妊娠発覚!今から生命保険に入るには?

妊娠が発覚したら、とても幸せな気分になりますよね。

赤ちゃんのためのベビーベッドや下着、紙オムツなんかを買いに行ったり、家の中を赤ちゃんがハイハイしても安全なように模様替えしたりして、赤ちゃんが生まれてくるのを楽しみに待ちます。

でも、妊娠が発覚してから急に不安になることがあります。

それは、

・正常に妊娠生活が送れて、無事に生まれてきてくれるのか?
・万が一切迫早産や帝王切開になった場合、お金は足りるのか?

と言ったことです。

妊娠は、一人の人間を作り出すというものです。
これだけ医療が発達してきている時代でも、やはりリスクはあります。
妊娠初期には切迫流産、後期に入るころには切迫早産、また、逆子になったりもしますし、出産の際に帝王切開になることもあります。

こうしたトラブルを防ぐためには規則正しい生活を心掛けたり無理をしない、ということも大切ですが、それ以上はなにもできませんし、あとは「神のみぞ知る」といったところです。

ただ、2つめの不安、「お金は足りるのか?」ということに関しては、生命保険が大きな助けとなってくれます。

妊娠は病気ではありません。
だから、妊婦健診も出産も保険はききません。
だから基本的には全額自己負担になっていて、その代わりに母子手帳に「検診無料券」がついていたり、出産したら「出産育児一時金」としてまとまったお金がもらえるようになっています。

でも、もし切迫早産で入院してしまったり、帝王切開で出産したりすれば、正常妊娠に比べると大幅にかかるお金が変わってきます。

生命保険でも、妊娠は病気ではありませんから基本的に保障の対象とはなりません。
医療保険の「入院給付金」は、普通に出産しても給付されないのです。

ただ、異常があった場合は別です。
たとえば切迫早産の入院。
切迫早産というのは実際に早産してしまうことではなく、早産しそうな状態のことを言います。切迫早産の場合は入院して、安静に過ごさなくてはなりません。
でも切迫早産は正常な妊娠の経過ではないので「治療」になり、医療保険の「入院給付金」の対象となります。
同じように、帝王切開の場合も正常な分娩方法ではないため「手術給付金」の対象となるんです。

今からでも保険に入れる!?

さて、正常な妊娠・出産ではなくトラブルがあった場合は、医療保険で保障してもらえることが分かりました。

でも、残念ながらまだ医療保険に加入していない人もいると思います。
医療保険に加入していなければ、切迫早産で入院しても、帝王切開で出産しても、何の保障もありません。

今から医療保険に加入することはできるのでしょうか?

医療保険に加入することは可能

医療保険をはじめ生命保険というのは、過去に入院や手術を受けていたり持病があったりすると加入を断られることがあります。

でも、妊娠の場合は、保険に加入することは可能です。
「過去」というのは保険会社によっても違いますが「過去2年以内に入院や手術がありましたか」などの質問がありますが、現在妊娠していても、保険には入れます。
ただ、大半の保険会社では妊娠27週までが対象となっていて、それ以降は申込ができません。

つまり、妊娠が発覚したら早めに行動を起こすことで、保険に加入することはできます。

ただ、焦って保険に入るのはどうしてでしょうか?
それは、もし、切迫早産や帝王切開になった場合に給付金が欲しいからですよね。

残念ながら、保険に加入することはできても、今回の妊娠については保障されないのが一般的です。
生命保険には「部位不担保」という制度があります。
たとえば、数年前に胃潰瘍で入院しました、という場合は、保険に加入することはできても、胃に関する病気は保障しない、という取り決めをできるわけです。

同じように、妊娠に関しても、妊娠中に加入した場合は「今回の妊娠については保障しません」という部位不担保がつくのが一般的です。
ちなみに、次の妊娠からは保障してもらえるようになります。

せっかく保険に加入できても、妊娠のトラブルに関して保障してもらえないのであれば意味がありませんよね。

妊娠のトラブルも保障してもらうには!

今まで保険に入っていなかったけれど、妊娠したから保険に入りたい!というのは女性からすれば切実な思いですし、当然の考え方なのですが、保険会社からすればわざわざリスクの高い人を加入させるわけにはいきません。
生命保険は相互扶助の精神で成り立つものですから、他の契約者の利益を守るためにも、給付金支払の可能性が高い人をむやみに加入させるわけにはいかないのです。

ただ、そんな中にも、妊娠してからでも加入できて、妊娠に関するトラブルも保障してくれる保険はあります。
優しいですね。それができるなら他の保険会社にも見習ってほしいところですが、残念ながらこの条件を満たす保険会社はそう多くはありません。

では、妊娠中のトラブルも保障してくれる保険会社を紹介しましょう。

妊娠中におすすめの保険紹介

妊娠中でも加入できて、なおかつ妊娠中のトラブルも保障してくれる保険会社は、以下の通りです。

・ライフネット生命
・ABC少額短期保険
・コープ共済

ライフネット生命は。テレビCMでもさかんに宣伝しているので知っている人も多いのではないでしょうか。しかもライフネット生命の場合は、妊娠27週以降であっても、極端な話、予定日直前であっても申込ができます。ただ、だからと言ってもたもたしていてはいけません。
27週を過ぎても異常がなければ加入できますが、もたもたしているうちに切迫早産になってしまった、というようなことでは当然保険に加入できなくなってしまうので、加入するなら異常がないうちに、早めに加入しておきましょう。

また、実は、「ABC少額短期保険」「コープ共済」でも妊娠中のトラブルを保障してくれます。
まず「ABC少額短期保険」というのは、あまり聞きなれない保険会社ですよね。少額短期保険というのは、「ミニ保険」などと言われることもありますが、その名の通り、少額で、短期間の保険のみを扱う保険会社です。
ABC少額短期保険には「ABCおかあさん保険」という商品があります。
これは、保険期間は1年、そして、妊娠19週までに申し込めば、そのときの妊娠の帝王切開でも給付金が出るのです。
またこの保険は、妊娠前に加入していれば「自然分娩」でも入院給付金がでるという変わった保険です。
妊娠が分かったときにとりあえず加入し、出産を終えたら解約する、という使い方もできます。

次に、コープ共済です。
コープ共済の「たすけあい」という商品は、妊娠中のトラブルも保障してくれます。コープ共済は県民共済のようにシンプルな保障内容が特徴で、ベーシックなプランであれば月々2千円の掛け金で入院日額5千円に加えて、さらに「女性特有の病気」に関しては日額3千円がプラスされます。
格安な掛け金で保障が充実しているので人気があるんですよ。ただ、コープ共済は保証期間が終身ではないので注意しましょう。

ABC少額短期保険とコープ共済については終身タイプの保障ではないので、妊娠が発覚してから加入するならお勧めですが、無事に出産が済んだら終身タイプの医療保険に加入しなおした方が良いかもしれません。

既往歴があれば、保険には入れません

妊娠してからでも加入できて、妊娠中のトラブルも保障してくれる保険はありますが、当然ながら既往歴があれば加入はできません。

これは、妊娠の有無に関わらず同じですよね。
過去に入院や手術の経験がある場合、すでに紹介したように「部位不担保」がつく、もしくは「保険料の割り増し」がおこなわれるのが一般的ですし、既往歴によっては加入を断られることもあります。

妊娠に関することでも、たとえばすでに過去に帝王切開で出産したことがある、という人は、加入を断られることもあります。もしくは加入できても、今回帝王切開になった場合は保障されない、という「部位不担保」が付く可能性が高いです。

さすがに、過去にそういった経験のある人の場合は普通の人よりもリスクが高くなりますから、保険会社の方も審査は厳しくおこなっていると思われます。

実際、ライフネット生命はすべての妊婦さんが入れるかのように錯覚してしまいますが、過去に帝王切開のような経験がある人は加入を断られるという例もあります。
誰もが妊娠中に保険に加入できるわけではない、ということを覚えておきましょうね。

ちなみに、万が一切迫早産で入院してしまったり帝王切開で出産した場合は、「高額療養費制度」を使えば自己負担の限度額を1か月あたり8万円程度にまで抑えることができます。(一般的な所得の人の場合。低所得ならもっと限度額は低くなります)
さらに、出産育児一時金は出ますから、何十万円も不足する、ということは無いと思います。

たしかに、妊娠してからでも加入できる保険はありますが、だからと言って「保険料がもったいないから妊娠してから入ればいいや」ということではありません。
産後にも、もし他の病気などで入院すれば「保険に入っておけば良かった」ということになりますし、妊娠する前に何かの病気で入院する可能性もあります。

まだ妊娠していない人は、妊娠が発覚する前に、しっかり吟味した上で生命保険に加入しておくようにしてくださいね。

>>保険のいろは 保険無料見直しサービス<< 保険一括見積