児童手当を教育資金の貯蓄に充てると?

子どもがいれば、児童手当がもらえます。この児童手当を、いかに貯蓄に回せるか、というのはけっこう重要なポイントです。

児童手当というのは、現在は以下のような制度になっています。

・0~3歳   一律15,000円
・3~小学校修了まで
  第一子、第二子 10,000円
  第三子以降   15,000円
・中学生    一律15,000円

支給は4か月分をまとめて振込になっており、

10・11・12・1月分 →2月に振込
2・3・4・5月分    →6月に振込
6・7・8・9月分    →10月に振込

になります。

もし、この児童手当をすべて貯蓄できればいくらになるでしょうか?

第一子・第二子の場合は、0~3歳までで54万円
3歳から小学校修了までで108万円
中学生の3年間で54万円
合計で216万円になります。

第三子以降の場合だと、3歳から小学校修了までが162万円になるので、合計270万円になります。これをすべて貯蓄すれば、教育資金はかなりまかなえますよね。

ところで、児童手当、どのように使っていますか?「子どものたえに貯蓄しなきゃ」と思いながら、つい生活費の補てんに使ってしまっている人もいるのではないでしょうか。

実は、児童手当を、学資保険に充てるのは怖いんですよね。というのも、児童手当の制度がずっと続くとは限らないからです。

第一子が最近生まれた、という人はご存じでないかもしれませんが、ほんの少し前までは、「子ども手当」という名称で、月々1万3千円が支給されていたのです。

子ども手当は2010年4月から導入され、2011年4月からは、倍額の2万6千円になる、ということでしたが結局かなわなかった上に、2012年4月からはまた「児童手当」という名称になり、支給金額も変わってしまいました。

ちなみに2010年3月までは「児童手当」という名称で、金額も月々1万円でした。

このように、短期間で制度がコロコロを変わってしまったために、学資保険に回すのは怖い、と思っている人は多いようです。実際に、家計にゆとりが無い状態で、児童手当をあてにして学資保険に加入してしまうと、今後、もし児童手当の制度がなくなりでもしたら、保険料の支払いに困ってしまいますよね。

だから、児童手当のお金は学資保険ではなく、万一、児童手当が減額になったりなくなった場合にのことを考えて、預貯金で貯めておく人は多いんです。

ただ、預貯金での貯蓄のデメリットは取り崩してしまいやすいこと。ちょっと出費がかさんだときに手を出してしまって、一度手を出すとそのままなし崩し的におろしてしまうこともあります。

児童手当をあてにして学資保険に入るのは怖いですが、預貯金でも定期預金に入れるなどして簡単にはおろせないように工夫しておきましょう。

教育資金は、学資保険と、預貯金を併用して貯めるのが無難です。全額を学資保険で貯めてしまうともい経済状況が悪化した際に困りますし、全額預貯金にしてしまうと思うように貯まりません。

無理なく貯められる程度の金額を学資保険にして、児童手当の分や、節約をがんばって貯める分は預貯金にするなどして、安全な方法で貯めるようにしてみてくださいね。まとまった金額がたまるごとに一時払の学資保険や終身保険に回していくのも良いですよ。

児童手当が全額生活費になってしまっていて、貯蓄ができていない、という家庭は要注意です。

「もうすぐ育休が終わって働き出すから大丈夫」という場合なら大丈夫ですが、「今のところ働く予定もなければ収入が上がる見込みもない」という人は、家計の見直しが欠かせません。

他に節約できるところが無いか探す、パートをする、などしてみる必要があるでしょう。学資保険に加入する時には保険会社の担当者に会うことになりますが、ファイナンシャルプランナーの資格を持っているような、専門知識の多い担当者なら、家計の相談をしてみても良いですよ。

児童手当はなるべく手をつけずに貯蓄に回せるように、がんばりましょうね。

保険一括見積