払込方法を変えれば学資保険はさらにお得になる!

学資保険は、教育資金を貯めるものですから貯蓄性の高さを重視したいものです。ですから、学資保険の比較をするときには、総払込保険料に対する、受取金額の割合、「返戻率」に注目します。

医療特約や育英年金など、保険としても機能が充実している学資保険の場合は、それだけ保険料がかかるので、返戻率は下がります。

さて、返戻率は、基本的には会社によって違いがあるほか、契約者(親)の年齢、被保険者(子ども)の年齢によっても変わりますし、契約時期によって変わることもあります。(予定利率の引き下げや引き上げがあった場合)

でも、それ以外にも、返戻率が変わる要因があります。それは、「払込方法」です。

普通、保険料は毎月、指定した口座から引落になっていると思います。でも、生命保険の払い込み方法には、「半年払い」「年払い」「一時払」「前納」という種類もあるのです。

それぞれどのようなものでしょうか。

【半年払い】
半年に1回保険料をまとめて支払う方法。引き落とし日は契約応当月と、契約応当月の6か月後。

【年払い】
年に1回、保険料をまとめて支払う方法。引き落とし日は契約応当月。

【一時払い】契約時に、一括で保険料を支払う方法。

【前納】一定期間分、あるいは全部の期間分の保険料を保険会社に預け、毎月保険会社がその預り金から保険料を充当していく方法。

まとめて保険料を支払えば、それだけ保険料は割安になります。割安になっても受け取れる金額は変わらないわけですから、それだけ返戻率が上がる、ということです。

ただ、「一時払い」はもっとも安いですが、学資保険を利用するご家庭で、一括払いができるのであればそもそも学資保険頼る必要はあまりないかもしれませんね。

また、前納というのは他の支払い方法と比べて特色が違うものなので、解説しておきます。前納は、先に保険料を支払うわけではありません。あくまでも、銀行に預ける代わりに保険会社にまとまったお金を預けておくものです。そして、保険会社が、預かったお金から保険料を支払ってくれます。

たとえば全期間分の保険料を前納したとします。一時払と同じように見えますが、より保険料を抑えられるのは一時払です。ただ、万が一のことがあった場合、前納なら「未経過保険料」は返還されますが、一時払では返還されません。

また、前納なら先に保険料を払っているとしても、「生命保険料控除」は毎年対象になりますが、一時払ははじめの1年だけが対象になります。

余力があれば、ある程度まとまった金額を前納するのがおすすめですよ。

ただ、お金にゆとりがない若い夫婦などの場合は、そんな余力はないですよね。その場合は、半年払い、もしくは年払いを検討してみてはいかがでしょうか。

月払いのメリットは、毎月決まった金額が引き落とされるので、家計管理が楽、ということです。また、特約をつける、特約を外す、などの契約内容の変更をする場合、月単位での見直しができます。

半年払いや年払いの場合は、契約内容を変更するにも、支払い時期の影響を受けます。たとえば5月の契約で、7月に契約変更をした場合でも、その変更が適用されるのは来年の5月から、ということになりますので注意しましょう。特約はつけず、単純に貯蓄として学資保険を使う場合は問題ないでしょう。

半年払いや年払いのメリットはなによりも保険料が安く済み返戻率が上がることです。でも、家計管理には注意が必要になってきます。

半年ごと、もしくは1年ごとにまとまった金額を支払うことになるので、その分の保険料を、きちんと積み立てておかなければなりません。また、うっかり、引落月に、口座へ入金しておくのを忘れてしまうと引落ができなくなることもあるので、引落口座を貯蓄口座を一緒にしておくなど、ちゃんと引落ができるような工夫が必要になります。

年払いや半年払いを選択している人の中には、ボーナスから支払っている人も多いと思います。

たとえば契約月が7月だとしたら、6月のボーナスと、12月のボーナスの一部を保険料の支払いに充てる、という感じになりますね。自営業やフリーランスの人で確定申告をする場合は、4月が引落なら還付金を充てる、という方法もあります。

ただ引落の時期は必ず契約月(半年払いの場合は契約月と、6か月後)と決まっていますから、「3月の契約で、引落を7月にする」ということはできません。

払込方法を変えることによって返戻率を上げることができますが、家計管理という点では少し難易度は上がりますので、その点を理解した上で、考えてみてくださいね。

保険一括見積

保険の選び方で失敗しないための3ステップ