生命保険のプラン作り~子どもが生まれたばかりの山田さんの場合~

生命保険のプラン作りは、どのようにおこなわれるものでしょうか?保険会社の担当者に依頼するとプランを作ってきてくれますが、どのように作られるのかが分かれば自分でもある程度どのような商品を選べば良いかが分かりますよね。

担当者にもらった提案書を検討する際にも多少の知識があった方が、賢い選択ができるものです。そこで、ここではとある家庭の生命保険のプラン作りを見てみましょう。

【山田さん一家】
夫:隆史さん 30歳
妻:優子さん 30歳
子:蓮くん   0歳

【収支の状況】
隆史さん 会社員 年収400万円
優子さん 専業主婦
     33歳からパート 年収60万円

貯蓄300万円

住居費 家賃7万円
生活費 18万円

子どもの教育費 高校までは国公立、大学は私立文系、自宅通学(トータル900万円)

さて、山田さん一家の場合、隆史さん万が一のことがあった場合はどうなるでしょうか。必要な保障額は4723万円となります。

遺族年金や、優子さんのパート収入を差し引いてもこれぐらい必要になるのです。

と言っても、これは今現在の金額です。必要な保障は年々減っていきますよね。年数が経つごとに家賃や生活費などの必要年数も減っていくからです。

そのことも踏まえて、どのようなプランが良いのか考えてみましょう。

今後必要となるお金は、家賃・生活費と、教育費に分けて考えてみましょう。家賃・生活費というのは月々かかるお金です。一方教育費は、主に大学のあいだにまとまったお金が必要になります。

まず家賃・生活費は、遺族年金によって、ある程度おぎなうことができますよね。山田さん家の場合は、年間142万円の年金を受け取れます。1か月あたり11万8千円程度ですね。

一方、生活費は、隆史さんがいなくなることで、1か月15万円程度、家賃はそのまま7万円かかるとします。すると22万円かかりますから、遺族年金では足りませんよね。ですから、不足する約10万円分を確保する必要があります。そこでおすすめなのは、収入保障保険です。

収入保障保険では、お給料のように、月額制で保険金が受け取れる保険です。定期保険を契約するよりも安いので、おすすめですよ。

蓮くんが大学を卒業するころまでは、毎月10万円が受け取れるようにしましょう。すると、20年、もしくは25年間の契約期間になります。

25年間の収入保障保険にした場合は、10万円×12か月×25年間=3,000万円

3000万円分の保障が確保できました。必要な保障額は4723万円ですから、残りは1723万円です。

次に、教育費に対する備えを考えてみましょう。教育費はトータルで900万円かかる予定ですが、大学にかかるお金は367万円で、それまでは高校までにかかるお金です。

この試算には習い事や塾などの費用も含まれています。900万円の半分の450万円を、学資保険で準備します。大学進学時だけでなく、中学・高校進学時にもお祝い金が出るタイプだと便利です。

これで合計3450万円分の保障を確保しました。残りは1273万円です。

保険料を抑えるために、残りの保障は、格安な定期保険で用意するとします。蓮くんの教育費と、蓮くんが大人になるまでの家賃・生活費は確保できていますから、残りは優子さんが一人で暮らしていくために必要なお金になります。1300万円の定期保険に入ってみます。

これで、合計4750万円の死亡保障が確保できましたね。

次に、医療保障を考えます。貯蓄が300万円あるので、医療費は貯蓄で賄うこともできますが、今後マイホームを購入したり、教育資金に充てたりしたいので、最低限の医療保険に入っておきます。ここでは、日額5千円の、シンプルな医療保険に加入することにしましょう。

すると、以下のようになります。
・収入保障保険 月額10万円 25年間  保険料3千円程度
・学資保険    450万円 18歳満期 保険料2万円程度
・定期保険   1300万円 25年間  保険料3千円程度
・医療保険    日額5千円 終身    保険料2千5百円程度

保険料の合計は月々28,500円になりました。このうち2万円は貯蓄分になるので、純粋な保険料としては8,500円程度です。働き盛りの隆史さんの保障としては、安いのではないでしょうか。

これはあくまでも一例です。貯蓄性を高くして掛け捨て部分を減らしたいのであれば、定期保険1300万円を「定期保険1000万円+終身保険」にしても良いでしょう。

ちなみに学資保険は貯蓄性の高い保険ですが、教育資金を学資保険だけで貯めるよりは、他の方法も併用して貯める方がおすすめです。ただ、自分で貯蓄する自信が無い人は、学資保険を600万円分にするなど、比率を増やすと良いでしょう。

でも、貯蓄性を重視しすぎると保険料が高くなりすぎてしまいますから、家計から出せる適正な金額で、考えるようにしてくださいね。

次は、妻の優子さんの保険を考えます。

優子さんは専業主婦ですし、今後パートをするとは言え、優子さんが亡くなることで、隆史さんと蓮くんが生活できなくなる、ということはありません。ただ、優子さんがいなくなることで、家事・育児をしてくれる人はいなくなります。

しかも優子さんは節約上手で、お給料をやりくりしてくれています。優子さんがいなくなったら、隆史さんはやはり困ってしまうでしょう。

両親も高齢で頼るわけにもいかないので、蓮くんは保育園に預けなければなりません。保育料や、小学校に入ってからは学童保育の利用料など、出費はかさみます。

隆史さんのお仕事は、職場も近く残業も無い仕事なので転職の必要はなさそうですが、今後の出世は厳しいかもしれません。

そうなると、少しは死亡保障を用意しておくと安心ですね。そこで、学資保険と定期保険を使います。学資保険は200万円のものを、そして、定期保険を300万円にします。

学資保険は、契約者に万が一のことがあった場合には保険料の支払いはなくなります。隆史さん一人では貯蓄が難しいかもしれないので、学資保険を用意しておくことで、貯蓄が楽になります。あとは、保育料などの出費を保障するために、300万円程度あれば良いでしょう。

それから医療保障に関しても、準備しておいた方が良いですね。夫の隆史さんが入院した際には傷病手当もあるので経済的な負担は少なくて済みますが、優子さんが入院したために隆史さんが会社を休んだ場合は当然傷病手当はでません。

長期入院となれば有休も使い果たしてしまいますから、日額5千円のものに加入しておきます。

すると、以下のようになります。

・学資保険 200万円 18歳満期 保険料 1万円程度
・定期保険 300万円  25年間 保険料 700円程度
・医療保険 日額5千円    終身 保険料 2千5百円程度

保険料の合計は月々13,200円程度です。そのうち貯蓄分が1万円ありますから、保険としては3千円程度の金額になります。

2人の保険料を合わせると、合計41,700円になりますが、そのうち貯蓄分は3万円あるので、保険としては11,700円程度です。

この場合は学資保険の貯蓄分を充実させているので月々の負担は大きく見えますが、山田さん一家の場合はこれぐらいの負担であれば可能でしょう。ただ、もう少し保険料を抑えたい場合は学資保険の金額を下げて、その分定期保険の金額を増やすことで調整は可能です。

このようにプランの作り方にもいろいろな方法があるので、生命保険の設計には正解があるわけではありません。より自分に合った保険を選ぶためには、さまざまなプランを見て、納得できるものを選ぶようにしましょう。

保険一括見積