学資保険の金額は結局いくらで契約すれば良い?

学資保険は、教育資金を貯めるにはとても便利な商品です。残念ながら今は予定利率も昔に比べると低いですし、利息で増やすことは難しいのですが、それでも長期間継続して貯めることができて、途中で取り崩すこともしづらいので確実にお金を貯めたい人にはおすすめです。

ただ、教育資金を貯める時には、学資保険だけに頼らずに他の金融商品も併用するのが理想ではあります。そこで、「じゃあ結局いくら貯めて、そのうちくらを学資保険にすれば良いの?」と思われる方も多いのではないでしょうか。

まず、貯めるべき金額ですが、子どもの進学先によっても異なりますから、なんとも言えませんよね。地元の国立に行ってくれれば200万円もあれば十分でしょうし、私立の医学部へ、しかも自宅外通学で行くなら3000万円ほどは必要になります。

「もしかしたら医学部に行くかも」という可能性はぬぐえないわけですから、可能であれば貯めておきたいのが親心です。ただ、一般的な所得の、標準的な世帯を考えるととても現実的ではありません。

まず第一に考えたいのは「なるべく多く」ということですが、第二に、「できる範囲で」ということが重要です。毎日ふりかけご飯を食べてまで、1000万円も貯蓄するのではいけません。普通の生活を維持しつつ、最大限貯められる現実的な金額を設定しましょう。

たとえば私立文系であれば、生活費等も含めて534万円程度必要になりますが、そのうちいくらかは、大学に入学してから、日々の家計から出せば良いわけです。

仮に1か月5万円は家計から出せるのであれば、大学3年間で180万円あります。ですから、大学入学時には、350万円程度貯蓄しておけば良い、ということになります。同様に、私立理系の場合なら530万円程度です。

地方の大学に行くことを考えると、下宿生の場合は私立文系で720万円程度、私立理系で860万円程度は必要です。

次に、実際の今の家計の中で、3万円ずつなら教育資金の貯蓄として回せそうだ、などと、考えてみます。単純に計算すれば、子どもが生まれてすぐに毎月3万円ずつ貯蓄できれば、648万円になります。

仮に、1%の年利で貯蓄ができれば700万円貯めることができます。1%というのは、学資保険の一般的な利回りになります。(特約などがついていない場合)

700万円貯めることができるのであれば、地方の私立に進学するとしても、なんとかなりそうですよね。
子どもが中高生になって、ある程度進路が固まってきたら、そこから専業主婦のお母さんがパートをするなどして貯蓄のペースを上げることもできるでしょう。

もし、費用の高い理系に行くとなっても、足りなければ、そのときは奨学金や教育ローンを頼ろう、と割り切ることも大切です。これだけ堅実に貯めることができる人であれば、教育ローンの審査にも問題なく通るのではないでしょうか。

さて、では毎月3万円ずつ貯めるとして、そのうちのいくらを学資保険にすれば良いのでしょうか。

学資保険のメリットは、「確実に貯められる」というところです。毎月保険料として自動で引かれて、解約するわけにもいきませんし、保険料の支払いが滞るわけにもいきませんから、貯蓄が苦手な人でも貯まりやすいのがメリットなんです。

デメリットは、今の低い予定利率では、今後金利が上がった場合に損をした気分になる、ということです。預貯金のような流動性のある貯蓄なら、こまめに預け替えをして、その都度有利な利率で着実に貯蓄を増やすことができます。

ですから、比較的、お金の管理が好きだとか、こまめに情報をチェックするのが苦にならない、専業主婦なのでワーキングマザーよりは時間がある、というような人は、学資保険は少なめにして、その他の方法での貯蓄を増やす方が良いでしょう。

そして、お金の管理が苦手、時間がない、難しいことは分からないし、調べるのも面倒、という人は、学資保険の比率を増やした方が安全です。

無難な選択をするのであれば、まずは、3万円の半分、1万5千円を学資保険に充てて、残りの半分を預貯金で貯めてみてはいかがでしょうか。しばらくして、どうも定期預金の利率だとか、投資だとかにはやっぱり興味がないみたい、と思えばさらに5千円程度の学資保険を追加する、と言うふうにしても良いですよね。

ただ普通預金に預けっぱなしにしているよりは、いくら予定利率が低いとは言え学資保険の方が今は利回りは良いので、お金の管理に自信が無い人は学資保険を多めに契約しておきましょう。

ただし、教育資金の全額、もしくはほとんどを学資保険にしてしまうと、非常に生活に困窮したときに解約しなければならなくなったり、必要なときにお金が使えない、ということもあるので、ある程度の金額は、すぐに使えるところ(預貯金など)に置いておくようにしてくださいね。

保険一括見積

保険の選び方で失敗しないための3ステップ