保険料が安いです。そして、「掛け捨て」になる、というのが特徴です。

「掛け捨て」というのは、なにも起こらなければ、支払った保険料は一切返ってくることがない、というものです。そう聞くと、誰もが「そんなのもったいない!」と感じます。

生命保険というのは、どういう仕組みになっているかご存じでしょうか?生命保険は、「相互扶助の精神」つまり助け合いで成り立っています。

支払った保険料は、誰かの保険金として使われている、ということです。たしかに自分には戻ってきませんが、どこかの誰かのために役に立っていると思えば、そこまで「もったいない」という気持ちにはならないのではないでしょうか?

保険会社は駅前の一等地にきれいな自社ビルを持っていたりするので、「契約者からせしめた保険料でこんな無駄遣いをしてる!保険会社って儲かるのね!」と思われるかもしれません。

でも実際には、わたしたちが支払った保険料というのはどこかの誰かのために使われています。保険会社では預かった保険料を責任を持って管理しています。一部は支払いのために積み立てておいたり、運用で利益を出して、利益が多ければ配当金として契約者に還元されています。

実は保険会社の大きな自社ビルも、運用の一部だと言うことができるんですよ。保険会社のビルには他の会社のオフィスが入っていたり、一階がコンビニになっていたりしますよね。そうして家賃収入を得るのも運用ですし、いざとなれば売ることもできる資産です。運用と言うと株のようなものを考えがちですが、不動産での運用もおこなっているわけですね。

保険料と言うのははじめから「予定利率」というものによって割引されているので、運用によって予定通りの利益をださなければ保険会社は倒産してしまいます。ですから、なにも保険会社が悪い意味で儲けているわけではないんですよ。

さて、掛け捨ての保険というのは、自分に返ってくるものではありませんが、誰かの保険金をして使われています。そして、自分に何かあった場合には、たくさんの人たちが支払ってきた保険料を、保険金としていただく、というものです。

もし自分に何もなくても、誰かの役にたつなら入っても良いかもしれない、と思われる方も多いのではありませんか?

「掛け捨てはイヤだ」という理由で貯蓄性の高い保険に入っている人も多いですが、そうなると保険料は高くなり、家計を圧迫します。それなら、最低限の保障を、掛け捨ての保険で備える方が現実的ですよね。

掛け捨ての保険なら、一体保険料はいくらぐらいになるのでしょうか?

一般的に、大きな保障が必要とされるのは、子どもがいる場合です。自分に万が一のことがあった場合に、子どもと配偶者が生活していけて、かつ、十分な教育を受けさせてやりたいと思えば、遺族年金などを差し引いても数千万円の保障が必要になることも珍しくありません。

保険と言うと「1000万」とか「3000万」とかいう金額を設定しますが、だんだん保障が減っていくタイプの「収入保障保険」や「逓減定期保険」はおすすめです。子どもが成長していけば、大人になるまでの年月が減っていく分、必要な保障も減っていくのが普通です。

25歳の男性の例を見てみましょう。普通の定期保険の場合は、20年間3000万円の契約で、月々の保険料は5~6千円になります。

一方収入保障保険の場合は、毎月10万円、合計3600万円受け取れる契約でも保険料は2,500円程度で済みます。この場合は保険期間が30年になりますが、15年や20年だともっと安くなりますよ。

また、医療保険についても考えてみましょう。現在は「長生きするリスク」というものがあります。60歳で定年退職してからの余生が、女性なら25年程度、男性でも20年程度あるわけです。しかも60歳を過ぎてからは入院することも増えます。

そこで医療保険は終身タイプが主流となっていますが、医療保険は本当に必要でしょうか?

医療保険に入っていれば無限に給付金を受け取れるわけではありません。「1回の入院につき60日まで」「通算730日まで」といった制約があります。

医療保険に支払う保険料の合計は、100万円程度になりますが、それだけの元が取れる可能性は低いんですよ。医療費については、公的保障制度でも傷病手当や高額療養費制度がありますし、高齢者の場合は高額療養費の限度額も現役世代よりも低くなるので大きな負担はありません。

家族を養っていることもないでしょうから自分が入院することで家族が生活できなくなる、というリスクもありませんよね。

そこで、医療保険は、働きざかりのあいだだけ入ることにして、浮いた分のお金は老後の貯蓄として貯めておく、という方法もあります。これなら保険料はかなり安くなりますよ。10年間の定期医療保険なら保険料は千円程度で加入できます。

さきほどの収入保障保険と合わせても、3~4千円で必要な保障をもつことも可能なんです。

保険料に2万も3万も支払っている人もいるので生命保険は高い、と思われるかもしれませんが、徹底的に掛け捨てのものだけを選び、最低限の保障にしておけば、保険料は抑えることができます。

いくらムダに思えても、万が一のときに困ることが分かっているなら、生命保険には入っておいた方が良いでしょう。

保険一括見積

保険の選び方で失敗しないための3ステップ