終身保険と定期保険、どちらを選ぶ?

生命保険の保障期間には、終身タイプと定期タイプがあります。

終身タイプというのは、保障が死ぬまでずっと続くもの。そして、定期タイプは10年とか20年、もしくは30歳まで、60歳まで、といった形の期間限定の保障をするもの。

それなら、一生保障してくれるものの方が良いような気がしますよね。しかし、終身保険と定期保険では、保険料は全然違うものなんですよ。

終身保険なら、解約しない限りは確実に保険金を受け取れます。人はいつか死ぬのれすから、当然ですよね。

一方、定期保険は、その期間内に死ぬことがなければ、保険金を受け取れませんし、払った保険料が返ってくることはありません。

保険金を受け取れないのに、支払い続けた保険料は、どこに行ってしまうのでしょうか?それは、他の、契約者の中で、不幸にも亡くなってしまった方のための保険金として使われます。

要は、一部の、亡くなった人のための保険金を、他の大勢の契約者がワリカンで払っている、というイメージです。

ですから、保険料は、1000万円の保険でも、保障期間によりますが月々数千円です。たとえば、35歳の女性が10年間、1000万円の定期保険に加入するなら、保険料は1200~1500円程度です。

ただし、定期保険の場合は、更新すると保険料が高くなることは理解しておきましょう。上記の例で言えば、35歳の女性が、45歳になったときに、同じ内容で更新したら、保険料は2000~2500円になります。

55歳になったときにまた更新すれば、保険料は4000円前後にまでなってしまいます。これが、2000万、3000万の保険になれば、保険料も2倍、3倍となりますので、大きな保障がいつまで必要なのかをあらかじめ考えて、無駄な更新はしないということが大切です。

たとえば、65歳まで保障が欲しいのであれば、10年ではなく、はじめから30年の保険にしておくことです。

それなら、はじめは少し高く感じるかもしれませんが、あとからドンドン上がることはないので安心だと思いますよ。

一方、終身保険の場合は、確実に受け取れる保険ですから、自分で貯蓄するのと変わらないぐらいの保険料になります。

平均的な寿命まで生きるとして、たとえば女性なら85歳になりますよね。今35歳の女性なら、あと50年で、1000万円貯めようと思うと、月々16000円ぐらいずつ貯めていくことになります。

保険料もそれと同じぐらいかかるものなんです。ただ、普通に貯蓄をすると、もし、1年後に亡くなってしまったら、その人は16000円×12か月で、20万円程度しか貯まっていません。

でも保険であれば、契約すれば明日でも、1年後でも、いつ亡くなったとしても、1000万円の保険金が受け取れるのです。これは、生命保険のメリットですね。

生命保険に加入するときには、よくあるプランとしては、大部分は定期保険になっているはずです。

たとえば200万円の終身保険に、2800万円の定期保険がついていて、合計では3000万円の保障になっているけれど、途中からは定期保険はなくなって、200万円の保障だけが残る、ということです。

場合によっては、終身保険の部分は5万円だけ、10万円だけ、という形になっていて、ほとんど定期保険になっているものもあります。

これは、必要保障額が「子どもがいる間は多く」「老後は葬式代だけで十分」といった、典型的なライフプランに合っていますよね。

ただ、やっぱりそれでも掛け捨て部分は少ない方が良い、と思われる方は、月々の保険料が割高になったとしても、終身部分を増やすと良いですよ。

たとえば1000万円の終身保険にして、2000万円を定期保険にする、という形になります。
保険料は跳ね上がりますが、掛け捨てになる部分は減るので、損はしない、ということになりますね。

終身保険の場合は、途中で減額すれば、減額した分の解約返戻金が受け取れるので、保障と貯蓄を兼用するというつもりで加入するのもアリなんですよ。

老後資金などで、当分使う予定の無い貯蓄をしたい場合には、有効な方法です。ただし、子どもの学費に、とか、マイホーム資金に、といった、比較的短いスパンでの貯蓄には向きません。

生命保険の場合は、契約してはじめの10年ぐらいは解約返戻金が少なくなっているものなので、短いスパンで解約や減額をするとけっこうな損になってしまうので、注意してくださいね。

実際に、このような形で契約したい場合には、知識が豊富で信頼できるプランナーに相談して決めるようにしましょう。

>>保険のいろは 保険無料見直しサービス<< 保険一括見積